沢田研二の歌詞一覧

1989

対立の壁 砕けて 審判の鐘が鳴った ...

30th Anniversary Club Soda

終わらぬショウへ さあようこそ ...

A WONDERFUL TIME

青い海に揺れる あの女のほほえみ ...

AMAPOLA

AMAPOLA my pretty li ...

AZAYAKANI

ずっとずうっと 君の変わらぬ愛に生きた ...

a・b・c.....i love you

順番ならやってみよう 高い気持ちに ...

Come On!! Come On!!

これ以上 黙ってはいられない こ ...

Courage

君と一緒に過ごすことを 神様に感謝した ...

DAYS

Without your love ...

DON'T SAY IT

女神だと思い込んでた おまえが この頃 ...

DOWN

ひたいにグラスをあてながら 無邪気に笑っ ...

ESPRESSO CAPPUCCINO

それでも君は cappuccino飲む ...

everyday Joe

そりゃもう あれこれ いい加減 切羽 ...

FOXY FOX

OH! OH! OH! You just ...

Good good day

生きる気持ちが沸き上がったら 苦い薬も ...

greenboy

道理外れた大人ほど 哀れを感じるものは ...

HELLO

Hello Hello Hello H ...

MEMORIES

Starlight that shone ...

MOON NOUVEAU

宵の明星煌めいて ビロードの夜が降りて ...

muda

愛して欲しけりゃ 飾りははずせよ 天 ...

New Song

波がきて 君のひざを洗ってる 風 ...

News

俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜 ...

PAPER DREAM

You're so dry, baby ...

PEARL HARBOR LOVE STORY

エメラルドの海に 砕かれた二人の ...

PLANET

直角にレイアウトされた テキサス・ハイ ...

Pray~神の与え賜いし

神の与え賜いし 苦難ならば 不公 ...

RED SUMMER

Red Summer 熱い光のしぶきを ...

SAYONARA

サヨナラを 御影のテーブルに ふ ...

Silence Love

映画のように ボクが死んでも そ ...

STEPPIN' STONES

めざす道にかすか見える光 虹色 夜の奥 ...

Stranger

うつり行く季節 身にしみ 愛し合う ...

Tell Me...blue

「愛している」 それだけさ ooh b ...

TOKIO

空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ星にな ...

un democratic love

もしかしたら君は 本当の愛 知らない ...

WE BEGAN TO START

夜明けの街がまぶしくて 帰り道が遠い ...

WHY OH WHY

夏の夜に 恋のストロボ たいてみせた ...

ZA ZA ZA

ZA ZA ZA キスして そこから先 ...

ZOKKON

寒いくらいに エアコンきかして ...

「C」

君をいつも欲してる 君をいつも崇めてる ...

愛だけが世界基準

hey またとない自由だい hey s ...

愛の逃亡者

This story is of my ...

愛まで待てない

ペースをくるわす その声がいけない ...

愛は痛い

逢いたくて 触れたくて 胸でいつも痛かっ ...

明日は晴れる

ああ 青空が ああ 滲んでる あ ...

A・C・B

「A C B」と言う 宝物さ 60年代の ...

あなたへの愛

あなたが 言い出せば悲しく聞こえる 星 ...

あなたを想う以外には

流しつづける 車の外も黄昏て 青 ...

あなただけでいい

あなただけでいい 何もなくていい どこ ...

あなたでよかった

ひたいを押しつける 上着に染みついた ...

あなたに今夜はワインをふりかけ

あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで ...

あの娘に御用心

※顔を見ちゃだめさ 視線をあわせないよ ...

あの日は雨

空の椅子に 話かける君は あきらめたよ ...

甘い印象

指に触れた葡萄は まだ固さが残って ...

アルシオネ

瞳を閉じた 寒風の空 その星はある ひ ...

あんじょうやりや

ライトも点けんと 何してたん ベッドサ ...

いい風よ吹け

いい風よ吹け 眠りに誘い 君を汗ばませ ...

生きてる実感

君にどうしようもない 嘘をついては ...

一枚の写真

一枚の写真だった あれは何年前だろう ...

いつか君は

月明り こぼれてさざ波 君の寝顔に ...

糸車のレチタティーボ

糸車廻れ カラコロ廻れ 青空 ...

