吉田拓郎の歌詞一覧

a day

こんなにつらい日があるんだネ 朝から意 ...

AKIRA

夕焼けに向かって走って行くあいつの姿が忘 ...

Bye Bye Yesterday

昔の唄をなつかしむだけじゃダメだ ここ ...

Fの気持ち

初めは誰でもCから どきどきしながらCか ...

I'm In Love

恋は素敵だね何も考えず ただ時に身をゆ ...

KAHALA

緑色のカーテンのすき間から 夏の光が朝 ...

Life

僕は間違っていたんだろうか その日1日 ...

oldies

ふりかえってみるのもいいさ 道草くうの ...

one last night

とうとう最後の夜が来た 嵐を両手に抱きこ ...

Os san

朝はどこから来るんだろう 今日も早くか ...

S

とても長い間 君は 愛なんてウソッぱち ...

that's it やったね

「負けるもんか」って 言葉にしてみようよ ...

To the Moon

何も起こらずに 都会が暮れて行く しが ...

Voice

声のセクシーな男って好き なぜって?「 ...

Y

何て事の無い 出逢いって言うんだろう ...

三軒目の店ごと

まだまだ酔っちゃないだろう レモンスラ ...

伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね ...

あゝ青春

ひとつひとりじゃ 淋しすぎる ふたりじ ...

愛してるよ

光と影があるなら光になりたい 涙と微笑 ...

あいつの部屋には男がいる

彼女と初めて口づけしたのは去年の夏だった ...

あいつの部屋には男がいる

彼女と初めて 口づけしたのは 去年の夏だ ...

愛の絆を

静かな夜のけはいが ベッドのそばに訪れて ...

愛は誰かのとなりに

心が寒いよ寒すぎる夜がきた 風の街には ...

蒼い夏

浜日傘ゆらゆら すらりとのびた長い脚 蒼 ...

秋時雨

嫌な雨だというぼくに 秋の終わりに降る ...

アキラ

夕焼けに向かって走って行く あいつの姿が ...

アゲイン(未完)

若かった頃の 事をきかせて どんな事で ...

朝陽がサン

朝日がサン おはようサン 社会の皆サマ ...

明日の前に

どれだけ歩いたのか 覚えていません 気 ...

アジアの片隅で

ひと晩たてば 政治家の首がすげかわり ...

明日に向って走れ

流れる雲を追いかけながら 本当のことを ...

新しい朝(あ〃た)

僕等の事を知らない人も 僕等の声に耳を ...

熱き想いをこめて

窓から見える景色はいつもと変りなく 行 ...

あなたを愛して

あなたを愛して 愛して もうどうでもい ...

あなたを送る日

あの頃わからなかった事が 胸にしみるよ ...

あの娘といい気分

俺の電話で 夜の夜中に あの娘いつもの ...

あの娘に逢えたら

あの娘に 夢を返そうと 街中 捜してい ...

あの娘を待ってる街角

あの娘の待ってる ビルの彼方に 風が散 ...

ありがとう

この胸いっぱいのありがとうよ 君に届い ...

ありふれた街に雪が降る

目を覚まし 外をごらんよ めずらしく  ...

ある雨の日の情景

バスが止まって[並木道に]外は雨がふって ...

歩こうね

波が ぶつかって くだけて行くように ...

生きていなけりゃ

すべてのものが思い通りに いくなんて事 ...

いくつになっても happy birthday

誕生日がやって来た 祝おうよ今日の日を ...

いくつもの朝がまた

重い闇を 救急車が引き裂いて 夜が更け ...

いくつもの夜が

いくつもの夜が 私達を通り過ぎて行った ...

いつか夜の雨が

いつか夜の雨が 走りはじめたネ 過ぎ去 ...

いつでも

いつでもどこでも おまえがいたのさ だ ...

いつでも夢を

星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘 ...

いつも見ていたヒロシマ

八月の光が オレを照らし コンクリート ...

今さらI love you

I love youって言うのは何だかね ...

現在の現在

歩いて来た道は 絵には書けないが ...

今は恋とは言わない

あの日君はとても コワイ顔をしていました ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ウィンブルドンの夢

時がどれだけ急いでも どれ程遠く過ぎて行 ...

