Aqua Timezの歌詞一覧

+1

to be continued ワッサ ...

1980

昭和55生まれのブルース AIR JAM ...

1mm

時は2006 不滅の夢を築く it is ...

ALONES

折れた淡い翼 君は少し 青すぎる空に疲れ ...

B with U

何故とも知らず いつともわからず 運命 ...

because you are you

こめかみの内側をかすめる声 その声が笑う ...

BIRTH

人は人を愛さずには いられないものなので ...

Blues on the run

パパの沈黙、ママのヒステリー。 六才の ...

Dub Duddy~ライブ前日に見た夢~

いつかなんてないまじいつかなんてない ...

Fly Fish

空けな一本二本 さぁパーティーピーポー ...

Full a Gain

この道を信じ疑わずに ステージへと情熱は ...

good sleep

起き抜けのミルクで整えるリズム 窓の外は ...

GRAVITY Ф

イカロスのような 無垢な勇気を失くして  ...

hey my men feat.OK.Joe

ミレニアム寸前 まじで1999に思った ...

HOME

夜という名の黒いマントだけが 一途に星を ...

last dance

鍵盤の音みたいに 僕らこぼれ落ちたんだぜ ...

Let Loose

It's a beautiful day ...

LOST PARADE

まだ小さな頃、優しさとは何かを教えてくれ ...

MASK

傷一つない心が どこにあるのだろうか ...

massigura

こちら 俄然勢いを増す爆音と静寂の二重奏 ...

MILKY BLUES

うまくいったり いかなかったり 上下すん ...

Mr.ロードランナー

自由を求め辿り着いた四畳半 ノリと情熱の ...

No Live,No Life

2008年 言い訳はもうなしで ガチで  ...

No rain, No rainbow

西陽を前に立ち上がる自由 東に伸びる孤独 ...

on the run

狼よ その道を行け 暗闇を独り 黙々と夜 ...

One

目を閉じれば見えてくる ただひとつの光 ...

over and over

君を独りにさせようとする 言葉なんか聞か ...

Pascal

先に目をつぶったのは どちらか1人なんだ ...

Perfect World

反抗期の悲鳴にも似た 曖昧でじれったい感 ...

Perfect World -blue forest ver.-

反抗期の悲鳴にも似た 曖昧でじれったい感 ...

Re:BIRTH

愛しさだけで 愛を語っていた頃が少し懐か ...

STAY GOLD

君はその手の甲で いくつの涙を拭ってきた ...

The FANtastic Journey

森を見て木を見ず 社会を見て一人一人を見 ...

Velonica

挫折まみれ 流行にまぎれ 幸せな振りをし ...

We must

この青空を台無しにしちゃいけないと 頭で ...

words of silence

薄れる事はあっても 消える事はない 一人 ...

愛へ

どんなたくましい脚があっても 地面がない ...

青い空

夕陽が街をオレンジに染めて促した溜息 ...

赤い屋根の見える丘へ

窓際で頬杖をついて 君は何を想うのだろう ...

深い闇の向こうにみなぎる 暁、寡黙な輝き ...

秋になるのに

照りつける午後に 陽炎ゆらめき 一雨欲 ...

秋の下で

自転車 空き缶 空っぽのブランコ 微かな ...

アスナロウ

報われるか報われないか 議論はコメ欄でや ...

遊びつかれて

子供みたいに 遊び疲れて 子供みたいに ...

アダムの覚悟

涙ぐむ 青空 あなたは悪くなかった ね ...

歩み

Shooting star偶然というルー ...

生きて

生きてゆくっていう事は 涙がこぼれるほど ...

一瞬の塵

2008 扉の向こうへ まだまだ行けるは ...

一生青春

Hey come on come on ...

いつもいっしょ

僕は目を反らされるのが嫌で 自分から目を ...

イヴの結論

約束なんてひとつでいい 柔らかくリボンを ...

兎のしっぽ

窓いっぱいに貼りついた 黒い空が怖いから ...

うたい去りし花

窓を開けて 夜を吸い込む ギターの弦を張 ...

エデン

背を向け合えば 互いは翼になる けれど ...

えにし feat.GOMESS

「ちゃんと喜んで。ちゃんと悲しんで。」「 ...

絵はがきの春

吐息でくもるガラス戸ごしに 眩しさを眺め ...

エルフの涙

大人になるまで会えなくなっても ボクも ...

オムレット

オムレツを焼いてくれている君に おはよう ...

音速の風景

合わせた目と目 繋いだ手と手 こぼれた ...

オーロラの降る夜

迷宮の果てに 幻のようなオーロラ ...

暖炉の火が ぱちぱちと歌えば だいだい ...

風に吹かれて

君は8歳の少年 何処へでも行けるとした ...

奏であい

果てなき夢の途中で 限りある未来を覗く ...

カルペ・ディエム

線路脇に立つ夏草が 雨を喜んで飲み干した ...

ガーネット

風が包みこんだ大きな木の下で 僕は夢を歌 ...

希望の咲く丘から

青い空にモノクロームの風船 独り見上げる ...

君となら feat.LGMonkees、いしばしさちこ

膝の上に置いていた文庫本が バサリと木目 ...

きらきら ~original ver.~

潮風と波音の響きあい 水平線が夕日を飲み ...

岐阜と

始まりはみな母から けど終わりはそれぞれ ...

銀河鉄道の夜

ひとりぼっちを乗せて 夜を走る列車 車窓 ...

空想楽

あの優しい女の子の 肩にかかったカバンに ...