いとしいひとがいる

癒せぬ痛みで背を向けた あの日もこんな ...

愛しい勇気

誰かを愛す度 かき乱されながら ...

いとしの惑星

ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をして ...

インチキ小町

ドアを蹴立てて ナナメに振り向き 君は ...

ウィンクでさようなら

あなたの写真を裏返し 別の誰かと 部屋 ...

海に還るべき・だろう

月に行くなんて とても行けない すごい ...

麗しき裏切り

ある夜の偶然 始まりはなりゆき 会うた ...

噂のモニター

俺の体を 切り刻む 噂 熱い体を 切り ...

エンジェル

天気予報はずれ 突然 雨 今日も 日が悪 ...

OH! ギャル

OHギャル ギャル ギャル… OHギャ ...

お気楽が極楽

イカシタ 話し ほんと ないね こんな ...

お嬢さんお手上げだ

寝苦しい夏の夜の ブルーの闇に ...

おまえがパラダイス

淡い黄昏 なだらかな丘 カーブを描いて ...

おまえにチェック・イン

おまえの部屋にチェックインしたロンリーナ ...

思いきり気障な人生

たとえひとの目に愚かに見えても 思いき ...

想い出のアニー・ローリー

OH! BABY, BABY, BABY ...

終わりの始まり

僕の外側で 僕を守るもの バランスと知 ...

女びいき

Hi! どうしてる会わないね So ...

確信

金色の夕暮れに 今をただ歩いてく ...

カサブランカ ダンディ

ききわけのない女の頬を ひとつふたつ ...

風にそよいで

風にそよいで 君の憂いは深いよ ...

勝手にしやがれ

壁ぎわに寝がえりうって 背中できいてい ...

危険なふたり

※今日までふたりは恋という名の 旅をし ...

キスまでが遠い

可愛いって思う‥ 抱き締めたいけど ...

奇跡

勇気のいることに 近づかない僕が 君に ...

耒タルベキ素敵

ほら 見えないけど ほら 感じるだろう ...

君をのせて

風に向いながら皮の靴をはいて 肩と肩を ...

君がいる窓

君あてのハガキが 朝陽の中舞い込む ...

君が泣くのを見た

一緒にいたいから 毎日 約束して 二時 ...

君にだけの感情(第六感)

どんな事をしても君が 欲しいそうさそうだ ...

君のキレイのために

Tu Tu……you are so fa ...

君の憂鬱さえも愛してる

テラスで枯れてた ダリアの蕾を 細い ...

きめてやる今夜

いいから聞きなよ 今夜はお前の為に イ ...

キューバな女

その胸でチーク酔わせて 今夜はあなた次第 ...

きわどい季節

遊びつかれたら この胸に来て 少し懐か ...

グッバイ・マリア

少し栗色にそまった 長い髪の毛をなびか ...

グランドクロス

稲妻が幾度も光って すぐに夕立 ...

恋がしたいな

ここんとこ 僕の辞書に 「事件」という ...

恋なんて呼ばない

金星とタワーライト 交じる黄昏の時刻 ...

恋のバッドチューニング

※Bad Bad Bad Tuning ...

恋は邪魔もの

何も知らない お前に 優しくされて 見 ...

孤高のピアニスト

くもりないプレイは 心を映し出すよ 君 ...

心の宇宙

あの時 確かに彼等は降り立ち 隣星に足 ...

言葉にできない僕の気持ち

吐息の落書き 遠巻きな瞳 とりとめのな ...

鼓動

君 それはあいまいな 夢 遠い日々たち ...

子猫ちゃん

キスをしようとして 肩を抱くたび パ ...

この空を見てたら

目も眩む海原 ギラギラ 底ぬけの青空 ...

コバルトの季節の中で

髪形が かわりましたね 秋風に よく似 ...

懲りないスクリプト

プラチナの月の夜だから 思い過しじゃ ...

再会

あなたが背負った 不幸の重さは どんな ...

酒場でDABADA

酒場を探して見えない時は近くの墓場を探し ...

坂道

あの時君とさよならを 言わなくてよかっ ...

サムライ

※片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 ...

さよならをいう気もない

ハイヒールのかかとが 折れて歩けない ...