歌にはならないけれど

心地良い寝ぐら それがあればいい ...

家へ帰ろう

この道は どこまで続いてるだろう 少し ...

海へ帰る

誰かの名前を 呼んでみたくなったよ 知 ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

裏街のマリア

私には心の裏を 読み取れる力があるの ...

裏窓

夜明けに目覚めて 翔ぼうとすれば 裸の ...

永遠の嘘をついてくれ

ニューヨークは粉雪の中らしい 成田から ...

英雄

しら茶けた光の中に 今君は横たわってる ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

おいでよ

おいでよ 僕の部屋ヘ 一度は涙にくれて ...

王様達のハイキング

遊びに行きませんか 僕等と一緒に ...

大いなる

ロックンロールの 響きがいい あの娘し ...

大阪行きは何番ホーム

19の頃だったと思うけれど 家を出る事 ...

オーボーイ

退屈なのが恐いんだろう イルミネーショ ...

おきざりにした悲しみは

生きてゆくのは ああ みっともないさ ...

贈り物

あの時僕は こう思ってたんだ 君になに ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

男達の詩

うすむらさきの 煙がゆれて ああ ああ ...

男の交差点

通りすがりの バーの片すみで う ...

男の子・女の娘(灰色の世界II)

女の娘 女の娘 愛も信じない あなた ...

おやじの唄

おやじが全てだなんて言いませんよ 僕一 ...

さびしがりやなのかな 俺 ひとりでいる ...

俺を許してくれ

夜空に浮かぶ 星に打ち明けよう この世 ...

俺が愛した馬鹿

死んで下さいよと あいつに言われて 理 ...

恩師よ

蝶ネクタイに銀縁眼鏡 チョークの染みた ...

帰らざる日々

あの日の夢が浮かんでくるよなつかしくとも ...

加川良の手紙

拝啓 僕はとっても残念でした あの日、 ...

風邪

何もかもが なんでこんなに うっとおし ...

風のシーズン

風のシーズン 僕には四季がない 白く凪 ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

風をみたか

ぶっきらぼうに鞄に詰めた 遠い昨日と言 ...

悲しい気持ちで

待つ気になれば 明日まで待てる 悪い日 ...

悲しいのは

悲しいのは 空ではないんです 悲しいの ...

花酔曲

心のかたすみに 閉ざされてたやさしさを ...

からっ風のブルース

とてもすてきだ きみ 暗闇をさがそう ...

カンパリソーダとフライドポテト

両手には 小さな愛と こぼれない程の  ...

ガラスのワンピース

水玉ワンピース 天使を気どったあの娘の後 ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

消えていくもの

僕は角のたばこ屋サンが好きだった 大し ...

危険な関係

僕はその日 映画を観ていた そんなに素 ...

季節の花

ある日東京の 空を見上げたら ヘリコプ ...

昨日の雲じゃない

あの空に浮かぶのは 今日の雲 それは ...

気分は未亡人

ラ ララララ……………… あの人今 ...

君が先に背中を

この次のバスに 僕は乗るからね いつま ...

君が欲しいよ

まっ赤な消防自動車が 炎の夜空を駆け抜 ...

君去りし後

「好きしからざる女」だった君の 監禁さ ...

君のスピードで

こんなに人を愛せるなんて またひとつ世 ...

君の街に行くよ

淋しい風に 吹かれていたら 急に自分が ...

気持ちだよ

重たい荷物は背負ってしまえば 両手が自 ...

旧友再会フォーエバーヤング

久しぶりに逢えたのだから つもる話もか ...

今日までそして明日から

私は今日まで 生きてみました 時には誰 ...

金曜日の朝

トロリトロトロ 眼がさめる 霧もはれて ...

唇をかみしめて

ええかげんな奴じゃけ ほっといて くれ ...

暮らし

男だったんだと 女が居て気づいた 弱虫 ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

決断の時

2月の朝 降りつづいた雪も 今朝は ...

元気です

誰もこっちを向いてはくれません 一年目 ...

恋唄

あなたのくちびるの風と雨 あなたのまな ...

