山口百恵の歌詞一覧

A GOLD NEEDLE AND SILVER THREAD

(A gold needle and ...

AIR MAIL

手紙を書いてる ホテルの窓に 近づく夏 ...

BACK TO BACK(背中あわせ)

口紅のついたカップを あなたのシャツに ...

BLACK CAB (ロンドン・タクシー)

ロンドンタクシー GO & GO ロン ...

CHECK OUT LOVE

だって あなたは ニュース・ペイパー広 ...

COSMOS (宇宙)

愛しあうことはいつも 7つのあやまちと ...

Crazy Love

粋で悲しいクレイジーラブ 愛されていて ...

CRY FOR ME

身じろぎもせず 部屋にひとり 貴方の手 ...

DANCIN' IN THE RAIN

Danci' in the rain ...

GAME IS OVER

しあわせとふしあわせの境目が うすいド ...

GET FREE

ベネチアのガラス細工に 異国の光が漂う ...

Jigsaw Puzzle

ジグソーパズルの最後が ピタリ決った気 ...

LIVERPOOL EXPRESS

俺を信じるなと あなたは言っていたわ ...

MADE IN U.F.O.

Look at the sky baby ...

Miss Boy

ナヨナヨしてるわ Mr. boy (M ...

NAVY HILL

なつかしい風に 髪を洗わせて ひとり登 ...

OPENING (TAKE OFF)

FRY ME TO THE FANCY ...

PORTBELLOの銀時計

土曜の朝早く ひとりで歩いてる PO ...

ROCKET JACK

現在(いま)のあなたの 次の次のあなたと ...

SPACE OPERA

まわる まわる 地球がまわる まわる地 ...

This is my trial

This is my trial 濡れた ...

This is my trial -私の試練-

This is my tral 濡れた歩 ...

TIME TRAVEL

二十歳(はたち)を過ぎたら 時間が早いよ ...

WIND & WINDOW

窓開けて 風をチョット おくってよ ...

「スター誕生」AGAIN

ひとりきりだと思う? そうね 最後には ...

プレイバック Part1

あれは真夏の出来事でした 今から話すけ ...

悲しき16才 (HEARTACHES AT SWEET SIXTEEN)

一人ぼっち お部屋で 夢見るは あの人 ...

愛のTWILIGHT TIME

街にもうすぐ日暮がくるわ 薄いブルーの ...

愛がひとつあれば

ひとり位私みたいな娘(こ)が 熱い夏の ...

I CAME FROM 横須賀

横須賀から 汐入り 追浜 金沢八景 金沢 ...

哀愁のコニーアイランド

潮風に 錆びた観覧車 夕焼けが やさ ...

愛染橋

春一番が吹き荒れた後 花を敷いた路地へ ...

愛に走って

パジャマのままで走って来たの 暗闇の中 ...

愛の嵐

その人は幻 うす紅のドレス着て にっこ ...

愛の暮色

街は夕闇の中に とけて行く 人は ...

愛の行方

バスが走り出す時の 砂ぼこりの向こうに ...

青い果実

あなたが望むなら 私何をされてもいいわ ...

青い羊歯-アジアンタム-

木洩れ日 浴びた 小さな森に似た Ha ...

赤い運命

誰かが私を 呼んでいる 小さく淋しく  ...

赤い絆 (レッド・センセーション)

泣きながらラッシュ・アワーの 人ごみを ...

赤い衝撃

あなたがいる 私がいる 答は愛だけ あ ...

朝陽の庭

私はバラの小枝を抱いて この日の 来る ...

明日はいいことが・・・

電話も来ないしどうしたの あなたをこの ...

あなたへの子守唄

生れて初めて降りた街なのに 昔来たこと ...

あなたが死んだら

もしもあなたが死んだら 私はどうしよう ...

あのひと

愛されてると 感じたら 女の子だれでも ...

アポカリプス・ラブ

蒼ざめた馬を見よ それは死 ひとつの恋 ...

