長渕剛の歌詞一覧

ALL RIGHT

もう生きてゆけない 自分が大っ嫌いで ...

Amen

真夜中の回転木馬に乗り 戦う意味を考え ...

BAY BRIDGE

太っ腹だぜ さすがに 神様のやらかす事は ...

Black Train

カネにまみれた Black Train ...

Blue Jeans

何だかとっても今日は 疲れ果ててしまっ ...

Can you hear me?

僕が生まれてきたことを 誰が喜んでくれ ...

Captain of the Ship

じめじめと暗く腐った憂鬱な人生を 俺は憎 ...

CLOSE YOUR EYES

それでも この国を たまらなく 愛して ...

Come Back To My Heart

昨日買ってきたばかりの ウイスキーの口を ...

Come on Stand up!

Come on Stand up boy ...

Da Da Da

テーブルに 一枚の書き置きをしてきたんだ ...

DON'T CRY MY LOVE

二人をくるむ しわくちゃのシーツに 街 ...

Don't Think Twice ~桜並木の面影にゆれて~

明日なんてない 希望なんてない 昔の栄光 ...

Fighting Boxer

Fighting Boxer Fight ...

Fighting Pause

年をひとつずつ とっていく毎に とても ...

FRIENDS

何処へ行こうと 何をしようと勝手じゃな ...

GO STRAIGHT

鼻っ柱が折れた 俺は殴りちらした 嘘 ...

Happy Birthday

誰にも 内緒だ 絶対 言っちゃ ダメさ ...

He・La-He・La

変わり果てた奴 旨く変わった奴 両方と ...

HOLD YOUR LAST CHANCE

傷つき 打ちのめされても はいあがる力 ...

HUNGRY

腐りきったよな 町に生まれ 腐りきった ...

Hurry Up

今夜の目玉は 破裂しそうなとびきりいか ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

JAPAN

Oh Japan! Where are ...

JEEP

ワークブーツにはきかえ 赤いジャンパーひ ...

Jungle Gym

無かったじゃないか あ~何処にも 確 ...

Keep on Fighting

震えるてめえの小さな肩も抱きしめられもせ ...

Kiss

僕なら 大丈夫 気にすることなんてない ...

LANIKAI

ぎらぎら照りつける太陽と からっからに ...

LICENSE

幼い頃俺は いつも海が好きだった バラ ...

LONG LONG TIME AGO

悲しみだけを残したままで 君は歩きはじ ...

Loser

すすけたレコードcompany 裸の街に ...

MOTHER

呆けた かあちゃんが遠くを見てる 病院 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

NEVER CHANGE

そして素っ裸の両足は 大きく開かれ し ...

Never Give Up

上を見上げりゃキリがねぇ 下を見下ろし ...

PLEASE AGAIN

止めどなく流れ出る 涙のあとに君は 溶 ...

Poor Boys Blues

セントルイスの鐘の音に 髪をつかんで  ...

QUEEN

街が燃えてる 夜が吠えてる 鳴り響くパ ...

Rainbow

雨上がりの Rainbow Bridge ...

Rainy Drive

1. 雨降る駐車場に車を止めた 君が ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Run & Dash

かくしきれねえ Heart Beat ...

Run for Tomorrow~明日の為に~

oh…. oh…. 何千何百通りの生き ...

SAMURAI

大和の国から のろしを挙げて 今、俺達 ...

SHA-LA-LA

シャラララ ラララ シャラララ ラララ ...

SITTING IN THE RAIN

※Oh…I'm Sitting in t ...

STANCE

背骨が折れるほどの苦しみをしょっちまった ...

Stay Alive

Stay Alive Stay Aliv ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

Success

国境の金網 くぐりぬけて 有刺鉄線 越 ...

SUPER STAR

裏街の片隅で くの字にぶったおれちまっ ...

THANK YOU WOMAN

通りの向こう側に 俺は車停めた Car ...

TIME GOES AROUND

Oh ohoh… oh ohoh… o ...

Tomorrow

このまま 死んでも かまわないと 僕 ...

TRY AGAIN

あの時もっと 自分探して あきらめない ...

