GARNET CROWの歌詞一覧

A crown

昨日の雨はもういないよ だけど僕は忘れ ...

Anywhere

灰色(gray)の道を巡らせた街 どこ ...

Argentina

騒音 纏わりついて 肝心 な声は消え ...

As the Dew

生憎の雨だけど予定通り出かけましょう ...

blue bird

※ねぇ 忘れないでね blue bird ...

Blue Regret

六月ブルーのグラデーション 紫陽花と淡 ...

call my name

白い壁と Rembrandt いつまで ...

CANDY POP

ねぇ 地球の果ては何処なんでしょう 君 ...

Circle Days

君がまだ もてあます程の願い みれるなら ...

Clockwork

頭上高くスパイダー 仕留められたのは ...

closer

君がやさしく見守ってくれている 感じてい ...

Cried a little

弱い日差しが揺れるテーブルの上 開いた ...

Crier Girl&Crier Boy ~ice cold sky~

気づけば温もり求めて心が彷徨うことない? ...

Doing all right

Doing all right! ...

doubt

雨はやみかけて また その威力みせつけた ...

dreaming of love

ため息ひとつ落ちた週末の どうしようも ...

Elysium

改札を抜けた後 見上げた空 やけに遠い ...

Endless Desire

そんなに移り気じゃヤダ 正直って便利な ...

Fall in Life ~Hallelujah~

暮れゆく空おセンチな気分 海辺のDri ...

fill away

ただ一枚の紙切れ 人の手にたおられて ...

Float World

衝動に任して 全部終わりにしたくなる時な ...

Flower

変わり映えのしない街の中 相変わらずな ...

flying

季節はずれの beach side 夜 ...

For South

その日いつも通り夜は明け まばらな人足 ...

Go For It

明日(あす)を憂う 心いらない 野生の ...

HAPPY DAYS?

close island 素早く暮れる ...

Happy swallow

夏の間中恋をした後 辿り着いた町は雨模様 ...

Hello Sadness

離陸間近の午前1時5分 空を見上げていた ...

His Voyage

恋華やぐ夜半に聴いた異国の地に焦がれ ...

Holding you,and swinging

街の音 人の声 ざわめき やけに今 躰 ...

Holy ground

君のいない未来が ただ大きな闇にみえ ...

I can't take...

雷鳴に震える空 反射してるビルの窓 ...

in little time

十二月にしては暖かいこんな夜は 思いつ ...

Jewel Fish

走り出したら通り雨 もう一休みしてる ...

JUDY

失ってしまったものに出会うという 何処 ...

JUDY~English ver.~

Mystery, I can see i ...

la-la-la それから 1・2・3

風切る音ヒュルル 冷えた手をギュッと ...

Last love song

午後になると西陽が射す 部屋の片隅のソ ...

Life goes on!

早朝六時のコーヒータイム 五分ですます ...

live

shine 裸足で走る君の背中と 青 ...

live~When You Are Near!~

shine 裸足で走る君の背中と 青 ...

lose feeling

君のいない明日へ向かう日々なら す ...

Love is a Bird

夕暮れとこの街の匂い 染みついた諦めと ...

Love Lone Star

日が暮れるのを待てずに僕ら しけた花火 ...

Maizy

唐突に目覚めた夏の夜 甘い夢みてた あ ...

Marionette Fantasia

薄明かりを灯して 冷たい壁に 頬寄せ ...

Misty Mystery

why 見えぬ明日へと 期待込め歩いて ...

Mr.Holiday

軽いbrown wave 逆風に向い 朝 ...

Naked Story

Naked story yeah- 無 ...

nonsense

来週になったって 数年が経ったってね ...

Nora

夕焼け小焼け 雨が上がるよ 夕食の匂い ...

Nostalgia

ざわめき Cry 大空へ飛び立つように時 ...

ON THE WAY

千一夜も続く物語 君 を想い創り続け ...

Only Stay

第六感もうフルに回転して 始まった投げ ...

over blow

coffee 両手に 握りしめて 刻( ...

Over Drive

風の音だけが 体中を包む サイレント ...

P.S GIRL

仮面をつけたジェラシー 煽る月夜のカー ...

picture of world

ずっと みてたんだ一枚のポスター 壁の ...

Please,forgive me

優しく触れる君の手に戸惑った 痛みが消 ...

pray

眠りに堕ちてく その瞬間だけ 無情なく ...

