椎名林檎の歌詞一覧

0地点から

嵐が去ったあとの静けさ 脅える良人は家 ...

17

now I'm seventeen m ...

i wanna be loved by you

I wanna be loved by ...

i won't last a day without you

【椎名】 Day after day ...

jazz a go go

Apres le bup slow P ...

JL005便で

What are you afraid ...

la salle de bain

in a cafe just a lit ...

Letters

暖かい砂の上を歩き出すよ 悲しい知らせ ...

love is blind

Love is blind Love ...

NIPPON

万歳!万歳!日本晴れ 列島草いきれ 天晴 ...

SG ~Superficial Gossip~

何でもいいのさ 分別ない願望は何処? ...

starting over

Our life together is ...

unconditional love

i wanna fall into yo ...

yer blues

Yes I'm lonely wanna ...

灰色の瞳

【椎名】 枯野に咲いた 小さな花のよう ...

愛妻家の朝食

昼過ぎに珍しくテレビをちょっとだけ観たわ ...

アイデンティティ

是程多くの眼がバラバラに 何かを探すと ...

あおぞら

片付いた部屋が温かくて 曇り窓の外コント ...

茜さす 帰路照らされど…

何時もの交差点で 彼は頬にキスする ま ...

雨傘

Hey wait I think yo ...

ありあまる富

僕らが手にしている 富は見えないよ 彼 ...

ありきたりな女

幼い頃から耳を澄ませば、ほんとうに小さな ...

意識

頭が有れば要は簡単に片付いて 子供と呼 ...

依存症

急に只 寝息が欲しくなって 冷凍庫にキー ...

映日紅の花

「もしもし そろそろ逢ひたいな」 庭に ...

恐ろしくて堪んないの ただひとり黒々澱 ...

色恋沙汰

空低く雲携え 木々の肌匂わせている ...

いろはにほへと

青い空よなぜ雲をかかえて走っていく 恋 ...

おこのみで

指と謂う指を貴方に委ね疎通 夢を見てゐ ...

おだいじに

氣持ちは晴れ 身体も未だ自由が利く 眼 ...

同じ夜

飛交う人の批評に自己実現を図り戸惑うこれ ...

翳りゆく部屋

窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽 ...

渦中の男

And when the evening ...

歌舞伎町の女王

蝉の声を聞く度に 目に浮かぶ九十九里浜 ...

カプチーノ

あと少しあたしの成長を待って あなたを ...

神様、仏様

充たしたいのよ五臓六腑まで沁みわたつてよ ...

カリソメ乙女

天下八(や)ツ過ぎ浮世男よ 良いひとだ ...

枯葉

Oh... je voudrais ta ...

カーネーション

小さく丸めた躯は今 かなしみ隠し震えて ...

君ノ瞳ニ恋シテル

you're just too good ...

君を愛す

Du mein Gedanke, du ...

虚言症

しかし何故にこんなにも 眼が乾く気がする ...

ギブス

あなたはすぐに写真を撮りたがる あたし ...

ギャンブル

あなたはそっと微笑(わら)ってくれるから ...

此の扉(ドア)なら破れない 其の塔なら ...

茎-STEM-~大名遊ビ編~

There's a door here ...

黒いオルフェ

Manha, tao bonita ma ...

警告

朝の訪れを微塵も感じない夜 闇がこの先 ...

決定的三分間

When the time is rip ...

幸福論

本当のしあわせを さがしたときに 愛し ...

ここでキスして。

I'll never be able t ...

孤独のあかつき

さあまぶた閉じて耳をふさげよ 静かな闇 ...

孤独のあかつき(信猫版)

You, hey close your ...

幸先坂

陽が静かに昇り詰め湿った大地を蒸し上げて ...

逆さに数えて

逆さに数えて残りを測っているの 確と最 ...

サカナ

ちっぽけで汚らしい動物 雌 一体生まれ ...

錯乱

don't pray for it to ...

Σ

you say I betray you ...

至上の人生

お願い黙っていて今は 言葉のほうが甘い ...

静かなる逆襲

東京なんてのは危険な処よ ちょっと特別視 ...

シドと白昼夢

昔 描いた夢で あたしは別の人間で ジ ...

宗教

誰か僕に巧いお菓子を 毒で本望 嘘で元 ...

主演の女

「追い付けない」なんて云うのね、知ったこ ...