甘い裏切り

風に乱れた ほつれ毛に あなた指先 か ...

あまりりす

散りゆく花が きれいに咲くのは せい ...

雨に濡れた少女

雨の降る街角ひとり 歩いてる私 いつ ...

雨に願いを

雨は降り続く 水色にすべてを溶かして ...

あやつり人形館

ひっそりとした たたずまい 街から遠い ...

嵐が丘

人が忘れた草原は 風の暴れる風景画 ...

嵐の中の少女

焚火のむこうの あなたの肌は 炎の色よ ...

ありがとうあなた

私のせいなら 許してください あなたを ...

ある1ページ

いちょうの木の幹に ナイフの刃の先で ...

或る女…或る日

つかむ腕をすりぬけて 胸の内をひるがえ ...

E=MC2

あんな ねんねに 旅先でまで よろめく ...

いい日旅立ち

雪解け間近の北の空に向い 過ぎ去りし日 ...

伊豆の踊り子

通り雨往く 峠の茶屋に 晴れて道連れ  ...

いた・せくすありす

木々が緑を芽ぶくよに 胸のふくらみ ...

一恵

一期一会…いくつかの出逢いの中で それ ...

1 2/3

Telephone bell's cal ...

イノセント

嵐の前の静けさ真似て 私は独りうずくま ...

イノセント(純粋)

嵐の前の静けさ真似て 私は独りうずくま ...

いま目覚めた子供のように

いま目覚めた子供のように 裸足のまま港 ...

イミテイション・ゴールド

シャワーのあとの髪のしずくを 乾いたタ ...

イントロダクション・春

夢見る頃を いくつか過ぎて 花吹雪の下 ...

歌い継がれてゆく歌のように

ひとつの別れと ひとつの出会いは 心で ...

宇宙旅行のパンフレット

宇宙へのご旅行をおすすめします 四泊五 ...

空蝉

あのひとどこまで追いかけたって 幸せ戻 ...

海から零へ

(nothing nothing no ...

海の友達

悪いと知りながら 女の子はしてしまう ...

愁いノート

大きな運河のほとり はぐれて 羽 ...

お菓子職人

コーヒーの お砂糖抜くくせに 苺の可愛 ...

おかしな恋人

まるで妹みたいと いつもみんなに言われ ...

お元気ですか

(セリフ) しばらく会ってませんけど ...

おだやかな構図

眼鏡の奥 澄んだ眼で 活字をたどる 声 ...

落葉の里

ビルの谷間に秋風が吹き 枯葉が吹き抜け ...

お月様の下で

今夜はあなたと 大人びた 恋をしたいのよ ...

乙女座宮

私 ついてゆくわ(ほんと) とうに決め ...

乙女の祈り

恋にもえる胸の願いはひとつ 好きな人と ...

乙女は待っている

心で分かっていても 形に出来ない恋だか ...

想い出のストロベリーフィールズ

銀色のストロベリー 風に騒ぐ楡の木 ...

想い出のミラージュ

目覚める事が億劫で 浅いまどろみの中 ...

オレンジ・ブロッサム・ブルース

冬から春まで待ってます お部屋の中を ...

鏡の中のある日

目が覚めてから30分ちかく どうしても ...

賭け

水鳥がボートの横 すり抜けて お堀の水 ...

陽炎

若さが眩(まぶ)しい そう言いましたね ...

風になりたい

風になりたい 美しい風に 泣いているあ ...

片想い

電話なら言えるのに 逢うと言えない "好 ...

悲しきドラマー・マン

OH, Mr.ドラマー・マン on my ...

神様のおぼし召し

真じめな性格はあなたに似て欲しい 男の ...

感傷旅行

もう私のとるべき道は あなたの前から消 ...

感じる季節

責任があるとすれば 私が女だから お別 ...

間奏曲

幕間 舞台の袖 深呼吸 心を通さ ...

