フジファブリックの歌詞一覧

1/365

弾けた想いは溢れ続けている 本当も嘘も ...

All Right

轟音 爆音 音を鳴らせばそしたら天国 ...

ALONE ALONE ALONE

ALONE ALONE 呼びかけても空 ...

Anthem

三日月さんが 逆さになってしまった 季 ...

B.O.I.P.

水しぶきあがって 池に描(か)いた半円 ...

BABY

だってbaby 愛しのbaby 朝がく ...

Birthday

体が二つあるなら僕はもっと凄い事をやって ...

Bye Bye

待ちに待った土曜日 映画に誘ってみたら ...

Cheese Burger

目覚まし時計をかけずに寝ては 昼過ぎま ...

Chocolate Panic

チョコレートでFly Away チョコ ...

Clock

今日も眠れずに 眠れずに 時計の音を数 ...

COLORS

もし君に もし君に さよならを言わなきゃ ...

cosmos

ねぇ、夜がもう明けるよ 空に浮かぶ星座 ...

Day Dripper

溢れ出してる 泉のように意味のない言葉 ...

Drop

そうだね 終わりそうな雨降りだから大丈 ...

ECHO

あれからね 色んなことが沢山起こってさ ...

efil

長いモリ出せ イカリ切り出せ 舞い上が ...

Fire

本当に落ち着かないな じっとり手に汗かい ...

FOUR SEASONS

まず僕は壊す 退屈な人間はごめんだ ...

FREEDOM

イヤフォン入れたら最終電車は誰もいないみ ...

Girl! Girl! Girl

「ねえねえ今日ヒマしていない?」って ...

Green Bird

橙に染まる喫茶店 冷めたコーヒー 今の ...

Gum

一回寝ればおさまったなんて嘯きながら ...

have a good time

浮かんでパッと消えてくだけ 予感はハァ ...

Hello

並んだビートでばっちり 乗って行けたら ...

Here

「足りないよ」 あなたのいない部屋 ポツ ...

JOY

街の灯りが 少し冷たそう それでもいいや ...

Laid Back

ラララ… ちょうど7時に開演なんで ...

LIFE

ちっちゃい頃に思ってた 未来の姿と今はな ...

Light Flight

仕舞い込んだ夏の欠片 一つずつ数えながら ...

Listen to the music

赤のベルベッド生地のパンツをはき 君はリ ...

Magic

周りで起きるひょんなマジック まさかこ ...

Merry-Go-Round

脈々 心拍数が全開 そしてアドレナリン ...

Mirror

君が君の中の僕を見て 僕は僕の中の君を ...

Monster

ちゃんちゃん さらさらおかしい話だ 全然 ...

MUSIC

心機一転 何もかも春は 転んで起き上が ...

Mystery Tour

冷めきった言葉はどうやって溶かすの? ...

PRAYER

眩しい光感じてた 夢の中まで照らしてた ...

robologue

散っては流れ咲く火花 工場激しく 揺れ ...

sing

月が笑い 虫が歌う ああ それは素 ...

Small World

忘れようとした事も 思い出せなくなった ...

Splash!!

上目使ってる なんて不信なソウル フェ ...

STAR

星を目指そう 猿と目指そう 長いレイン ...

Stockholm

静かな街角 辺りは真っ白 雪が積 ...

Strawbarry Shortcakes

信号点滅で 準備万端万端 ランナー並ん ...

Strawberry Shortcakes

信号点滅で 準備万端万端 ランナー並ん ...

Sugar!!

いつだって こんがらがってる 今だって  ...

Sunny Morning

どこかに行くなら カメラを持って まだ ...

SUPER!!

洗いたての朝さ 昨日の雨を 踏み鳴らして ...

Surfer King

ギラギラ パツキンが風になびくぜ 浜辺 ...

Surfer King

ギラギラ パツキンが風に なびくぜ 浜 ...

Surrender

コートを叩いた雨の雫パラパラ 落として ...

TAIFU

想像に乗ってゆけ もっと足早に先へ進め ...

