スキマスイッチの歌詞一覧

1+1

君の顔を眺めて一日過ごしてみたいなぁ ...

1017小節のラブソング

嘘みたいに雨が上がった 梅雨の合間 ふ ...

8ミリメートル

終わっていく3年と8ヶ月 僕たちはお互 ...

Ah Yeah!!

深呼吸を2回して 心を着地させていく ...

Andersen

ウンザリだ 明日はホーリーナイト もうい ...

Aアングル

見つけた 数分の懐かしい顔 笑っている ...

Bアングル

新しい街へ行く ムリヤリ片付けて この ...

Hello Especially

アジサイがさよならを告げたら夏の風をまた ...

life×life×life

パッと目にした鏡の中に住んでる人 ほと ...

LINE

「せっかく晴れたから」って 言い訳をひと ...

LとR

君はいつでも目立つ存在で 因果なものと ...

SF

自由に大空も飛べやしない 君がいる場所 ...

SL9

風も動かない熱帯夜 94年の夏 その夜 ...

view

車から見えるこのビュー 海と空の区別も ...

石コロDays

河川敷で探す 水を切ってハネる石コロ ...

「愛」 どこで誰が創造したもんなんでしょ ...

アイスクリーム シンドローム

関係はいたってフラットだ 何でも話せるく ...

アカツキの詩

もう ずいぶん経ったなぁ こんな時間に ...

雨待ち風

遠く どこまででも続いて行く空 君を ...

雨は止まない

特に何かあるわけじゃ ないけど 今日の ...

アーセンの憂鬱

世間体なんて関係ない 別に誰の目も気にし ...

糸ノ意図

目が覚めたら闇の中 地獄かな? そうかな ...

えんぴつケシゴム

机の奥から出てきたえんぴつ型の懐かしい消 ...

思い出クロール

待ち合わせはいつものライオンの前 次々 ...

回奏パズル produced by KAN

窓の外に 優しい吐息 想像は遥か 浮か ...

回想目盛

全く寝ずに詰め込んだダンボール 少しずつ ...

快楽のソファー(仮)2014 ver.

戯れに君が上から 覆い被さってきた拍子に ...

かけら ほのか

夕暮れ時家路をたどる 八月を冷ますやさし ...

奏(かなで)

改札の前 つなぐ手と手 いつものざわめ ...

ガラナ

最近体調は悪かないが心臓が高鳴って参って ...

きみがいいなら

そっと手を離されてもきっと僕は大丈夫だよ ...

キミドリ色の世界

今月になってもう何回目なんだろう 気に ...

君に告げる

朝だよと君に告げる 寝ぼけた顔で僕を見 ...

君のこと全部

ごめんよ僕の 余白に君のこと 書き込むの ...

君のとなり produced by 小田和正

空から 舞い落ちる雪が 歩く僕らの 足を ...

君の話

昨日見た夢の話など興味ない 退屈さ ま ...

君曜日

せっかくの日曜日 朝は起きれず二度寝して ...

キレイだ

冷静に照らし合わせてみれば君と僕は正反対 ...

ゲノム

毎日がルーティーンワーク 刺激など必要も ...

弦楽四重奏のための「ドーシタトースター」

どうした?壊れてしまった…?もうパンが焼 ...

壊れかけのサイボーグ

遠くに汽笛が聞こえたあの日は もう深く ...

ゴールデンタイムラバー

集中できてないな まだ体が迷っているんだ ...

ゴールデンタイムラバー produced by RHYMESTER

集中できてないな まだ体が迷っているんだ ...

さいごのひ

揺れる 揺れている か弱く燃えている ...

サウンドオブ

君は何処からやってきたの? 計り知れな ...

桜夜風

吹き抜ける桜夜風 春はもうそこに静かに ...

さみしくとも明日を待つ

しゃべりすぎた昨日に 河原の石を投げ込む ...

背中にあった翼は 君とともになくした ...

時間の止め方

永遠? そう言うならそれもそうかも 瞬 ...

スカーレット

昔から何かをしようとすると決まっていつで ...