誰もがわたしを化石にしても 貴方に生か ...

白い小鳩

この町で生まれたのよ 悲しみだけうずまく ...

自由へ道連れ

超弩級(ちょうどきゅう)のミサイル 逸 ...

人生は思い通り

片方のポケットに夢を誂う夕暮よ 町の灯 ...

ストイシズム

あなた きれい すてき きらい ...

スピカ

この坂道もそろそろピークで バカらしい嘘 ...

すべりだい

あなたが八度七分の声を 使うときは 必 ...

青春の瞬き

美しさと正しさが等しくあると 疑わない ...

赤道を越えたら

平和を祈るのは偏に女の生業 男は戦を勃 ...

葬列

今朝は妙なメイルを拝受しました。 其処 ...

正しい街

あの日飛び出した 此の街と君が正しかった ...

玉葱のハッピーソング

The world is just a ...

小さな木の実

小さな手のひらに ひとつ 古ぼけた木の ...

ちちんぷいぷい

そう確かに何でも持っている この世はお ...

月に負け犬

好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまい ...

都合のいい身体

終にやって参りました勝負の時 天気は微 ...

積木遊び

あなたはいつもそうやって丸い四角を選ぶ ...

罪と罰

※頬を刺す朝の山手通り 煙草の空き箱を ...

東京の女

おばかさんなの私 あの日別れた人 今 ...

尖った手口

死刑判決言い渡し 聞いた場所を忘れたか ...

時が暴走する

デジタルの示す文字があたしを疲れさせる ...

とりこし苦労

えゝい儘よ 恥ぢも棄て去らむ あんた程 ...

ドッペルゲンガー

今日は 然様なら 愛してゐる 大嫌ひ ...

どん底まで

ねえ MRI 撮影して頂戴 今日の ...

長く短い祭

天上天下繋ぐ花火哉 万代と刹那の出会ひ ...

野薔薇

Sah ein Knab ein Ro ...

はいはい

レンジでチンして食べて 三時迄には帰り ...

走れゎナンバー

この密室を拵える要素は、大概が借り物で、 ...

日和姫

今日も概念なんか設けないわ どんな事件 ...

病床パブリック

ドイツ色のタクシーなら 新橋目指す 外 ...

不幸自慢

空軍に入り 察(check)・学(le ...

二人ぼっち時間

ラはラヂオのラ おこしてよ ファッと ...

プライベイト

今日あたりはたった一人“ランチに繰り出し ...

弁解ドビュッシー

言いたいことを探し疲れて 結果無駄口吐い ...

本能

約束は 要らないわ 果たされないことな ...

望遠鏡の外の景色

me olvide de todo ...

凡才肌

空よ山よ川よ故郷の海よ わたしを還して ...

ポルターガイスト

もつと澤山(たくさん)逢いにゐらして下さ ...

真夏の脱獄者

Stuck inside between ...

マヤカシ優男

Are you hurting? Fe ...

真夜中は純潔

洗い立ての黒い髪が馨(カヲ)って 今に ...

丸の内サディスティック

報酬は入社後並行線で 東京は愛せど何も ...

密偵物語

I'll tell you gals h ...

迷彩

「ねえ一層遠く知らない街に隠居して沈黙し ...

眩暈

あたしがこんなメロディを口ずさむのはさて ...

メロウ

橙色は止まらない 黄色を探して乗り込め ...

モルヒネ

家にはひとりで帰ります あたしには鳥が ...

やっつけ仕事

毎日襲来する強敵電話のベル 追っては平 ...

闇に降る雨

余りの暑さに目を醒まし さっき迄見てい ...

余興

どんなに美味しく高価なお酒が有ったって ...

浴室

新宿のカメラ屋さんの階段を降りた茶店は ...

リモートコントローラー

あんなにも大切だったブラウスも こんな ...

流行

谺(こだま)している またキミのコヱが谺 ...

リンゴカタログ ~黒子時代再編纂~

ねえ 見ている?ほら 八度七分の 空耳 ...

りんごのうた

わたしのなまえをおしりになりたいのでしょ ...

輪廻ハイライト

愛に罵倒 夕日で皺 ツアー位逢わず 没 ...

労働者

ずらかりたいよ おさらば 面倒はいや ...

私の愛するひと

その眼差しがほら 雲を動かし鼻唄は ...