恋の歌

あついあつい涙が 君のほほをぬらして ...

恋はどこへ行った

風が吹いているね 懐かしい香りだ それ ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

心が届いた

あなたは今確かに振り返ったよね 何かが ...

心の破片(かけら)

鳶色の乱れた髪が 僕を今抱いてるんです ...

こっちを向いてくれ

いっしょになれないからといって 愛して ...

言葉

電話の声はささやきまじり ごめん起こし ...

この歌をある人に

白いたんぽぽの落下傘 ふーっと息を吹き ...

この風

わかっていることと わからないこと 新 ...

この国JAPAN

にぎわう都市の この正体を アダ ...

この指とまれ

この指とまれこの指とまれ 君のまわ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...

午前0時の街

そよぐ風が僕の髪を通りすぎて 街がいつ ...

淋しき街

どうしてこうなってしまったのか 心に痛 ...

サマータイム・ブルースが聴こえる

かなりやばい線に なってきた 防波堤の ...

サマーピープル

サマーピープル太陽の光は 誰にでも輝い ...

サマルカンド・ブルー

空より青い サマルカンド・ブルー そん ...

サマータイムブルースが聴こえる(セルフカバー)

かなりやばい線になってきた 防波堤の上 ...

30年前のフィクション

デジタルの文字は 砂時計より早く ...

7月26日未明

たとえそれが叶わない夢でも 自分を殺し ...

しのび逢い

本当は しのんで逢いたいと 思っている ...

少女よ、眠れ

人ごみがとぎれてる裏通りで 携帯電話を ...

暑中見舞い

こんなに遠くの海に来ています こんなに ...

白いレースの日傘

きみが波と遊んでるのを ねころびながら ...

シンシア

なつかしい人や町をたずねて 汽車を降り ...

シンシア'89

なつかしい人や 町をたずねて 汽車を降 ...

自殺の詩

歩き疲れてしまいました しゃべりつかれ ...

ジャスト・ア・RONIN

やたらと色んな奴いるさ よく見りゃ ...

僕はアナタのすべてを 命がけでも欲しい ...

純情

永遠のたずねびと それは きみだろ 追 ...

情熱

一緒に暮らそうと思ったことも あるけど ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

沈丁花の香る道

世界中であなたしか いないなんて思って ...

素敵なのは夜

僕の見立てたドレスに 着替えた君は ...

すなおになれば

笑われる程 不器用だから 涙がながれる ...

青春の詩

喫茶店に彼女とふたりで入って コーヒー ...

聖なる場所に祝福を

ああ、この至福の時が いつまで、続けば ...

制服

ラッシュ・アワーが 疲れを吐き出してる ...

清流(父へ)

あなたが 元気でいるならば 僕は正面に ...

せんこう花火

せんこう花火が ほしいんです 海へ行こ ...

センチメンタルを越えて

別れを告げる君の唇 透きとおるほど美し ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

空に満月、旅心

酒に酔うのも旅のうち 夢かうつつか幻か ...

たえこMY LOVE

たえこ MY LOVE 雨の中を 踊る ...

たえなる時に

今 君はあの人を 心から 好きですか ...

たくろうチャン

僕は遠い星の国から一人で チョイト 地 ...

黄昏に乾杯

甘い情熱、 溶かしたコーヒー 冷 ...

例えば犬の気持ちで

なにもしないと眠っても 石ころにつまず ...

たどり着いたらいつも雨降り

疲れ果てている事は 誰にも隠せはしない ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

誕生日

何回目かの記念日が 今年も明日またやっ ...

抱きたい

お前を愛しているから 一つの決心をした ...

男子の場合

どんな仲かと 聞かれれば ちょっと疲れ ...

地下鉄にのって

ねぇ君 何を話してるの だからさ 聞き ...

知識

どこへ行こうと勝手だし 何をしようと勝 ...

月夜のカヌー

話すことはいつも他愛ない 話しすぎて疲 ...

都万の秋

イカ釣り船が帰ると ちいさなおかみさんた ...

夜の帳りも 冬枯れた部屋 君はプツリと ...

ときめく時は

うつむいて 心、曇らせるきみの 横顔 ...