TRY AGAIN for JAPAN

Try Again もう一度 (もう一度 ...

WAKE-UP! IT'S MORNING

※Wake Up It's Mornin ...

Welcome To My House

息をはずませ 約束Saturday Ni ...

YAMATO

キラキラ光る 流星の群れ 僕は追いかけ ...

YOU CHANGED YOUR MIND

あんた最近 ジーンズとスニーカー 似合わ ...

いけ!いけ!GO!GO!

とんでもなく淋しい 言葉を投げられちまっ ...

鹿児島中央STATION

My Home Town My Home ...

愛こそすべて

傷つくことばかり だったね 命の灯さえ ...

愛して

あなたは私のそばから 消えて行ってしま ...

愛していると伝えて下さい

そこに たったひとつだけでもいい あな ...

愛してるのに

ひとつだけ 聞いてもいいかい 君が眠る ...

明け方までにはケリがつく

砂嵐の風が吹いてた 三日月が高く昇ってた ...

明日

病気に孤独に不安に恐れ 欲望、鼓動が人 ...

明日へ向かって

まだまだ 見捨てたもんじゃないぜ そん ...

明日の風に身をまかせ

銭が欲しいか そらやるぞ 銭じゃ買えね ...

明日へ続く道

信じる力が欲しい 誰だって傷つくのは ...

明日をくだせえ

明日をくだせえ 死にたかねえから 明 ...

あなたとわたしの物語

あなたもわたしも今を泳ぎきらねば もと ...

雨の嵐山

雨の降る京都の 嵐山を二人 息をきらし ...

あんたとあたいは数え唄

堕ちてきた 堕ちてきた 背伸びをしている ...

いかさまだらけのルーレット

春の嵐が吹きぬけるころ 大通りへ出た ...

正直者が つえをついているよ 遠慮深そ ...

一匹の侍

傲慢無礼さになす術もなく 大切な男が目 ...

いつかの少年

俺にとってKAGOSHIMAはいつも泣い ...

いつものより道もどり道

あなたの名前を 呼ぶ 早く 帰って来て ...

愛おしき死者たちよ

決して絶望をなげくんじゃなくて 深くみ ...

いのち

雨が降っていた どしゃぶりの晩 ぬれた ...

祈り

お前が去ってくその前に なぜに電話くれ ...

言わんこっちゃないさ

ここは東京 夜の新宿CITY 罪と悪が ...

唄を忘れたカナリア

生きるか死ぬかの 崖っぷちに立たされたあ ...

俺の背中で力果てたお前の指がすべりおち ...

浦安の黒ちゃん

「近頃何だかお前 元気ねえみてえだな」と ...

英二

くそまみれの公衆便所 鼻をつんざくアン ...

おいで僕のそばに

別れまぎわに君が おとしてきたものは何? ...

俺らの家まで

春の風が 表通りを 通り抜けてゆくのに ...

俺らの旅はハイウェイ

南へ下るこの長い国道沿いを アクセルふ ...

お家へかえろう

ささくれだった うす汚ねぇ古畳の上 割 ...

お家へかえろう 2011

ささくれだった うす汚ねえ古畳の上 割 ...

お釈迦さま

他人の迷惑かえりみず 転がり込んできた ...

男は女が必要さ

やさしい口調で語りかける 君は南の街か ...

許せることと許せないことがある そして ...

オホーツクの海

「一晩中、泣き続けた 車の中ひとりぼっ ...

親知らず

ペンチで親知らずをひっこぬき そいつをボ ...

俺たちのキャスティング・ミス

お前は身を起こして もつれた髪を 二・ ...

俺たちの心にジングルベル

むかし、むかし、その昔 俺たちにゃ サ ...

俺たちのニライカナイ

幾千もの 悲しみなど 数えてみても し ...

俺の太陽

みょうに小利口な奴を 見ると腹が立ち ...

女よ、GOMEN

今にみてろと雨にはじかれながら しょっ ...

かあちゃんの歌

18 半ばで故郷をすて こんな田舎は嫌 ...

帰り道

君がのってる最終電車 僕はいそいそ停留 ...