Rainy Soul

月夜に響き出した 狂った旋律のピアノ ...

Rhythm

君の中でトキを刻む Rhythm いつ ...

Ring Ring a ding

Ring Ring a ding 夜空 ...

Rusty Rail

夜が訪れ月のつくる道 この町の静けさが ...

Secret Path

ね、昨日の木々の色ちゃんと覚えてる? ...

Sky

夕暮れの赤 夜にのまれて 彷徨いゆくの ...

Smiley Nation

のんびり行こうねって 言ってた筈じゃな ...

Stay

remembrance… 昨日みた映画の ...

strangers

緑揺れる午後の空 幾つ目の飛行機かな ...

tell me something

wake up kiss 幼い頃きいたs ...

The crack-up

光なら既に失った 遠く騒がしさだけが通る ...

The first cry

misty いつまでも 変わることなく ...

The Someone's Tale

まっすぐな思いはまっすぐに伝わるの? ...

Timeless Sleep

君がいなくなってから 何度朝日迎えたか ...

Timing

今日はずっと 一人で過ごそう ねぇ 君 ...

trade

愛、というものは 私にはもう出合うことの ...

U(ユー)

広い河を渡した橋を這ってゆく光 その先 ...

WEEKEND

真っ直ぐな目で笑った 最初の出会いから君 ...

whiteout

目覚めたら一面の白い世界 映画のような ...

wish★

今にも届きそうな青空(そら)ながめて ...

wonder land

雨上がりは ふと 空見上げる 何気ない ...

Yellow Moon

ねぇ ぎゅっと抱きしめていて なぜか不安 ...

風とRAINBOW

陽だまり横たわる魅惑的なそのボディ 丸 ...

愛に似てる

やわらかな日差しに笑い合うこと 大袈裟 ...

アオゾラ カナタ

晴れ渡る空に飛び立つ 羽持つ者達を眺め ...

雨上がりのBlue

夏の夕暮れに並んだ足跡 不揃いな影がほ ...

一番素敵だった日

飾り立てたスタイル その場だけのトーク ...

一緒に暮らそう

雨の気配はない Nai テレビの音はノ ...

いつかまた会いましょう

街道沿いのオープンテラスには やさしい風 ...

失われた物語

青い空がのぞいてる細い路地を 通り抜け ...

海をゆく獅子

あの日飛び出した 港は遠く 蜃気楼 荒 ...

永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら

まるで異国の知らない場所へ来たみたい ...

永遠に葬れ

追いかけ合う月と太陽 決して同じ朝は来 ...

英雄

連なる山を越えて急いだ故郷への旅路は ...

鏡にみた夢

駆け出した少女春の日差し 夢追いの途中 ...

かくれんぼ

いち.に.さん.目を閉じて数えていた気配 ...

風の音だけをきいて

あした帰る と書き置き 待つ人もないド ...

風の中のオルゴール

眠りを殺す恋心 真昼真夏の蜃気楼 気だる ...

彼方まで光を

空に向かって翳した黒いガラスには 欠け ...

君を飾る花を咲かそう

君を飾る花を咲かそう 心をこめて育てて ...

君 連れ去る時の訪れを

いつまでも届く筈ない虹を追いかけていた ...

君という光

波の上漂う海月をみるのが好きで いつま ...

君の家に着くまでずっと走ってゆく

新しいコートに着替えて 気分を変えて飛 ...

君の思い描いた夢 集メル HEAVEN

君の思い描いた夢 集メル HEAVEN ...

今日と明日と

心の向かう場所へ 歩みゆくことが出来るの ...

今日の君と明日を待つ

街中冷えだして again new fa ...

クリスタル・ゲージ

La La tu lu Rah Ta ...

恋することしか出来ないみたいに

町中オレンジ色に染める 秋空 加速して ...

恋のあいまに

風がとまり 言葉が途切れた間に二人見たも ...

幸福なペット

じゃれ合う日曜の午後 (oh- yea ...

この手を伸ばせば

さよならを言えないままで 空見上げて並 ...

この冬の白さに

時は来て夢 夢は去るの 去りしものまた思 ...

今宵エデンの片隅で

揺れる日射しと 君の笑顔に会う 例えば ...

最後の離島

もうすぐ聞こえる 水島が羽ばたいてゆく ...

「さよなら」とたった一言で...

何もきこえない 何もみたくない 君の気 ...

白い空

空振りしたラストゲームみたいに揺らいだ ...

