宮城まり子の歌詞一覧

【冬】雪田村字六角(ゆきだむらあざろっかく)

もみじの山のかなた こがらしの国こえて ...

【春】花はなぜ咲くの

小さい子どもが笑うとき レンゲの花が開き ...

愛の讃歌

あなたの燃える手で あたしを抱きしめて ...

愛のハーモニー

空に向かい叫んでみたら こだまになっても ...

明日にそなえん

からたちは若芽 緑にいとし子の 顔も明る ...

あなた本当に凄いわね

甘い言葉を かけられりゃ 弱い女の こ ...

アラビヤ新婚旅行

アブダラ ブララ アブダララ アラビヤ ...

五木の子守唄

おどま 盆ぎり 盆ぎり 盆から先ゃ お ...

美しいものは

ララララ……… 山を見ていると 家も車 ...

ウバ・ウバ・ウキャキャ

ウバウバウキャキャ チラチラオポッポ ...

海辺のチャチャチャ

雲映える海のかなた 想い出の船は行く ...

おてもやん

おてもやん あんたこの頃 嫁入りしたで ...

おとなの別れ

ぼくはたずねる ――どうして母さん泣い ...

お祭りシャンソン

(ワッショイ ワッショイ ワッショイ ...

おやすみ

いまごろ どうしてるの 気にかかる き ...

母ちゃんの手

母ちゃんの手は ざらざらした手 指の節 ...

悲しみよさようなら

Tristesse adieu tris ...

かまくら

「私が町を歩いてると、小っちゃな子どもた ...

神様がボク達を

神様がボク達を つくったとしたら なん ...

枯葉

(台詞) 思い出しておくれ たまに思い ...

可愛い港の花売娘

白いお船が 汽笛を鳴らし 今日も来る来 ...

ガード下の靴みがき

紅い夕陽が ガードを染めて ビルの向う ...

ガッチリ・ローラ

いつもローラは 欲しい あなたの身も心 ...

気ままなくらし

さびしい時は 青空見よう 泣きたい時も ...

銀座0番地

私に逢いたきゃ いらっしゃい ところは ...

黒いオルフェ

夢覚めて仰ぐ この朝の光 バラ色した花 ...

恋は陽気にスィングで

恋は陽気にスィングで ねらって打ちまし ...

幸福を売る男

心に歌を投げかけ歩く 私は街の幸せ売りよ ...

さくらマンボ

花より団子が よいけれど 丸い団子にゃ ...

淋しい山猫

オレはロンサムボーイ キャット 胸の中 ...

さよならを売る男

歌を忘れた女の子 月夜の裏町ただひとり ...

さんさん・ソング

さんさんさん さんさんさん… 山の ...

サーカス悲しや

破れジンタも 悲しいじゃないか わたし ...

白い想い出

雪が降ってきた ほんの少しだけど 私の ...

ジェルソミナ

おおジェルソミナ 哀れな子 笑うておや ...

じゃがたらマンボ

じゃがたらマンボは よかマンボ そろっ ...

ジャワの焼鳥売り

サテ カビンカビン サテ カビンカビン ...

十二月のあいつ

君遠く去れば 遠く 遠く 去れば 君の ...

スチール・ギター・マンボ

白い花びら ほろほろと こぼれる夜の ...

そして今は

すべての喜びを あなたは持ち去って 私 ...

太鼓たたいて

破れ太鼓で お客をよんで 旅から旅へ ...

誕生の唄

私の生まれは東京の蒲田 煙突の煙がまっ ...

チンチロリン・サンバ

ザークザクの ボーリボリ チンチロリン ...

天使がとおる

わざと 知らんぷりして 横向く意地悪 ...

てんてん娘

てんてん天気は日本晴れ あの山越えて里 ...

トゥナイト

トゥナイト トゥナイト 今宵愛は わが ...

東京シンデレラ

燃える瞳に 青空うつし 夢を見ていりゃ ...

東京ジャニー

並木の夜霧に 銀座は更けて 忘れられな ...

東京チャップリン

縞のズボンに ステッキついた 影が侘び ...

東京やんちゃ娘

東京やんちゃ娘 おしゃれでおきゃんで ...

遠くへ行きたい

知らない町を 歩いてみたい どこか遠く ...

毒消しゃいらんかネ

(セリフ)毒けしゃ いらんかネ わ ...

ドレミの唄

さぁさぁ おうたの稽古 並んで下さい ...

泥の中のルビーのテーマA

私のうちは泥の中 悲しい心に夜が明けた ...

泥の中のルビーのテーマB

小さな島を 二人で買って 大きなのぞみ ...

どんどん節

駕籠で行くのは お軽じゃないか 私ゃ ...

納豆うりの唄

暁(あけ)の明星が うるんで消えりゃ ...

なやましブギ

うちの親父は がんこな親父 だけど昔は ...

にげたおやつ

おやつが ポロンと 逃げちゃった チョ ...

ねむの木の詩(うた)<テントウ虫のテーマ>

ラララ ララ ララ ラララ… 「あ ...

初恋の頃なれば

二階の窓に 寄り添って カーテン越しに ...

人知れずこそ

人知れず 君の名を呼ぶ 泉のほとり ...

人の気も知らないで

人の気も知らないで おんな泣かせ すが ...

ピーナツ小僧

親に貰った 名前はあるが それはどうや ...

富士は神様

「母が亡くなってから悲しいこともありまし ...

ふとんのお国

あったかい気持ちで 目がさめた ベッド ...

冬将軍

粉雪 村に降りつもる 今年も長い 冬が ...

へのへのもへじ

お風呂場の ガラス戸に へのへのもへじ ...

星よふたたび

星は夜ごとに 輝けど 君の瞳は なぜう ...

僕のシェーン

お前も僕も ひとりぽっちよ だけど仲良 ...

僕はバイトの大学生

「今日はァ 僕、あの、アルバイトの 大 ...

ボロちゃん物語

家の横丁で 間借りをしてた サラリーマ ...

ママ! ひみつだよ

目をつぶれ だまれ シッ!ついて来い こ ...

まりちゃんの子守唄

泣くんじゃねえよ 泣くんじゃねえよ ぼ ...

三瀬谷の子守唄

キリキリ タンタン お眠り坊や おねん ...

めもわーる

ある日 思い出は 窓にたたずみ はるか ...

メリーのパパは何処の人

青い瞳が泣いている メリーのパパは何処 ...

奴さん

ハア コリャコリャ エー 奴さん どち ...

夕刊小僧

(セリフ)ゆうかーん! おじさん 夕刊 ...

夢をみたの

夢をみたの ゆうべね 砂丘はどこまで ...

夜明け

セタロバ セタロバ 罪人を眠りから覚ま ...

夜汽車の窓で

青いシグナル 狭霧に濡れて 遠く去り行 ...

夜店の花火

「ぎゅうぎゅうと鳴るランドセル 大っき ...

りんご・マンボ

リンゴ 色づく 祭りの頃は 可愛いあの ...

ルナ・ロッサ

眠る街の小窓から 心こめて祈る月 ただ ...

レモンとドロップ

レモンのタネを(レモン・レモン) うえ ...

ロッキーの呼び声

馬車にゆられて ロッキー越える 私ゃ ...

六軒長屋の歌

露晴れの空だよ 物干竿がにぎやかだよ ...

別れのテープ

別れ切ない テープも切れて 銅鑼が鳴る ...

私を呼ぶのは誰

風の中から 私を呼ぶのは誰 池のほとり ...

わたしのパパはペット吹き

わたしのパパはペット吹き だから私も ...