クランベリージャム

赤い 赤い靴を汚しながら歩いていた 遠く ...

決意の朝に

どうせならもう ヘタクソな夢を描いていこ ...

この星に

横殴りの風がさらう涙 TOKYO SHI ...

ゴールドメダル

あの人たちはこんな 綺麗な空の下に 嫌 ...

最後まで

言葉なんかじゃ まとまんないくらい 例 ...

最後までII

人間故に 孤独が故に 無力さ故に 愚か ...

さくら道

桜が咲くことが 幸せなことではないのです ...

淋しき我ら

情熱が息をひきとる時 青春もまた終わるの ...

サンデーパーク

君は子供みたいに 僕のてのひらを探し ...

しおり

川沿いに伸びる小道を抜け あの時計台まで ...

静かな恋の物語

心の水面に言葉を浮かべて眺める 手に手 ...

シャボン玉days

世界一大切な人を想いながら 桜色の道を一 ...

白い森

白い白い森の中で見つけた看板に書いてあっ ...

シンガロング

眩しさそれは 席を譲った 少年の誇らし ...

自転車

それはよく晴れた日の午後で 広い芝生のあ ...

12月のひまわり

学校の裏庭に咲く向日葵の種をかじった夏を ...

上昇気流

Get ready for the fu ...

世界で一番小さな海よ

光に満ちたあの芝生で 穴の空いた風船を ...

閃光

頼りなげに見え隠れしていた 明日にぱっと ...

千の夜をこえて

愛されたいでも愛そうとしない その繰り ...

空に近い街

とびらを開けると そこは街だった 心地よ ...

空につづく道

退屈そうに外を見ている 君のあくびが僕に ...

ソリに乗って

君と二人 雪になって 溶けてしまいたいと ...

タイムマシン

あなたを好きになってよかった 永遠などな ...

たかが100年の

真面目な話をすると 零れてしまいそうだか ...

小さな掌

体は僕の心のことを僕よりわかってくれてる ...

月のカーテン

あと少し 少しだけそばにいてほしい それ ...

月、昇る

ぬりたくった嘘は 寒がりな心に着せる 最 ...

つぼみ

一つだけ忘れないでいて さよならをする日 ...

手紙返信

太陽と月と僕の友達は 変わらない明かり ...

等身大のラブソング

百万回の「愛してる」なんかよりも ずっ ...

長すぎた夜に

静か過ぎて眠れない夜 テレビをつけてボリ ...

夏のかけら

甘く懐かしい夏のかけら まだ幼き心で分け ...

ナポリ

ナポリタンはナポリにはない ボーダーライ ...

鉛色のフィクション

真面目なようで不真面目なもの つまり不真 ...

大丈夫だよ 見上げれば もう 大丈夫ほ ...

滲み続ける絵画

独りが怖いと思ってたけど 怖いから独りき ...

日曜讃歌

土曜日のそよ風と カーテンが巡り逢う ...

ねがお

目が覚めて 君の寝顔に目をやる 新しい ...

濃霧のち

朝霧の中 コンクリートの海 橙色の街灯 ...

始まりの部屋

日々をただ過ぎ去るものとするか意味のある ...

ハチミツ ~Daddy,Daddy~

小学生に上がりたて 棚の上から二番目 ...

ひとつだけ

「君は君の出来ることを 君の出来る精一杯 ...

独り言

my ビッグバン 宇宙のひらめき 膨張を ...

ヒナユメ

生きてきた日々ってのが何かを 生きてゆく ...

向日葵

雲が向日葵を閉じ込めたって 彼らは太陽を ...

百年の樹

もうどれくらいの闇を 歩いてきたのだろう ...

ピボット

You wanna bet? わず ...

冬空

休日の朝 空が白い 窓越しに独り ...

プルメリア ~花唄~

この夢が この夢がいつか 叶う時には 僕 ...

プレゼント

粉雪が舞うこの季節に かじかんだ君の手を ...

平行世界

スタートはどこだっけ ゴールはどこだっけ ...

星の見えない夜

落下する雫 大切なものは失ってから気付く ...

ホワイトホール

I wanna dance in the ...

ほんとはね

飼ってた犬も 生まれた土地も こっそり抱 ...

僕の場所~evergreen~

この草原では 光が無邪気に走ってゆくんだ ...

ポケットの中の宇宙

無表情なビルの群れを抜け 追い風にのって ...

マスターマインド

魂を削るこの勝負に徹する 無我夢中 ノー ...

魔法を使い果たして

光に誘われて走る子ども 漂白されていたあ ...

真夜中のオーケストラ

真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは あの日 ...

三日月シャーベット

善玉 悪玉 ぶっ飛ばしてリンダマン 銀 ...

未成年

ありのままの自分を見せる事ができなかった ...

ミックス茶

逃げ出したとこで右手に端末 使ってるよう ...

未来少女

キミは未来から来たらしい ネコ型じゃない ...

メメント・モリ

memento mori 文句を言 ...

優しい記憶~evalasting II~

おじいちゃんは言ってた この歳になっても ...

夢風船

ある一枚の絵の前に立ち 飽きもせず眺めて ...

夜の果て

「決して急がず されど弛まず」 ゲーテの ...

ラズベリージャム

森に咲いたラズベリーで ジャムを作る異国 ...

乱気流

You only live once. ...

流星のうた

言葉はためいきと共に消えた 星が滑り落ち ...

別れの詩 -still connected-

悲しまないで友よ あなたが遠い空の下で ...

輪になって

青空警報 丘にのぼって 静かに心をそよが ...