スフィアの羽根

飛び散った不当な昨日にサラバ! 偏った ...

スモーキンレイニーブルー

会わなくなってからもう連絡も途切れている ...

ズラチナルーカ

夕立が僕らを包む 雨粒が耳を伝う 悲し ...

青春騎士

時にはそっぽ向いて怒ったフリしても ホ ...

青春騎士(ナイト)

時にはそっぽ向いて 怒ったフリしても ...

センチメンタル ホームタウン

サンライト 走るハイウェイ ガードレール ...

全力少年

躓いて、転んでたら置いてかれんだ 泥水 ...

双星プロローグ

出会いはとある紹介で抱いた印象といえば ...

ソングライアー

ランキングトップの芸術家 量産に走ればレ ...

太陽

雨に打たれている木の葉のように僕は た ...

ただそれだけの風景

桜並木道で 僕は うつむいている 通り ...

種を蒔く人

君が先に寝息を立てたから目が覚めてしまっ ...

ためいき

終わらない仕事を持ち帰る 手探りで部屋 ...

小さな手

夕日が僕たちを 砂浜に誘った このまま ...

蝶々ノコナ

君が出ていった部屋には かすかに香りが残 ...

月見ヶ丘

僕らもっと逢いたいから、まばたきをしてい ...

デザイナーズマンション

玄関は広くフルフラットのアメリカンスタイ ...

電話キ

不安定な欲求 遅れてくる新聞 僕はいつ ...

トラベラーズ・ハイ

道路は続く遥か遠い街まで スピードは僕 ...

ドーシタトースター

どうした?壊れてしまった…?もうパンが焼 ...

夏のコスモナウト

怖いようなワクワクするような この感覚を ...

虹のレシピ

インテリジェンスをまとった中身の足りない ...

願い言

想像してみる 僕たちの未来図を 茜色し ...

猫になれ

そりゃあさ、君にあんなことを言われたら ...

飲みに来ないか

言葉で汚しあい 譲り合えなかったなぁ ...

ハナツ

この世に生まれ出た瞬間に 実は抱えていた ...

晴ときどき曇

「いい天気だね」 君が言うから「本当だ ...

パラボラヴァ

そうだな 例えて言うなら 宇宙から叫びた ...

光る

僕らは弱虫で 臆病な生き物 いつだっ ...

病院にいく

なんだか調子悪いなぁ カラダが重い 体 ...

フィクション

僕の肩書きは銀行メン、窓口に座るいつもの ...

冬の口笛

怒ったような表情も甘えてんだろう? も ...

ふれて未来を

流されはしないからなんて 初めから飛ばし ...

フレ!フレ!

フリダシがAM8:00くらい ゴールが ...

星のうつわ

どうして どうして 泣いて生まれて い ...

僕と傘と日曜日

日曜の街 雨 一人で差してる 傘 流れ ...

僕の青い自転車

ほら君少し髪伸びたね ススキに隠れてわか ...

僕の話

透明な色の空がいつの間に赤く滲む 頬を ...

ボクノート

耳を澄ますと微かに聞こえる雨の音 思い ...

またね。

たった今僕の前で一つ恋がひび割れた。 ...

マリンスノウ

僕は孤独の海 放り出されても もうさ 溺 ...

水色のスカート

しゃがみこんで犬を抱く君の後姿を眺めて僕 ...

ムーンライトで行こう

ムーンライトながら号でまったりとコーヒー ...

目が覚めて

「今日はどこへ行こう?」って君が僕を誘っ ...

メロドラマ

君の香りがまだ鼻につく部屋 やめたタバ ...

夕凪

陰り出し夕凪 顔を出す夕映え 滞る間も ...

ユリーカ

交差点あふれる人の波 絶え間なくすれ違う ...

ラストシーン

窓の外に月が浮かぶ 深夜の映画と なんだ ...

螺旋

目が合うだけで別れを 切り出されるのわか ...

レモネード

ゆっくり溶けていくレモネード それは甘い ...

惑星タイマー

話したところでまた冗談みたい? まっさ ...