時は蠍のように

時はさそりのように 音もさせずに そ ...

とっぽい男のバラード

何をやってもダメなうすのろだけの男 好 ...

となりの町のお嬢さん

となりの町のお嬢さんが 僕の故郷へやっ ...

友あり

生まれた時から 旅に出る 男に生まれた ...

ともだち

やるせない 思いを胸に 友だちは 去り ...

友と呼べれば

ほんの偶然の事だけど もう君と知りあっ ...

トワイライト

僕は今 身体いっぱい 勇気を感じて 強 ...

とんと御無沙汰

慌ただしい時に追われ 孤独にさえ気付か ...

どうしてこんなに悲しいんだろう

悲しいだろう みんな同じさ 同じ夜をむ ...

長い雨の後に

もう 何も言わなくていいよ 言葉は信じ ...

渚にて

波がひいて行く 別れの時だ 君は 今日 ...

夏が見えれば

夏が見えたら 心の窓を開けて 緑 ...

夏・二人で

暑い夏の盛り場を ボクタチ うきうき歩 ...

夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

兄ちゃんが赤くなった

兄ちゃんとふたりで 歩いていたな とっ ...

虹の魚

枯れ葉ごしに山の道をたどってゆけば 水 ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

人間なんて

何かが欲しい オイラ それが何だかは ...

人間の「い」

じれったい 抱きしめたい うしろめたい ...

野良犬のブルース

暗い街角に いつもの時間に のら犬が ...

ハートブレイク・マンション

暗い近道をくぐり抜けると 翼を広げる色 ...

灰色の世界I

あしたをわすれた若い男 愛を信じぬ若い ...

二十才のワルツ

夏はこれ以上 待ってはくれない 君の返 ...

話してはいけない

他にどんな言い方も みあたらないんだ ...

花の店

なだらかな坂の途中 花の店がある 長 ...

花嫁になる君に

指がふれたら ポツンと落ちてしまった ...

ハネムーンへ

今日から君は一人じゃないんだネ そうさ ...

早送りのビデオ

水の流れを 追いかけるようにじっと 見 ...

春を待つ手紙

直子より 追いかけました あなたの ...

春を呼べII

今年の冬は何色だろう せめて君だけ 赤 ...

遥かなる

人混みの河 泳ぎ疲れて 息苦しさに空を ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

春になれば

誰からも傷つけられたくなくて ギターば ...

春の風が吹いていたら

ひとりで空を見ていたら やさしい風につ ...

春よ、こい

冬になると 旅の支度をするんだね ど ...

パラレル

車を乗り捨て 蹴飛ばすタイヤに 轢か ...

パーフェクトブルー

目覚めれば遅い朝 冷たいシャワーで二日 ...

光る石

乾かない下着まで バッグに詰め込んで ...

一つの出来事

二人だけのことだから 苦しみも受けとめ ...

ひとつまえ

したたかと言われても 心は軽かった 逃 ...

ひとり想えば

ひとり想えば 時は行く あの日確かに  ...

ひまわり

これでいっそ ついでの事に 雨のひとつ ...

漂流記

ニュースの嵐が 吹く街に 救われ ...

ひらひら

喫茶店に行けば今日もまた 見出し人間の ...

ビートルズが教えてくれた

髪と髭をのばして ボロを着ることは簡単だ ...

白夜

風が凪いだ 空に旗は 動かないし ...

ファミリー

怒れる時 あらば その怒りを いずこへ ...

フキの唄

日々の暮らしの中で ふっと息を吸い込むと ...

ふざけんなよ

信じる何かが見つかるまでは走ってみたいの ...

古いメロディー

古い メロディ こびりついて 離れない ...

ふるさと

おやじを愛し おフクロを愛し 兄 ...

ベイ・サイド・バー

夕凪の海はせつなくて 桟橋に灯りがとも ...

ペニーレインへは行かない

流れる雲の形みたいに 激しさに身を任す ...

ペニーレインでバーボンを

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

放浪の唄

君からもらった ネクタイを はずしてみ ...

星の鈴

朧月 霞を脱いだのは 君の横顔 照らす ...

星降る夜の旅人は

星降る夜の旅人は 今頃どこで眠るやら ...

