野口五郎の歌詞一覧

Rainy~会えない週末

贅沢なランチタイムを楽しんだり わがま ...

Smoke Gets In Your Eyes

They asked me how I ...

Sweet Rain

19:00の街を濡らす 甘い雨なら 約 ...

愛さずにいられない

だからもう つらい過去など いわないで ...

愛してると言うまえに

月の雫 払うように そっと脱いだ ...

愛人

あなたが好きだから それでいいのよ た ...

愛のラルゴ

真綿のような あなたの愛のなかで わた ...

愛ふたたび

ここにいると 聞いて来たよ 港の小さな ...

愛よ甦れ

君のいらだちを 感じながらも 愛が甦る ...

青い日曜日

何もしたくない 淋しい日曜日 ギターも ...

青いリンゴ

心 こころを しばりあい 二人 ふたり ...

あずさ2号 featuring 布施明

明日 私は旅に出ます あなたの知らない ...

あなたがいたから僕がいた

あなたがいたから僕がいた こころの支え ...

甘い生活

あなたと揃いのモーニングカップは この ...

雨に消えた恋

雨がひとしずく ガラス窓をはう 朝が音 ...

雨の御堂筋

小ぬか雨降る 御堂筋 こころ変わりな ...

歌がある限り

たとえ涙が 流れる日でも 歌があるから ...

美しい愛のかけら

忘れてほしいと あなたはどうして 云え ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

オレンジの雨

そんなこと どうでもいいじゃない いつ ...

女友達

君に電話を かけても今では どこに越し ...

風になった彼女

わかっているさ だらしないことは 今夜 ...

風の駅

僕の帰りを 暗い駅のベンチで 君は待っ ...

哀しみの終るとき

誰があなたを そんなにしたのか ほんと ...

危険なふたり

今日まで二人は 恋という名の 旅をして ...

季節風

どんなに 愛してみたところで 実るあて ...

君が美しすぎて

美しすぎて 君が恐い 美しすぎて 愛が ...

君に逢いたいよ

大きな街の 片隅のカフェで 孤独がばれ ...

きらめき

ここの街へと あなたと僕は これまでい ...

グッドラック

この腕の中を泳ぎ疲れてお前は眠る 何も ...

告白

何をためらうの 僕を前にして 愛のあや ...

こころの叫び

傷つくのが こわいからといって このま ...

これが愛と言えるように

陽のあたる場所に ふと手を翳(かざ)せ ...

コーラスライン

くよくよしていたって しあわせは来ないさ ...

再会タイムマシン

地下鉄の駅 すれ違って振り向く 聞き ...

さらば恋人

さよならと書いた手紙 テーブルの上に置 ...

されど青春

人ごみに流されて 歩くのは いやですね ...

私鉄沿線

改札口で君のこと いつも待ったものでし ...

少女よ

少女よ 南へ帰る渡り鳥たちの 足の軛( ...

針葉樹

あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕 ...

19:00の街

霧雨降るガラス越しに 19:00の街 ...

好きなんだけど

好きなんだけど 話せない 恋を知らない ...

送春曲

春は行く 春は行く ぼくらの春は行く ...

それぞれの時[高柳明音Ver]

眠るように止まった 古い腕時計 戻る ...

沈黙

はじめから あなたは愛を 戯れとわりき ...

積木の部屋

いつの間にか君と 暮しはじめていた 西 ...

でも好きだよ

すれ違う人の影 流される花のような ...

泣き上手

そんなに泣くなよ よけい可愛いくなるじ ...

ノーノーボーイ

ノー・ノー・ノー・ノー・ボーイ ノー・ ...

博多みれん

恋を拾って また捨てて いつも泣くのは ...

箱舟の帰還

一枚のオリーブを くわえて鳩は舞い戻る ...

一人が好きですか

いつからかあなたと約束のない朝がきらいに ...

星屑の町

両手を回して 帰ろ 揺れながら 涙の中 ...

僕をまだ愛せるなら

風を受け落ちた葉は もう同じ枝に戻れな ...

また逢う日まで

また逢う日まで 逢える時まで 別れの ...

また、めぐり逢うために

暫くでいい暇をくれ 深い訳などないのさ ...

真夏の夜の夢

その時 あなたは バラになり その時 ...

魅せられて

南に向いてる窓をあけ 一人で見ている  ...

むさし野詩人

繁華街から静かな道へ あなたの涙たどっ ...

めぐり逢う青春

愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日 ...

夕立ちのあとで

夕立ちのあとの 街はきれいに 洗われた ...

横須賀ストーリー

これっきり これっきり もうこれっきり ...

涙憶

涙が心の雫なら こみ上げる時の通り道を ...

若き獅子たち

太陽に向い歩いてるかぎり 影を踏むこと ...