さよならを待たせて

何も持たないで 生まれてきたのに ...

シャワー

Baby, Can't you see ...

勝利者

Applause 歓声に 勝ち誇るあい ...

シルクの夜

とぎれた靴の音 痛むよ この胸 ...

白い部屋

朝の光りにひとりめざめて なにげなしに ...

死んでもいい

抱きしめたい あなたのこと こわれるほ ...

ストリッパー

ヒールを脱ぎ捨てルージュを脱ぎ捨て す ...

素肌に星を散りばめて

素肌に星 散りばめて ステキな夜に ...

スピリット

もう一度ふり向けよ ジョージ 無 ...

SPLEEN~六月の風にゆれて~

君をみつけたのは そうさ 僕の方 黒 ...

世紀の片恋

聞いておくれよ またフラレたよ俺ら つ ...

背中まで45分

出逢いの場所はホテルのロビー 目と目が ...

せめてSLOW KISS

だからそのままで わけを聞かず ...

ゼロになれ

もう眠りなよ もう全て忘れて ねえ思い ...

そのキスが欲しい

そのキスが欲しい 花束に囲まれ 遊び ...

そばにいたい

Please, Please, そばに ...

大切な普通

ツナガル ツムグ ツチカウ ツクス ...

太陽のひとりごと

太陽だけが 君を裸にする 僕の海 ...

立ちどまるな ふりむくな

立ちどまるなふりむくあなた ちぎれた糸 ...

探偵 (哀しきチェイサー)

ウィスキー ソーダーで割って オフィ ...

ダーリング

ここへすわってくれ 足を組んでくれ 黄 ...

ダメ

会いたくて 電話して 呼び出して ...

違いのわかる男

依存と共存の違い 反省と後悔の違い ...

追憶

小雨降れば ひとり待つニーナ なにも聞 ...

月明かりなら眩しすぎない

眠れぬ夢の中に 波の音が聞こえる ...

月からの秋波

静かにしないでお願いだ 沈黙は語る御機嫌 ...

月のギター

背中あわせで 弾いてるアコースティック ...

月の刃

星のボタンをはずせば そこにはただ無限 ...

次のデート

赤いルージュに 誘われるままに ...

つづくシアワセ

つづく幸せ 平和な時を 許し合えるなら ...

ティキティキ物語

いつになっても 止まんない だらしがな ...

テーブル4の女

エプロン姿が 立ちどまり 何しますかと ...

テレフォン

お前の電話と知ってたさ ベルが鳴るたび ...

デモンストレーション Air Line

デモンストレーション Air Line ...

等圧線

低気圧 居座ってる 息の根の 止まった ...

遠い夜明け

痛いくらいのまなざし 注がれていたあの頃 ...

時の過ぎゆくままに

あなたはすっかり疲れてしまい 生きてる ...

永遠に

君どこか遠くへ ただ二人だけで でかけ ...

泥棒

夜も 朝も 昼間もなく 捜し続ける お ...

どん底

やけっぱちな結末さ 黙りこくって 今夜 ...

ナイフをとれよ

レモンをしぼり テキーラを飲め さあ酔っ ...

渚のラブレター

最後の夜だから 少し歩こう 人影まばら ...

嘆きの天使

ねえ 花に囲まれて いつ また目覚める ...

夏の陽炎

ぼくの眼をごらんよ 燃えているだろう ...

涙色の空

涙色の空が公園の砂ぬらし 金色の光が ...

涙と微笑み

君がこんな 大変な時に 僕は仕事な ...

ナンセンス

悪いけど 悪いけど だめだよ そんな気 ...

憎みきれないろくでなし

昨日は昨日で どこかで浮かれて 過ごし ...

ねじれた祈り

ありふれた孤独と ありきたりの現実 呪 ...

眠れ巴里

赤いリラの花 舗道に散らして ラ ...

ノンポリシー

ビルの屋上 見えるHIWAY 白いテー ...

ハートの青さなら 空にさえ負けない

Love you いつまでも 冷めない ...

灰とダイヤモンド

喋るな憂いが薄れてゆく 動くな艶が失せて ...

8月のリグレット

あきらめに溺れていた 無口な日々さ 冷 ...

ハッピー・レディー

緑の芝生に マットを敷きつめ あ ...

