真木ことみの歌詞一覧

相縁坂

胸にこたえる この世の辛さ 男でなくて ...

あたたかい雨

そっとあなたの胸で 今夜も眠りにつきまし ...

雨女・雨男

いつも私は 雨おんな いいえあなたが ...

雨の酒

忘れられない あの人を 忘れたふりして ...

淡雪の人

暮れる街を淡い雪がつつむ あなたは今 ...

いさり火本線

北へひたすら 夜汽車は走る 噂を頼りに ...

一・二・三の人生あかり

ひとつひとりで 夢を追う ひとりぼっち ...

一路出世船

マグロの嫁さん もらえばいいと ふくれ ...

いのち川

広いこの世で あなたの胸が つらい心の ...

おもいで橋

夜の川面に ぽつり あおい月 星が降る ...

俺に咲く花

花びらみたいな ほほ笑み浮かべ 心に明 ...

おんなの時雨

港の灯りが 波間に 揺れている 遠くで ...

女のつれづれ

悲しい時には 泣けばいいじゃない 涙は ...

女の慕情

ちぎって占う うす紅の 花のやさしさ  ...

海峡のおんな

生きるか死ぬかの 恋ひとつ あなたはあ ...

帰ろかな

淋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰 ...

風舞い

鳥もかよわぬ 岬まで 恋を忘れる 旅な ...

片恋岬

ため息 ひとつ またひとつ 霙 北風 ...

きずな川

愛するだけでは 足りない時は 心で情け ...

北の一番船

アザラシ乗せた 流氷とけて 知床岬は ...

恋散らしの雨

遠ざかる あなたの背中 ひとり見送る  ...

恋日向

生きがいなんです あなたの笑顔 いつで ...

恋文川

紙の舟には 櫂(かい)はない 流れまか ...

恋満月

忘れなければ だめですか 追って行くの ...

こころ舟

時代遅れで いいのよと 涙うかべて う ...

極楽とんぼ

どしゃぶり続きの 人生も 青空みえる ...

酒情歌

秋がくるのを 待ちきれず 枝を離れる ...

酒なさけ

夢のにがさに 耐えきれず 今夜もお酒に ...

酒の舟

酒よ判るか 淋しさが 判ればあの人 連 ...

幸せの地図

人はみな 心の中に 幸せの地図を 持っ ...

しあわせ回り道

背のびしたって なんにも見えぬ あなた ...

白無垢

いいね似合うと 涙ぐみ 白無垢見つめて ...

十年坂

別れた頃の あなたの齢に 近づくたびに ...

たしかなこと

雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人 ...

旅路川

女の旅路は 冬空を 哭きながら あぁ流 ...

秩父夜祭

<ホーリャイ ホーリャイ ワッショイ ワ ...

津軽恋女

津軽の海よ 竜飛岬は 吹雪に凍えるよ ...

津軽のふるさと

りんごのふるさとは 北国の果て うら ...

石蕗の花

葉陰にそっと 身を寄せて 咲いて淋しい ...

東京の雪

夢を追いかけて 遠い街へ旅立ったあの日 ...

父さんのマフラー

父さんの 形見のマフラー そっと首に ...

なでしこの花のように

なんにも苦労を 知らない他人(ひと)に ...

虹海

どれほど 哀しみの涙をながしたら この ...

眠る貝殻

私は砂に眠る貝殻 今夜も月の陰に隠れて ...

夢であなたの 手枕を 借りて眠った 春 ...

花ふたつ

荒野(あれの)に咲いてる 花もある 路 ...

母の暦

庭先で 水差しながら 微笑むやさしい  ...

春時雨

雨の水面の 木の葉舟 あれは私の 身の ...

春よ来い

あなたと連れ添い 生きてくために そう ...

陽だまり

夢にはぐれても 震える花も めぐり逢え ...

舟唄

お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった ...

ふるさと忍冬

水いろ手袋 頬寄せて 遠いふるさと し ...

ふるさと忍冬(すいかずら)

水いろ手袋 頬寄せて 遠いふるさと し ...

紅つばき

綺麗でしょうか この髪が 似合うでしょ ...

惚れ化粧

男はかもめ すいすい飛んで 女は港 待 ...

まこと酒

先の苦労は 覚悟の上と いつも笑って ...

無情の雨が降る

命を懸けても 悔やまぬ人と 別れるつら ...

もどり舟

せせらぎに舞い落ちる 枯れ葉のように ...

桃色吐息

咲かせて 咲かせて 桃色吐息 あなた ...

雪の華

なんで女に 生まれたか 泣くことばかり ...

凛と咲く

素顔のままが 好きだよと 優しくあなた ...

吾亦紅

マッチを擦れば おろしが吹いて 線香が ...