寒椿

冬木立に囲まれた 池のはたで 寒椿の花 ...

軌道修正

軌道修正しなくちゃ 軌道修正しなくちゃ ...

昨日までの顔

風が冷たく吹き抜ける 人がまばらに歩い ...

君に涙のくちづけを

まちのアカシヤ並木が 冬の身じたくはじめ ...

教室を出たら大人

喫茶店のガラス窓にうつる あなたの横顔 ...

霧雨楼

格子戸越しに ぼんやりと 頬杖ついて  ...

禁じられた遊び

恐くない 恐くない あなたとだったら ...

銀色のジプシー

こわれかけた銀色の道しるべ mu・・・・ ...

銀河カフェテラス

昼下りも星くずちりばめた カーテン 降 ...

口約束

雪の野に月の絵筆が あなたの列車を描き ...

クラブ・サンドウィッチはいかが?

クラブ・サンドウィッチと アメリカン・ ...

恋のニュース

今、知ったの 友達から 今、聞いたの ...

恋は・・・ING (進行形)

昨日のわたしなら このいちょう並木も ...

恋人ごっこ

私のことを あなたはどんな 女の子だと ...

恋は千里眼

絵葉書の 白い余白に 女の横顔描いた ...

個人授業

いけないひとねといって いつもこの頭を ...

秋桜 (コスモス)

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜りに ...

琥珀の季節

謎めいたそのひとの眼に 私には海が見え ...

木洩れ日

1枚の木の葉のそよぎに 耳をそばだてれ ...

最後の頁

慣れない煙草にむせたと 涙を胡麻化し乍 ...

ささやかな欲望

青い落葉を舞い散らして 時間通りにバス ...

さよならの季節

あのひとこの頃 何だか変わったわ 私を ...

さよならの向う側

何億光年 輝く星にも 寿命があると 教 ...

サンタマリアの熱い風

踊れサンタ・マリア 悲しみのダンス 歌 ...

幸福の実感

昨日までなら幸福と 思った事が ...

倖せのまえぶれ

風の中を あなたが近づいてくる 白い ...

叱らないでね

あなたの腕を 枕に借りて うたたねして ...

視線上のアリア

それはまるで子供達の しのび笑いのよう ...

死と詩 death and poem

訪ねる人はいつも 見つからなくて よう ...

しなやかに歌って

※しなやかに歌って 淋しい時は しなや ...

シニカル

シニカル シニカル ア、ハン ア、ハン ...

謝肉祭

愛して 愛して 祭が始まる 愛して 愛 ...

シュルード・フェロー (Shrewd Fellow)

「限りがあるから燃えてしまう」・・・fo ...

少女の誇り

責任は僕がとる ほがらかに言うあなた ...

少年の海 ―出逢い―

(あなたの日に焼けた 姿が近づいた) ...

白い約束

白く透き通る 雪が降る 音もしなやかに ...

蜃気楼

バスを降りたどり着いた 淋しげな夜の果 ...

ジェラシー

窓硝子に頬を寄せて 指のピストル狙いさ ...

自転車の上の彼

彼が走る 太陽が追いかける 彼が止まる ...

十五の頃(紅梅集)

風に舞い散る 紅梅の花 あなたは その ...

15才の恋

夕焼けまぶしい 坂道を 石蹴りしながら ...

水曜日のクオレ

ページをめくる音だけが 静かに響く図書 ...

スキャンダル-愛の日々-

窓辺の椅子のゆれごこち 古いこわれたオ ...

涼やかなひと

いつもの朝の ニュースよりも 正確にや ...

スペース・トラブル 危機一髪

私 知らなかったわ 身近なあなたが ...

清潔な恋

女の子から男の子へ 愛に対する答をあげ ...

青春の翳り

涙という名の小石を 地面に敷きつめて ...

聖少女

あげてしまうと 飽きられるから いつも ...

SEINEより愛をこめて

涙さえも流れない そんな深い悲しみが ...