まわりの人が 僕の事を おもしろがってい ...

風は南から

僕の家の屋根は高く空を切り 窓辺から下 ...

家族

ギラギラと焼けつくコールタールの屋根に ...

かましたれ!

二度と立ち上がれねえと 暗く 踏んづま ...

神風特攻隊

スポンジみたいな人生かい? あんな大人 ...

カモメ

浪江の街の請戸の港 カモメの群れが飛ん ...

カラス

執念深い 貧乏症が 情ねえほどしみついて ...

かりそめの夜の海

月が落ちてくるまで 心静かに君を見てる ...

カントリー・ワルツ

カントリーシャツの 袖をまくりあげ ポ ...

乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

観覧車

路面電車に乗り 君がやって来る 毎日 ...

ガンジス

4本の火柱がめらめらと 燃えさかり 煙が ...

頑張れ!

日本列島のあっちこっちで ぎりぎりばっ ...

ガーベラ

私は生まれた そして君と出逢い 小さ ...

ガーベラ2017

私は生まれた そして君と出逢い 小さな ...

菊一輪の骨

北へ北へと向かう 流転の日々に明け暮れ ...

傷ついた鳥

傷ついたこの鳥に 私はどうやって 語 ...

絆-KIZUNA-

我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ ...

傷まみれの青春

三日前から右の奥歯が痛い ガリガリ疼く ...

気張いやんせ

どげんしてん やらんと いかん事がよ ...

きみのそばに…

しあわせが 何であるのかさえ 分からな ...

君のそばに・・・

しあわせが何であるのかさえ 分からなく ...

君は雨の日に

降りしきる雨の中 君は傘もささずに 泣 ...

金色のライオン

※SAHLALA・・・SHALALA・・ ...

逆転ブルース

ホステスのお前とは ふた月前のアパート ...

逆流

僕がここを出て行くわけは 誰もが僕の居 ...

銀色の涙とタバコの煙

いつものように僕は 暗いひとりのこの部 ...

くしゃみじゃなくてよかったよ

俺がふいにあくびをしたことで 君をすっ ...

くそったれの人生

本当の事を言えばきっと楽になれるさ 本 ...

くちづけ

真実の裏側で むごたらしく焼き捨てられ ...

暗闇の中の言葉

近頃とっても くやしい事があった それ ...

クレイジー・ボーイ

恋しなつかし あの娘と 二人唄えば B ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

結晶

「抱きあえば 抱きあうほど 涙が出るのは ...

決心

君は 僕より ひとつ上で とてもとても ...

訣別

どうしても 話しておきたい事がある や ...

激愛

舌を噛み切った からみ合う口唇の中 二 ...

恋というもの

男は男らしく 女は女らしく うらみつら ...

恋のランデブー

今夜 朝までおいらとつきあうんだ いや ...

恋人時代

モノクロの君がほら 僕に笑いかけている ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

コオロギの唄

かあちゃんが昨日死にました 夏の暑い暑 ...

孤独なハート

※Wow 恋の出口が見つからないよ W ...

今宵最後のブルース

世間知らずの 男と女 歩き疲れた 満月 ...

金色に輝け50年

そうだ、そんな事もあったっけ お前に初 ...

午前0時の向こう側

地下鉄の階段を一人で歩いている 深夜喫 ...

ごめん

知らず知らずのうちに僕は君を 傷つけて ...

スピード違反でパクられちまった シャク ...

桜島

錦江湾に陽が沈み 海が赤く血の色に燃え ...

さようならの唄

さようなら また会えるね また いつか ...

さよなら列車

さよならあなた 元気でいてねと 心つつ ...

猿一匹、唄えば侍

平和な暮らしにゃ男が見当たらねぇ 我が ...

三羽ガラス

俺だけが黄昏る夕暮れからかっぱらった ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

しあわせになろうよ'04

Hey, yo ANIKI! 俺らもう我 ...

しあわせの小さな庭

気の病に犯された夢遊病者のように 幾日 ...

しあわせの涙

何もかも回りが見えないくらい あなたの ...

シェリー

揺れているふたつのからだが海の底深く ...

