フランク永井の歌詞一覧

16トン

エーン、ヤッサノサ エンヤサ 俺らの荷 ...

MY HEART BELONGS TO YOU

いずこの地に 君とはなれて いようとも ...

WOMAN

気取ったポーズで 微笑み投げておくれ ...

逢いたくて

淋しくて 淋しくて 雨も泣くのさ 逢 ...

アイ・ドント・ノウ・ホワイ

I don't know why I l ...

青葉城恋唄

広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬 ...

赤坂の夜は更けて

いまごろ どうして いるのかしら せ ...

アカシアの雨がやむとき

アカシアの雨にうたれて このまま死んで ...

明るい表通りで

Grab your coat and g ...

雨がやんだら

雨がやんだら お別れなのね 二人の思い ...

ある愛の詩

Where do I begin To ...

アンサー・ミー・マイ・ラブ

Answer me, oh, my lo ...

いい日旅立ち

雪解け真近の北の空に向い 過ぎ去りし日 ...

伊勢佐木町ブルース

あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に ...

いそしぎ

The shadow of your s ...

潮来笠

潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 薄情そ ...

上を向いて歩こう

上を向いて 歩こう 涙が こぼれないよ ...

嘘は罪

Be sure it's true wh ...

ウナ・セラ・ディ東京

哀しいことも ないのに なぜか 涙がに ...

大阪ぐらし

赤い夕映え 通天閣も 染めて燃えてる ...

大阪ろまん

泣かへんおひとが しのび泣く 濡れてや ...

おまえに

そばにいてくれる だけでいい 黙ってい ...

追憶の女

花が散る おもいでの 青い小窓に 花が ...

俺は淋しいんだ

赤い灯 青い灯 ともる街角に あの娘を ...

女のみち

私がささげた その人に あなただけよと ...

オール・オブ・ミー

All of me, why not t ...

カスバの女

涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴり ...

カチューシャの唄

カチューシャかわいや わかれのつらさ ...

加茂川ブルース

情ながした加茂川に とけた淡雪はかなく ...

枯葉

梢に 音もなく 震える心よ 遥かな夏の ...

北国の春

白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北 ...

君恋し

宵闇せまれば 悩みは涯なし みだるる心 ...

君こそわが命

あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れ ...

今日でお別れ

今日でお別れね もう逢えない 涙を見せ ...

京都慕情

あの人の姿懐しい 黄昏の 河原町 恋 ...

霧子のタンゴ

好きだから とても とても とても 好 ...

くちなしの花

いまでは指輪も まわるほど やせてやつ ...

恋心

恋は不思議よ 消えたはずの 灰の中から ...

こいさんのラブ・コール

なんで泣きはる 泣いてはる 思いでの  ...

恋の気分で

I'm in the mood for ...

夜のストレンジャー

Stranger in the nigh ...

恋人と呼ばせて

Let me call you“Swee ...

恋人よ我に帰れ

The sky was blue and ...

公園の手品師

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老い ...

国道18号線

あの日逢わなきゃ逢いさえしなきゃ 俺に ...

国境の南

South of the border ...

酒場にて

好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家にひ ...

酒と泪と男と女

忘れてしまいたい事や どうしようもない ...

酒とバラの日々

The days of wine and ...

サン・トワ・マミー

君の愛が あとかたもなく 暗い闇に 消 ...

昭和ブルース

うまれた時が悪いのか それとも俺が悪い ...

知床旅情

知床の岬に はまなすの咲くころ 思い出 ...

好き好き好き

好き 好き好き 霧の都 東京 好き 好 ...

すきま風

人を愛して 人はこころひらき 傷ついて ...

セプテンバー・ソング

Oh, it's a long, lon ...

センチメンタル・ジャーニー

Gonna take a sentime ...

そっとおやすみ

化粧の後の かがみの前で いつも貴方の ...

誰もいない海

今はもう秋 誰もいない海 知らん顔して ...

小さな喫茶店

それは去年のことだった 星のきれいな宵 ...