惜春通り

突然に肩を抱く 彼の寒い指がわたしを包 ...

センチメンタル・ハリケーン

嵐の前の海は くもった鏡みたいね ...

絶体絶命

別れて欲しいの 彼と そんな事は出来な ...

草原の輝き

い眠りしたのね いつか 小川のせせらぎ ...

そして出逢い

ひとり泣かせて そっとしておいて ...

空はこんなに青い

人の眼も恐れずに 倖せに酔いながら 眼 ...

それでも明日が・・・・・

それでも明日が 来るんですか 知 ...

タイトスカート

気まぐれな潮風に 声をかけられた気がし ...

太陽の友達

大きなひともいいわ 小さなひともいいわ ...

たけくらべ

お歯ぐろ溝に 燈火うつる 巷は染まる ...

たそがれ祭り

足を止めないで 駆けて行きましょう 小 ...

ただよいの中で

わたしは 自由の宇宙をただよう 失われ ...

喰べられてしまった貘

まずまず初めは小さな声で アドバギ ア ...

抱きしめられて

暮れない街の壁にもたれて 音を消したT ...

誰も愛せない

人の眼を気にしたら 誰も愛せない ...

ダンシング・スターシャイン

時間を止められる 魔法の鍵 扉を開けた ...

ちっぽけな感傷

もちろん出来ないことだけど あなたを嫌 ...

中学三年生

別れの季節の 悲しみを 生まれてはじめ ...

テレパシーナ

テレパシーナ ワカリマスカ テレパシー ...

デイ・ドリーム

Day Dream ひとり酔う幻 Da ...

デイ・ドゥリーム

Day Dream ひとり酔う幻 Da ...

東京の空の下あなたは

雨に濡れる遠くの街 明かりが糸を引く ...

時の扉

時の流れの中に 避けられぬ渦がある ...

としごろ

陽に焼けた あなたの胸に 眼を閉じても ...

土曜日の楽しみ

土曜の夜が楽しみ あなたが遊びに来る夜 ...

ドライフラワー

さよならから二年目の冬は コートのえり ...

嘆きのサブウェイ

地下鉄の振動にまかせて 揺れる心 淋 ...

夏ひらく青春

ひとつ結ぶ ひとつ開く 恋という名前の ...

名前のない時間

あなたの膝を枕に借りて 赤く燃える暖炉 ...

悩み多い14才

笑うと可愛いえくぼが出来るの 私の彼は ...

猫が見ている

今夜も灰色の猫が だまって私を見ている ...

野菊の墓

私は十七 あなたは十五 姉さん気どりの ...

野薔薇

野薔薇がいくつか咲いてます ふたりが泣 ...

走れ風と共に

走れ風と共に 悲しみ捨てて 愛を胸に抱 ...

二十歳前夜

二十歳になるまでに する事が多過ぎて ...

初恋時代

赤い木の実が熟れるよに 乙女ごころが紅 ...

初恋草紙

口紅だけはさしましょう 冬の光りが集ま ...

初恋のひと

そよ風みたいにしのぶ あの人はもう 私 ...

花筆文字

墨をすって一筆に 花と一文字書いたら ...

春風のいたずら

喧嘩して 泣きながら あなたと別れて ...

春に吹かれて

新しいドレスの事 一言も聞きもしないで ...

春の奇蹟

そろそろ街に薄着が目立つ わた雲浮かぶ ...

春爛漫

手に構えた一眼レフの レンズの中あなた ...

バラの誘惑

バラの花しきつめた うす明りの部屋の中 ...

パールカラーにゆれて

街は恋するものたちの港 落葉はひき潮の ...

悲願花

気のない言葉の やりとりに そぞろ歩き ...

飛騨の吊り橋

吊り橋を誰か渡る 淋しい音が 夜をふる ...

ひといろ足りない虹のように

おさえていてください しっかり つかま ...

ひと夏の経験

あなたに女の子の一番 大切なものをあげ ...