静かなるアフガン

海の向こうじゃ 戦争がおっ発(ぱじ)まっ ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

賞金めあての宝探し

あれは去年の年もおしせまったころだったぜ ...

少年よ、君は強くなる

私の夢を汚さないで あの人の不安を 借 ...

昭和

傷つけば傷つくほど優しくなれた 貧しさ ...

しょっぱい三日月の夜

うおう!うおう! うおう!うおう!… ...

知らんふり

刃渡り30の出刃包丁 ぬめっと 肝臓をえ ...

シリアス

一心不乱に 身を投げ 人を愛しても 何 ...

白と黒

みょうに賢い顔のあんたと 話をすれば ...

心配しないで

私はあなたにいったい何をしてあげられるの ...

時代は僕らに雨を降らしてる

古いピアノに耳をかたむける 昔の英雄た ...

自分のために

憎しみの中に 俺はずっと浸ってたんだ ...

ジャック・エンジェル

ちょいと帽子をよこちょにかぶり ポケッ ...

12色のクレパス

あなたがそばにいるだけで 私の心は安らぐ ...

10年前の帽子

あの時買っとけばよかった 10年前の帽 ...

純情地獄の青春は

白いお花を咲かせたら しょっぱい涙が出 ...

18インチの罠

かわいい瞳をした少女がひとり 造花のバ ...

順子

離れない 離さない 離したくない君 い ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

情熱

悔しさをかきむしったら 涙が出てきた ...

人生はラ・ラ・ラ

もしも人生がやりなおせるのなら 誰も人 ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

少し気になったBreakfast

お前はコーヒーとフルーツサラダ 俺はブ ...

少しだけ ほほえみが

すいこみかけた ちっぽけな 僕の夢ひとつ ...

すっからぴんのからっけつ

負けて、負けて、また負けて 八方ふさが ...

すべてほんとだよ!!

僕が君とつき合うようになって3度目の ...

スローダウン

昨日 初めて出会った女を抱いたんだ 恋 ...

青春

泣くも 笑うも どうせ最後は 自分なん ...

青春は手品師

僕が知る少年は ある日のこと 翼をひろ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

卒業

毎日見てた君の顔 好きだと言えなくて ...

空~SORA~

眠らぬ街 東京の暗い路地裏で ビタミン ...

太陽へ続くハイウェイ

太陽の下でバイクを走らせ エンジンの爆音 ...

太陽の船

太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっか ...

誰かがこの僕を

またひとつ負けちまった 死にたく なっ ...

だん・だん・だん

だん・だん・だん・だん・だん わかりかけ ...

月が吠える

月が垂直に立ち上がってる 閉ざされた鉄 ...

月がゆれる

「ねえ 私の向こう側に あなたは いつ ...

君を初めて 見た時から ずっと ずっと ...

冷たい外国人

昔々 ずっとその昔 身体のとても大きな男 ...

鶴になった父ちゃん

もしも も一度 逢えるならば 父ちゃん ...

手のひら

筆無精のあいつが ペンを 走らせたのは ...

電信柱にひっかけた夢

実に寒い夜だった 貨物列車の通りすぎる ...

でんでん虫

ショートホープをくるりとよじり 左親指 ...

東京

都会の暮らしに憧れて 君は出て来たんだ ...

東京青春朝焼物語

両足が鉄の棒のように 痛かった お前と ...

友への手紙

おいお前! このごろ 調子はどうだね ...

友達がいなくなっちゃった

学校帰りの屋根裏部屋で 俺達は酒を持ち込 ...

友よ

もしも貴方にしてあげられることといったら ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

どしゃぶり Rainy Day

※いつになく今夜は気分がいい 俺らただ ...

どつぼにはまってどっぴんしゃ!!

「どうしてそこまで俺の為に 痛み苦しみ ...

泣いてチンピラ

※泣いて 泣いて 泣いて チンピラになり ...

長いのぼり坂

長い長いのぼり坂 走ってみても同じこと ...

流れもの

調子っぱずれの都会の路地裏で 飲んだく ...

泣き虫

泣き虫はいつもいつも 俺らの心に住みつい ...