晴れのち BLUE BOY

青いシーツのジャングルで 後ずさりしす ...

般若湯

般若湯に酔いつぶれ 千鳥の足が とん ...

バイバイジェラシー

KISSぐらいはしたけど ほんのはずみ ...

バタフライ・ムーン

風に揺れる赤いスカーフ 男達が取り巻く ...

バラード491

揺れる木立 日曜日 君とまどろんでる ...

パフューム

帰る支度の あなたの前の 黒いドア ...

巴里にひとり

あなたをなぜ残し ここへ来たのだろう ...

100倍の愛しさ

善意だろうと悟っても 僕は傷ついてしま ...

不安にさせよう

週刊誌に 適齢期に 君は 見張られてる ...

不死鳥の調べ

嘆きのボレロ奏でる 黄色い砂の嵐が ...

無事でありますよう

当たり前じゃないことが 当たり前に思え ...

ブルーバードブルーバード

ブルーバード ブルーバード 夢に見た ...

ベンチャー・サーフ

流行りすたる 時代変わる 世代感じる ...

ホームページLOVE

君が誰かと 抱き合って笑ってる 窓を見 ...

忘却の天才

教えて Please 誰だっけかな ね ...

僕がせめぎあう

冷蔵庫の隙間から 青く漏れる光と 止 ...

僕の空 (by TEA FOR THREE)

僕の空を飛ぶ あの人は みえない世界へ ...

凡庸がいいな

便利な世の中で 逆に大慌て 情報は迷 ...

ポラロイドGIRL

色が浮かびあがる 一瞬 誘惑のリプレイ ...

マッサラ

ずっとずっとで一緒だね 此処まで来りゃ ...

摩天楼 Many Years Ago

女の胸は 傷ついた男の 眠る場所ではな ...

真夏・白昼夢

そんな 震えた声して どうした 怒ってい ...

ママ……

ママ…… ぼくの膝(ひざ)に残るあとは ...

護り給え

あなたの足に くちづけて 泥を我が身を ...

マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!

情事は非常時 勲章は致命傷 アテがはず ...

魅せられた夜

濡れた夜に抱かれて あなたの体は 月の ...

魅せられた夜(MAIS DANS LA LUMIERE)

濡れた夜に抱かれて あなたの体は 月 ...

蜜月

何処へ出かけるにも 最初は少し照れたけど ...

緑色の部屋

何を 話せばいいんだろう カーテン ...

ミネラル・ランチ

また君きれいになった 陽の光連れてきて ...

ミラーボール・ドリーマー

恋に破れた男のStory ずれた気持は ...

むくわれない水曜日

バスタブに頭を つっ込んで 鳴り続く ...

無邪気な酔っぱらい

無邪気な酔っぱらい いい訳ないじゃない ...

胸いっぱいの悲しみ

これでもう 逢えないと あなたの瞳に ...

猛毒の蜜

乾いたネオン光る 夜と朝 消えた街 国 ...

ヤマトより愛をこめて

その人のやさしさが 花にまさるなら そ ...

夢を語れる相手がいれば

ざわめきのあとの静かさがきらいで にぎ ...

夢見る時間が過ぎたら

錆びれたHOTELの窓辺 あいつがやっ ...

許されない愛

忘れられないけど 忘れようあなたを め ...

夜明けに溶けても

僕のジャケットの襟を そっと直してくれ ...

夜明け前のセレナーデ

眠れない夜の終りに 僕はいつでも思うよ ...

酔いどれ関係

象牙のパイプを くわえてみせて ...

LOVE(抱きしめたい)

抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめた ...

ラム酒入りのオレンジ

オレンジみたいなひとと思って 唇ふれてみ ...

リアリズム

カモフラの雑踏 あまりに若すぎる街 見 ...

ルナ

Ah 月のしかけた幻さ ひきあう力 ...

麗人

結婚という言葉はタブーにしよう 小さな ...

6番目のユ・ウ・ウ・ツ

泣きたい時にはいつも マドンナのほほえ ...

ロンリーウルフ

愚かな女は 時にはかわいい 愚かな男は ...

渡り鳥、はぐれ鳥

港町 おいら渡り鳥 口笛であのドアを叩 ...