ひとにぎりの砂

つかみかけた白い砂が わたしの指を逃げ ...

ひとふさの葡萄(ぶだう)

君は僕の肩車 転ばないでと笑い ...

ひとりぼっちのあなた

意味を教えて あなたの泪 どうぞ私の眼 ...

陽のあたるアパート

いつかは暮らすでしょう 陽のあたるアパ ...

陽のあたる坂道

陽のあたる坂道で あなたとすれ違いまし ...

秘密をもった少女

月の明りに そっとかくした わたしだけ ...

ヒ・ロ・イ・ン

いつか貴女が話してた 古い映画のひとコ ...

美・サイレント

季節が変わるたびごと 花を抱いて 娘達 ...

不死鳥伝説

めぐり逢えて良かった 今は素直に言える ...

冬の色

あなたから許された 口紅の色は からた ...

葡萄色の雨

傘をさすことも はばかるくらいに ...

ブラックボール

闇をころがす音がする 名誉毀損 でっち ...

文通

いつも書き出しで何をしてるか聞く 好き ...

プリティー・ハーロット

母に隠れて持ちだした 赤いルージュの思 ...

プレイバック Part2

緑の中を走り抜けてく真紅なポルシェ 一 ...

放課後

芝生には タ暮れ 図書館も おしまい ...

ほゝえみのむこう側

嫁ぐ日が間近になるほど あなたはきれい ...

ボーイッシュ・ベイビー

髪を切ったら ボーイッシュ・ベイビー ...

慕情

雪の似合う季節が すぐそばまで来てる ...

幕間の風景

手をとめて見れば 窓は空区切り 母の ...

まばたきの夏

確かこの辺だった あなたと来た夏の海 ...

まぶしい視線

男の人の癖なの それともわるい人なの ...

マホガニー・モーニング

はらはらと散ってゆく 花びらの下で ...

幻へようこそ

只今 ジャスミン ティータイム 薄い陶 ...

曼珠沙華

涙にならない悲しみのある事を知ったのは ...

ミス・ディオール

ミス・ディオール 香水を変えました ミ ...

湖の決心

(セリフ)運命を信じますか そしてそれに ...

水鏡

口に出してはいけない事 かくしきれずに ...

碧色の瞳

何気ない事から感じるものなのです コー ...

娘たち

どこから漂ってくるのだろう 月下美人  ...

めまいの季節

今日こそ私 勇気を出すわ 子供じゃない ...

燃える海

何も言わずに 海をみつめてた 訳もない ...

モノトーンの肖像画

正確なデッサンで 輪郭を 力強いタッチ ...

喪服さがし

スパンコールはダメだわ 光るビーズも派 ...

約束

呼びつけにしても 良いでしょうか ...

山鳩

泣かせて下さい その胸で 泪の泉も 枯 ...

闇の薫り

眠りが覚(さ)めかけたとき 薄目をあけ ...

夕暮からあなたへ

どこにいてもいい 何をしてもいい そ ...

夢先案内人

月夜の海に二人の乗ったゴンドラが 波も ...

夢のあとさき

古い時計が 夕べを告げた いつかうたた ...

夢の恋人

羽のような綺麗な指で 私を招いてる ...

横須賀サンセット・サンライズ

横須賀サンセット 横須賀サンライズ ...

横須賀ストーリー

これっきり これっきり もうこれっきりで ...

夜へ・・・

修羅 修羅 阿修羅 修羅 慕情 嫉妬 ...

ラスト・ソング

最後のライトは消さないで せめて拍手が ...

輪廻

噂は意外と本当なんです 泣かない女と言 ...

ロックンロール・ウィドウ

もてたいための ロックンローラー あな ...

私を選んで

あなたをほかの子に とられたくないの ...

わたしの彼は左きき

小さく投げキッス する時もする時も こ ...

わたしの悩み誰も知らない

泪は友達なの 私の相談相手 あなたは知 ...