歩道橋の上で

車の音があふれる街に きみのはずんだ声 ...

僕を呼び出したのは

大人になるのは 死ぬことなのと 痩せた ...

僕達はそうやって生きてきた

君は風の中に立ってる 一人で考えるとや ...

僕の唄はサヨナラだけ

君が僕をキライになったわけは 真実味が ...

僕の車

やわらかな胸で 陽が昇るまで そのくち ...

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

よかれ悪かれ言いたいことを全部言う 気 ...

僕の道

心がつらい時 僕は1人じゃない 涙が頬 ...

慕情

あなたはどうして そんなにあざやかに見え ...

僕の大好きな場所

黄色いアロハに着替えたら パイナップル ...

まァ 取り敢えず

僕は夕刊を読まない ニュースが遅過ぎる ...

マークII

さよならが言えないでどこまでも歩いたね ...

舞姫

霧けむる瓦斯灯の火が 君の瞳の涙を照ら ...

マスターの独り言

いつのまにやら 外は雨のようだ 今夜は ...

又逢おうぜ あばよ

この汗ばんだギターをおけば 最後の唄  ...

まだ見ぬ朝

いつまでも 同じ気持ちで いたいとか ...

街へ

どしゃぶりの雨の中 タクシーを降りて僕 ...

街角のタンゴ

想い出をたどるなら ワルツよりもタンゴ ...

祭りのあと

祭りのあとの 淋しさが いやでも やっ ...

まにあうかもしれない

僕は僕なりに自由に振るまってきたし 僕 ...

真夜中のタクシー

「すみません、西麻布の交差点から白金の方 ...

マラソン

子供の頃僕は 夢を見たことがあった ...

まるで大理石のように

月の灯りを 絵筆でといて 君は薄絹 ひ ...

まるで孤児のように

出会う事にも慣れて 話す事にも慣れて ...

マンボウ

いつのまにか 僕は眠りすぎて い ...

水無し川

北から吹いた風に追われて 旅立つ僕を許 ...

未来

未来 夜は君の色 未来 熱い唇よせ ...

無題

もし淋しさが インクだったら 今夜 君 ...

むなしさだけがあった

すばらしい事が待っていると みんなが言っ ...

もうすぐ帰るよ

徹夜明けのけだるさが なぜかきみを抱き ...

戻ってきた恋人

あの晩 君は裸足でやってきた 悲しそ ...

やせっぽちのブルース

風が吹いてきたよ 心の中を吹きぬけてい ...

やっと気づいて

両手で こぼれない程の 小さな 自由ら ...

憂鬱な夜の殺し方

愛されたと 何故わかる? ベッドの舟 ...

夕立ち

きみと これから暮らそうって 今 言お ...

夕映え

色とりどりに うつろいながら 時代よ ...

夕陽と少年

波のうねりを 恐れもせずに 沖に向かっ ...

雪でした あなたのあとを なんとなく  ...

夢を語るには

夢はなにかと 言われても さあね、とし ...

夢見る時を過ぎ

黄昏の空 紙飛行機が それはあなたが ...

吉田町の唄

昔 その人は 赤子を抱いて いつか 故 ...

よせばいい

しみじみとさすらう者よ ふり返ったりし ...

夜が来た

夜が見えて来た あとへは引けない夜が来 ...

落陽

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線から ...

流星2003

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ローリング30

Rolling 30 動けない花になるな ...

ロンリー・ストリート・キャフェ

ふくれっ面の 夕暮れどき またもや 俺 ...

若い人

そんなに遠い出来事じゃないさ 心から熱 ...

我が身可愛いく

誰もが好んだ 争い事を 辛抱強く 見て ...

我が家

風は緑の中で 夢をさそうが如く 川の流 ...

わけわからず

世の中これでも 少しは変っているよ 豊 ...

わしらのフォーク村

初恋の人に出会った 時のような そん ...

私は狂っている

誰かがきいた あまえは何のために生きてる ...

私は誰でしょう

楽しい顔を 続けたら 心が 泣けなくな ...

笑えさとりし人ヨ

※思いのままに ならないまでも 好きにや ...