TEENAGER

どっかにスリルはないかい? 刺激を求め ...

the light

砂の上を冬の風がそっとなぞる 二人残す ...

Time

慣れた事も考えず 暮らしてきたこの街は ...

TOKYO MIDNIGHT

何処からともなく 夜更けの街は い ...

Upside Down

染み出してそうなった 飛び出してそうだっ ...

wedding song

お二人にはいつもいつも お世話になりまし ...

WIRED

痺れちゃってる 絶頂感でもう ジリリ鳴 ...

ダンス2000

ヘイヘイベイベー 空になって あの人の前 ...

星降る夜になったら

真夏の午後になって うたれた通り雨 ど ...

春の雪

線路は続くよ 揺れながらカーブを曲がっ ...

熊の惑星

世界初の貴重な映像 僕は感動 動物界に ...

自分勝手エモーション

押して 引くだけじゃない 教科書にもな ...

若者のすべて

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビ ...

記念写真

ちっちゃな野球少年が 校舎の裏へと飛ん ...

透明

日がまた昇って行く 人気の無い空へと ...

会いに

空が広がってく 雲は溶け出してる まぶ ...

アイランド

赤白青黄色紫 色とりどりの 色とりどりの ...

蒼い鳥

可能なら 深い海の中から 鼻歌 奏でて ...

赤黄色の金木犀

もしも 過ぎ去りしあなたに 全て 伝え ...

茜色の夕日

茜色の夕日眺めてたら 少し思い出すもの ...

雨のマーチ

雨が降ったよ しとしと降ってたよ やけ ...

アンダルシア

サルバトーレってダリが呼びかけて うや ...

浮雲

登ろう いつもの丘に 満ちる欠ける月 ...

打ち上げ花火

夜霧の向こう側 人影が見えたんだ ばら ...

エイプリル

どうせこの僕なんかにと ひねくれがちなの ...

追ってけ追ってけ

めらめら燃える相手の目見ると すぐにそ ...

お月様のっぺらぼう

眠気覚ましにと 飴一つ その場しのぎか ...

同じ月

この星空の下で僕は 君と同じ月を眺めてい ...

開店休業

猫の手さえも貸したいくらい 人は大変忙し ...

かくれんぼ

誰だって心の中には 隠れる場所がある ...

陽炎

あの街並 思い出したときに何故だか浮かん ...

カタチ

泣いてねだって買ってもらったゴリラのぬい ...

環状七号線

火の付かないライター 握りしめていた ...

カンヌの休日 feat.山田孝之

失われた週末 かくも長き不在 4ヶ月、 ...

消えるな太陽

映画の主人公になって みたいなんて誰も ...

キノウ

昨日見た夢の暗示 八方美人は程々に き ...

君は炎天下

何でこんな日々だって思いがちだ嫌だな ...

君は僕じゃないのに

寂しがりの月はまた 今日元に戻るよ な ...

きらきらひかれ

きらきらひかれ! ぼくらのほしよ なみ ...

銀河

真夜中二時過ぎ二人は街を逃げ出した ...

唇のソレ

手も目も鼻、耳も 背も髪、足、胸も ど ...

クロニクル

気にしないで 今日の事は いつか時が 忘 ...

黒服の人

並び黒服の人 空から降る牡丹雪 小さな ...

こんなときは

「あぁすれば」 たらればをずっと繰り返し ...

午前3時

赤くなった君の髪が僕をちょっと孤独にさせ ...

桜並木、二つの傘

あれはいつか かなり前に君を見たら 薄 ...

桜の季節

△桜の季節過ぎたら 遠くの町に行くのか ...

サボテンレコード

でも でも だってね それが口癖だったね ...

しかたがないね

優柔不断だけは しかたがないね 今夜も ...

シャリー

やばい! お肉とスープで満たされてもう ...

蜃気楼

三叉路でウララ 右往左往 果てなく続く ...

スパイダーとバレリーナ

「エブリバディー ニージュー」 「エブ ...

スワン

どんな表情してたのかわかっていたけど ...