妻を恋うる唄

いつでも荒れた 手をしていたね エプロ ...

冷いキッス

冷たいキッス 冷たいキッス 遠い国 ...

テイクマイハート

Take my heart it's y ...

テネシー・ワルツ

I was dancin' with m ...

テンダリー

The evening breeze c ...

トゥー・ヤング

They try to tell us ...

東京カチート

東京カチート カチート・カチート ...

東京午前三時

真っ紅なドレスが よく似合う あの娘想 ...

東京しぐれ

東京しぐれか 泣かせの雨か こんなに濡 ...

東京ブルース

泣いた女が バカなのか だました男が  ...

ドリーム

Dream when you're fe ...

長崎は今日も雨だった

あなたひとりに かけた恋 愛の言葉を  ...

なみだの操

あなたのために 守り通した女の操 今さ ...

西銀座駅前

ABC・XYZ これは俺らの 口癖さ ...

函館の女

はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を  ...

函館の女(ひと)

はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を ...

初恋の詩

恋しちゃいけない さだめなら 何で咲い ...

羽田発7時50分

星も見えない空 淋しく眺め 待っていた ...

ハーバー・ライツ

I saw the harbor lig ...

場末のペット吹き

雨が降るから ただなんとなく ちょっと ...

ばら色の人生

ラララ… いつも二人で 二人っきり ...

ばらの刺青

He wore the rose tat ...

パリの空の下セーヌは流れる

パリの空晴れわたりて ウーウー リラの ...

氷雨

飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らな ...

悲恋のワルツ

悲しい恋のワルツ 去りにし愛の ...

ビコーズ・オブ・ユー

Because of you there ...

ファイブ・ミニッツ・モア

Give me five minutes ...

二人でお茶を

Picture you upon my ...

冬子という女

冬子は冬子は 昔を言わない こころの奥 ...

ブランデーグラス

これでおよしよ そんなに強くないのに ...

プリテンド

Pretend you're happy ...

ヘッドライト

北へ走ろう お前と二人 北は雪どけごろ ...

抱擁

頬をよせあった あなたのにおいが 私の ...

星影の小径

静かに 静かに 手をとり 手をとり ...

慕情

Love is a many splen ...

街角のギター

淋しや 町の夜は更けて 何をささやく ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん 夜の星を 小さな星の  ...

みちづれ

水にただよう 浮草に おなじさだめと  ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざか ...

昔の名前で出ています

京都にいるときゃ 忍と呼ばれたの 神戸 ...

ムーラン・ルージュの歌

Whenever we kiss, I ...

ムーン・リバー

Moon river, wider th ...

もしもピアノが弾けたなら

もしも ピアノが弾けたなら 思いのすべ ...

夕日に赤い帆

Red sails in the sun ...

有楽町で逢いましょう

あなたを待てば 雨が降る 濡れて来ぬか ...

ユー・ビロング・トゥ・ミー

See the pyramids aro ...

夜霧に消えたチャコ

俺のこころを 知りながら なんでだまっ ...

夜霧の第二国道

つらい恋なら ネオンの海へ 捨ててきた ...

夜霧よ今夜も有難う

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知ってい ...

よこはま・たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 く ...

ラブ

あなたの肌に あまえて眠る 静かな夜よ ...

ラブユー東京

七色の虹が 消えてしまったの シャボン ...

ラブ・レター

ほのかに暗い 紫シェード むなしく夜は ...

ラ・メール

ラ・メール たそがれ ただ二人 渚を ...

ラモーナ

Ramona, I hear the m ...

ルイという女

街に一軒 小さな酒場 ルイと呼ばれる ...

恋夜(れんや)

(セリフ)小さな酒場の帰りだった。 い ...

別れの朝

別れの朝 ふたりは さめた紅茶 のみほ ...

ワンス・イン・ナ・ホワイル

Once in a while will ...

ヴァイヤ・コン・ディオス

Now the hacienda's d ...