Aimerの歌詞一覧

After Rain

ぬれたシャツとぬれた頬 アスファルト ...

AM02:00

AM02:00の誘う風に 少し 遠く ...

AM03:00

鮮やかに流れ出すヘッドライト 気持ちは ...

AM04:00

伝えたいことも 伝えられないまま 夜が溶 ...

Believe Be:leave

壁の写真 錆びたフレーム 空の花瓶 あの ...

Brave Shine

左手に隠した 願いは願いのままで 覚め ...

Breaking Up Is Hard To Do

Dolulu Dan duvi Duda ...

broKen NIGHT

流れる星(ひかり)を ただ 重ねる指を ...

closer

I stand behind these ...

Cold Sun

重ねた言葉は何を守るため? 強くなれる ...

DAWN

果てしなく広がる この空に 奇跡なんてな ...

Even Heaven

今はもう ずっと じっと息をひそめたまま ...

everlasting snow

It's just arrived 今 ...

Falling Alone

深く深く落ちていく 一つ二つ消えてゆく ...

for ロンリー with 阿部真央

大好きな人 君はどう思う? 些細なこと ...

Higher Ground

Here I am again Wan ...

holLow wORlD

In this place, I hav ...

Hz(ヘルツ)

曖昧なヘルツに合わせたならNo Good ...

insane dream

また記憶をつきさす 焼けた匂い もう呼 ...

Iris

夏の夜に咲いた青い花は 季節さえ もう忘 ...

LAST STARDUST

ふりしきる強い雨 描いた理想(ゆめ)の果 ...

March of Time

それはいつもの帰り道 ふいに口数減るから ...

Mine

二人を知って 季節を知った 心がそこに ...

MOON RIVER

Moon river, wider th ...

my sweetest one

まるでサーカス 魔法のような 内緒で聴 ...

Noir! Noir!

寝ないで 聞いていた世界は 光であふれて ...

ONE

Raise your flag, the ...

Open The Doors

Always together with ...

Ophelia

今 悲しみすべて ぬぐいさりたい くす ...

ORION

泣いたのは僕だった 弱さを見せないこと ...

Poker Face

Mum mum mum mah Mum ...

Raining

ママ譲りの赤毛を 2つに束ねて みつ ...

Re:far

髪 指 声 まなざし ぬくもり なぜか ...

Re:pray

歩道橋 階段 雨音 手を振るよ 最後の ...

Ref:rain

Raining 夏の午後に 通り雨 傘の ...

StarRingChild

素直に開ければ 触れる芽を 大人びたセ ...

Stars in the rain

So close so far きっと ...

tone

大げさに空を仰いで 頼りないつまさき ...

TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR

Twinkle, twinkle, li ...

twoface

These words became t ...

us

吸い込まれた僕らは 地球と星の僅かな境 ...

VOICE

一人では長すぎる夜 ねえ 今夜夢は見ら ...

WHEN YOU WISH UPON A STAR

When you wish upon a ...

words

「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう ...

zero

Faster Farther Lou ...

茜さす

枯れ葉舞う町角を 駆け抜けてく乾いた風 ...

あなたに出会わなければ~夏雪冬花~

記憶などいらない 永遠に眠りたい もう ...

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なに ...

笑顔

昨日から続いている不安の種は 真夜中 ...

カタオモイ

例えば君の顔に昔よりシワが増えても それ ...

歌鳥風月

春 霞たつ すずろに歌ひとつ 花ほど待 ...

悲しみはオーロラに

世界中の孤独をつなぎあわせ夜空を包むオー ...

キズナ

たった一人で歩いてきたと 思ってたあの日 ...

君を待つ

さよなら おやすみ いつかまたね 手を ...

君を待つ-acoustic ver.-

さよなら おやすみ いつかまたね 手を ...

凍えそうな季節から

砕けた昨日の欠片をひとつずつかき集めても ...

声色

幻に怯えている 誰かの声飛び散る今 置 ...

寂しくて眠れない夜は

寂しくて眠れないよ いつものように手をつ ...

スピカ

ただ ふわりと風に揺られるほど 軽くなっ ...

セプテンバーさん

一人のために描いた夢を 誰かに使いまわし ...

誰か、海を。

誰か海を撒いてはくれないか ぼくの頭上 ...

小さな星のメロディー

ひとり星に 舞い降りて 砂漠の中見つけ出 ...

蝶々結び

片っぽで丸を作って しっかり持ってて ...

夏草に君を想う

教室をすぐ飛び出した 揺れるリボン 日差 ...

眠りの森

PM12:00を過ぎたら街を出よう 頼 ...

白昼夢

夏の日射し 枯れた花は 通り雨を待って ...

花の唄

その日々は夢のように 臆病な微笑みと ...

冬のダイヤモンド

どこにいるの? 「ここにいるよ」 そこ ...

星屑ビーナス

笑っていたのは "強がり"からじゃなく ...

ポラリス

沈黙の夜凪に漂った小さな船は 体中 傷 ...

眩いばかり

すぐに 見えなくなるんだって みんな ...

夜行列車~nothing to lose~

さよなら 夜の教室 ここで私は声を失く ...

雪の降る街

恋しくて ただ恋しくて 今 粉雪が街を包 ...

六等星の夜

傷ついたときはそっと包みこんでくれたらう ...

7月の翼

星屑の中 羽ばたいた あの白い鳥の様に ...