大川栄策の歌詞一覧

愛炎

辛い別れに 泣いたって わたしは あな ...

哀愁平野

一生いちどの いのちの恋が 風にちぎれ ...

愛染川

啼いているやら 山鳥の 声に緑の 霧化 ...

赤い酒

あきらめますと 悲しい嘘を ついて別れ ...

あなたに生きる

命までもと あなたにほれて 燃えた私が ...

あの日の君を恋うる歌

あの日の君に 逢えるなら いのちを惜し ...

雨の永東橋

雨の永東橋は思い出ばかり 傘をさしだす ...

雨の港

別れりゃ他人のはずなのに からだがあの ...

漁火酒場

船の汽笛が 沁みる夜は 酒が心に また ...

一途な女

肩が寒けりや 体を寄せな 夢が欲しけり ...

出で湯橋

雨のしずくに 身を染める 都忘れの 花 ...

稲妻

雨が来そうと 窓にもたれて つぶやく女 ...

命果てるまで

こんな別れの 哀しみを 伝えられない ...

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

裏町しぐれ

世間の噂を 気にして生きて 幸せやれな ...

つれて行けない 別れのつらさ 駅灯(あ ...

江差・追分・風の街

江差 追分 ながれる町は 風も尺八 ヒ ...

おけさ宿

愛してほしいと 崩れるように 運命をあ ...

男一途

一つ頬っぺた 張られたら 俺は 二つに ...

男春秋

ばちを持たせりゃ 玄海越えて やぐら太 ...

男って辛いよな

逢いたかったと 手を握る 男同士の 目 ...

男の喝采

空を見上げりゃ 雲ひとつ 風に吹かれ ...

おとこの酒よ(大川栄策ソロヴァージョン)

なんだかんだと いいながら よくぞ今日 ...

男の火花

空に轟く 触れ太鼓 燃やす闘志は 男の ...

男の夜曲

浮世格子の すきま風 覗くこぼれ灯 夜 ...

想い定めて

汲み上げればさらに 愛が溢れてくる 身 ...

おんな川

情けの川が あるならば おぼれてみたい ...

女の一生

もしも悲しみにめぐり逢い あしたに は ...

女のグラス

お酒はあんまり 飲めないけれど あなた ...

おんなの街角

ここを左に 曲ったら 二度と後へは 戻 ...

海峡酒場

過去を指さす 時計の針が 凍りついてる ...

海峡ふたりぽっち

ついてくるかと ささやけば ハイと答え ...

帰り来ぬ日々

月の雫の 優しさに 過ぎし過去を たど ...

風の宿

火の粉散らして 舞いあがる 篝火切ない ...

風港

とぎれとぎれに 汽笛が咽ぶ 夜風 潮風 ...

寒椿

越後湯の里 山間の 川の瀬音に 目を濡 ...

絆川

あなたとこの世で 逢うために 生まれて ...

北時計

涙のぶんだけ 倖せを 返してやりたい ...

北の慕情

にぎりつぶした 別れの手紙 北の涯てま ...

くちなし有情

恋と呼ぶには まだ幼くて 友と呼ぶには ...

刑事

人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日 ...

恋の細道

どちらかが 命尽きるまで 離れない 離れ ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

恋吹雪

あなたが浴びる湯の音が せせらぎみたい ...

木枯紋次郎

縞の合羽が 越え行く峠 後姿が きにか ...

小諸情歌

都会の水のしょぱさに 泣いて いないか ...

再会

風にふるえる 赤提灯で 思いがけずに ...

盛り場おんな酒

お酒じゃ誰にも 負けないと 酔って泣い ...

さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

三人姉妹

末の妹の秋子も二十才 とうに覚えた お ...

桟橋

泣いてくれるな おまえが流す 別れの涙 ...

忍ぶの乱れ

ロ紅(べに)を拭(ぬぐ)った さくら紙 ...

秋恋歌

ゆき秋の 遺る瀬なさ 大事な女と 別れ ...

傷心

別れても・・・ 心だけは 置いていって ...

昭和放浪記

泣いて渡った 橋もある 酔って溺れた ...

昭和浪漫~~第二章~

風に追われるように街を歩いてる 痩(や ...

新道

天は一つよ 道理も一つ 筋目区別(すじ ...

十六夜月

そっとうなじに 手をやれば あなたの匂 ...

沈丁花

きっとおまえは 待っていてくれると 今 ...

高山の女

浅葱色した 紬が似合う どこか寂しい ...

旅の月

酒場の小窓に 浮かんだ月が 故郷(こき ...

東京流転笠

まっぴら御免なすって 手前 生まれつい ...

通り雨

倖でしたと 手紙を残し 俺のまえから ...

灯火

なにを夢見て この腕まくら 濡らす涙の ...

泣かせ雨

まるでお前の 涙のような 雨が酒場の  ...

名残りの桜

名残りの桜が はらはらと 寄り添う肩に ...

浪花ことぶき

所帯を持ったその年に 連れ合い亡くし  ...

能登の恋歌

ひと目あなに 逢いたいと 肩をふるわせ ...

博多ワルツ

一夜の博多で 見染めたあなた 淡い恋と ...

はぐれ舟

今日も誰かが 泣いている 泣けば涙の  ...

花ひとつ

俺のこころの 最後の恋と 決めていたの ...

炎の螢

罪を承知の 恋だけど ついてゆきたい ...

夫婦物語

辛いばかりが 人生じゃない 待てば花咲 ...

二人の旅路

そぼ降る雨の 冷たさに 震えるおまえの ...

冬花火

棄てちゃいやよと 紅ひもで ふたつから ...

惚れたよ

思い切る気が くじけるような 雨の酒場 ...

望郷恋唄

風にちぎれる 浮き雲見れば 北のふるさ ...

松島情話

桜のつぼみが 残雪の 風吹く港に 春を ...

舞酔い雪

忘れていたのに 諦めたのに 今頃なぜに ...

三日月物語

男と女のちぎりは 三日夜通いが定めやら ...

みちのくの女

川の瀬音が 身に沁みる 湯の香懐かし ...

港雨

下駄で小走り 手を振る女 やがて港に ...

みれん雨

悪い男でも 別れて見れば みれんこぼれ ...

みれん舟

嵐にもまれて 舵をとる 女ごころの 悲 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

雪国本線

哀しみを捨てにゆく そんな旅路なら 雪 ...

湯の町しぐれ

ひとり旅路の にが酒よりも さぞや つ ...

湯の町月夜

惚れているから 身をひきますと わずか ...

夢一天

涙ひとつぶ ふところに 花を横目に 廻 ...

夢芝居

恋のからくり 夢芝居 台詞ひとつ 忘れ ...

夢の露

この手につかめぬ 幸福ならば 虹のかか ...

夢ひと夜

忘れられない あの人を 追えばみれんの ...

夢もどき

愛してないのに 優しさだけで 抱いたの ...

夢ん坊 泣きん坊

唄ってあげるよ あんたの子守唄 あたし ...

夜明け前

この海を 渡ったら 傷が癒えますか こ ...

酔いぐれすずめ

暖簾を潜れば 頑固なオヤジがまたひとり ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

露地あかり

あるかないかの 運にさえ 道に迷えば ...

路傍の花

酒場ぐらしの 路傍の花に 幸せ運ぶ 季 ...

わかれ恋歌

別れた人が 逢いにきた そんな夢みて ...

わかれ港町

このまま別れてしまうには はかなすぎる ...

わたしの城下町

格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空 ...

わたしのソウル

アンニョン ハセヨ わたしのソウル ...