セレナーデ

眠くなんかないのに 今日という日がまた ...

線香花火

疲れた顔でうつむいて 声にならない声で ...

卒業

扉風ふわり立つ ぼくらの体を包み込む ...

タイムマシン

時が経ったら何か変わるかな 少しは偉く ...

地平線を越えて

左か右か どちらでもいいか 舌出して笑 ...

徒然モノクローム

他の事なら気にせんが 知らず知らずに待っ ...

手紙

元気でやってますか 笑えてますか 思え ...

電光石火

忘れたこと覚えたこと 積み重ねたのどのく ...

東京炎上

真っ赤な東京の街で揺れていた サイレン ...

ないものねだり

気持ち伝えるのに いつも人は何故に こ ...

NAGISAにて

お嬢さん お願いですから泣かないで な ...

夏の大三角関係

本当は二人で見てるはずだった 夜空弾け ...

週末 雨上がって 虹が空で曲がってる ...

眠れぬ夜

また今夜も眠れぬ夜になりそうな気がした ...

はじまりのうた

前方よし!後方もよし! 2本前のバスを ...

裸足のバレリーナ

だいたい いつもそう 合わせる感じが ...

どうしたものか 部屋の窓ごしに つぼみ ...

花屋の娘

夕暮れの路面電車 人気は無いのに 座ら ...

バウムクーヘン

何をいったいどうしてなんだろう すべて ...

バタアシParty Night

巡り巡って そう何回でもダンス 巡り巡 ...

パッション・フルーツ

夢の中で あやかしパッション 響き渡る ...

パレード

もうだって その輝く笑顔には軽く目眩がす ...

パンチドランカー

多分3分で虜だぜ うねりあげているテレキ ...

フラッシュダンス

1,2,3 フォルテして行くのは エン ...

ブルー

夕立残っている街の中 それじゃまたねと ...

プレリュード

鍵を差して回したら 音が漏れて騒ぎ出す ...

ベースボールは終わらない

もくもくもくの雲が流れているよ 東の空 ...

ペダル

だいだい色 そしてピンク 咲いている花が ...

星を見ている

心の底には誰も 穏やかな川がそっと流れて ...

炎の舞

やまない汗 歩いてるばっか へたりこむな ...

ホーランドw」ロップ

猫は三匹飼っていたけど いなくなってか ...

ホーランド・ロップ

猫は三匹飼っていたけどいなくなってからア ...

ぼくらが旅に出る理由

心がわりは何かのせい? あんまり乗り気じ ...

ポラリス

見慣れたはずの景色が冷たく僕を遠ざける ...

祭りのまえ

抜ければ近道 帰り道 みんなの上には傾 ...

まばたき

眠気ののこった 時計の音 窓からそそぐ ...

マボロシの街

数日前に 転んで出来た 痛くて疼く 小 ...

マリアとアマゾネス

なんだなんだ シビれる声だ ああ怒ってい ...

水飴と綿飴

とろけるような 街の明かりの 魔法に任 ...

虫の祭り

どうしてなのか なんだか今日は 部屋の ...

ムーンライト

今日はなんか不思議な気分さ 大きなテー ...

モノノケハカランダ

遠くなってくサイレンと見えなくなった赤色 ...

夢みるルーザー

軽いタッチでこなしているようで ホント ...

夜明けのBEAT

半分の事で良いから 君を教えておくれ ...

夜明け前

むすんでひらいて 東の空に星のまたたき ...

夜汽車

長いトンネルを抜ける 見知らぬ街を進む ...

夜の中へ

あぁ君を見ていれるだけで僕はきっと ...

理想型

彼方宇宙も超えて地球のために戦ってみたい ...

流線形

もしもこのドア開けたら 違う場所まで行け ...

ルーティーン

日が沈み 朝が来て 毎日が過ぎてゆく ...

ロマネ

曖昧なことだったり 優しさについて考えだ ...

笑ってサヨナラ

気付いた時には遅すぎて彼女の涙に困ってた ...