スカイ・ブルー

あの角曲がってく緑のバスが器用に 狭い ...

スパイラル

たよりない木の葉舟 夢中で水面ハシラセ ...

静寂のconcerto

太陽が色彩(いろ)を連れて この町を照 ...

世界はまわると言うけれど

永い夜が朝が昼が すべてのらりくらり流れ ...

千以上の言葉を並べても…

公園で髪を切る 落ちてゆく毛先を払う ...

創世記I

シーツをギュッとまいてみても それ程寒さ ...

創世記Ⅰ

シーツをギュッとまいてみても それ程寒さ ...

空色の猫

ほら空色の猫がまちを出る 晴れた空に紛 ...

空に花火

そっと頬に 触れたら 君の髪くすぐった ...

たとえば12月の夜に

読みかけのNEWS放りだして 賛美歌流 ...

冷たい影

冷えた 空から 溶け込む 淡い雪 すべ ...

トランス・トラップ

※君の手の内で トランス 偶然に見せか ...

渚とシークレットデイズ

絡めた指先 いつまでも離せずに 気持ち ...

泣けない夜も 泣かない朝も

無防備に求めることに線を引いた 愛しさだ ...

夏の終わりの長い雨

ほんの少し軽い眠りをとったって満たされや ...

夏の幻

部屋の窓の向こうに 飛行機雲を なぞっ ...

涙のイエスタデー

流星がこぼれた夏の空 願いこめた い ...

逃れの町

深い森に身をひそめて 逃れの町さがして ...

hi-speed スペシャル oneday

コーヒーは最初の一口 甘いケーキの端っ ...

八月の夜

空と地上つなぐairport向かう夜更け ...

花は咲いて ただ揺れて

朝焼けに秘められた願いは現実に潜み 運 ...

春待つ花のように

哀しみのOphelia 燦然と輝いた愛の ...

晴れ時計

昨日買った靴をはき 水たまりをさけながら ...

バタフライ・ノット

ねぇ何を話そうか... もう夜が来てしま ...

日々のほとり

白い花が咲き 海の匂いが届けば 君を追 ...

向日葵の色

旅の途中ね 君はいつも怯え 情熱はそう ...

百年の孤独

遠く街の向こう 太陽は落ちて 宵待ちの ...

ふたり

淡いイエローの服を着て 赤い靴で 休み ...

二人のロケット

一晩中考えても 解けなかった問題が 今 ...

ブルーの森で

夜のない この空では 舟もない から泳 ...

僕らだけの未来

生まれ変われるなら 早く君にあいたい ...

祭りのじかん

夕焼けのオレンジ色残すような明りを灯しだ ...

まぼろし

歩道の向こう 夕焼けに染まる 人々はそ ...

迷いの森

唐突だったあの日夕暮れ 踊る君に魅せら ...

廻り道

真っ直ぐにこの道を行けたなら何処へ 辿 ...

マージナルマン

朝の訪れを知らせる鐘がなる 人々は集う ...

未完成な音色

決してその手を離さずに 振り返らないで ...

短い夏

華やいだ金曜のようなVacation ...

MYSTERIOUS EYES ~TV・アニメ「名探偵コナンより」~

君と僕とは 別の人間だから 好みが違う ...

水のない晴れた海へ

※水のない晴れた海へ たどり着いた w ...

巡り来る春に

夢去りし 数えきれぬ 幼い優しさに守ら ...

メモリーズ

夏の夕暮れ美しく蘇える日々 調子はずれ ...

もう一度笑って

breeze touch sha la ...

もうちょっとサガシテみましょう

遠くへ行く訳じゃない ずっと歩いていた ...

やさしい雨

全速力でも かけ抜けた あの路地は今と ...

夕立の庭

今日買ったばかりのレコードを 抱えたま ...

夕月夜

夕月の光とならぬ空 そっと寄り添う ...

夢のひとつ

愛は終わったと互いに知ってる だけど時 ...

夢・花火

…Ti amo… 丸い月浮雲に途切れ途 ...

夢みたあとで

朝が来るたび君のことを想う 一日の始ま ...

夜深けの流星達

夜深けの流星達 眺めていたよね 言葉に ...

籟・来・也

春には春の 生き方があり 夏には夏の ...

ロンリーナイト

黄昏に頬を染めた あの子は素敵でしょ ...

忘れ咲き

気づけば懐かしい川原に来てみたり 昨日 ...