泣くな、泣くな、そんな事で

うらやむほどの男に「俺」なりたくて み ...

嘆きのコーヒーサイフォン

コーヒー飲みたいな 時間におくれそう ...

何故

怒りが悲しみに変わる時 人間(ひと)を ...

夏の恋人

長い黒髪を 風になびかせている 浜辺に ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

生意気なパートナー

今まで 俺の前を通りすぎた 女たちの中で ...

涙色の流れ星

君が僕に尋ねた 「もしも生まれかわった ...

涙のセレナーデ

心がわりをしたんだね 他に好きな人できた ...

涙は大切な君の友達だから

がまんできないほど 悲しかったりしたら ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

何ボの者じゃい!

上等だよ 上等だよ ひらきなおる わけ ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

日本に生まれた

日本がたとえひるがえったとしても 日本 ...

人間

そうだ 俺たちは人間だもの 二人のから ...

人間になりてえ

もっと銭が欲しい いかした女が欲しい で ...

走る

空は、明日を考える為にあるんだから 上 ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

八月の雨の日

ずぶぬれの君 どしゃぶりの雨 僕たち ...

花いちもんめ

1つ 日暮れに 男女がブランド着飾り 六 ...

花菱にて

酒の席での たわ事と 許してやれよと  ...

春待気流

淋しいからこそ ひとりなんですか ひと ...

晴れのち曇り時々雨

晴れのち曇り時々雨の日の私ときたら あ ...

Hello 悲しみよ!

※Hello 悲しみよ Hello 久し ...

Bye Bye忘れてしまうしかない悲しみに

淋しい言葉ばかりが 降り続く街だった ...

パークハウス 701 in 1985

一緒にいることが 結構つまらない 互い ...

パラシュート

やりたい事が今までなかった したい事も ...

久しぶりに俺は泣いたんだ

都会の夕暮れを背にうけて 久しぶりに俺 ...

ひざまくら

お前のひざまくらが とっても 俺らにゃ ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...

ひとりぼっちかい?

時々 今の俺から逃げ出したい時がある ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

日めくりの愛

星が流れる夜ならば 風にもたれて 君想 ...

ヒロイン

今宵あなたと 楽しく踊ろう 風吹く街で ...

風来坊

あんたがあたいを捨てても死ぬまで Dan ...

不快指数100%ノ部屋

雨ニ打タレテ今夜モ 何ダカ眠レソウニナ ...

ふざけんじゃねえ

いらつきっぱなしで誰かれかまわず八つ当た ...

富士の国

けなげな少女の瞳が 今日も銃弾に撃ちぬか ...

ふたつの責任

愛しすぎた夜が あてもなく続きすぎたよね ...

二人歩記

住み慣れた部屋を 今日限りひきはらい ...

冬の海

風が吹く 重い心 呼び戻すこともできず ...

ふるさと

ふるさとは捨ててきたはずなのに 私は今 ...

豚(BUTA)

あれは 去年の年もおしせまった頃だったぜ ...

ブルームーン

ねぇ 私に 逢えて よかった? 本当に ...

プライベート

※一晩中 会ってくれ すべて「ハイ」と ...

プロポーズ

できることならこの太陽いっぱい身体にあび ...

プン プン プン

おとといの晩はどこかのディレクター そ ...

ほこりまみれのブルージーンズ

風吹く夜は ここに来て 昨日と明日を  ...

お前は とまどう事なく ペチコートを脱い ...

ほんまにうち寂しかったんよ

なんであんたあん時死なんかったんや た ...

僕だけのメリークリスマス

100cmのもみの木に 背が届いた年の冬 ...

僕と歩こうよ

なんにもしてあげられなくて どうしてい ...

僕のギターにはいつもヘビー・ゲージ

俺は今 東北ツアーを終え 東京行きの列車 ...

僕の猫

君はまるで 猫の瞳のようだね 笑うと  ...

-100°の冷たい街

Oh PaPa MaMa 許しておくれ ...

マジヤベエ!

度胸もねえのにヤクザな女に いかれちま ...

待ち合わせの交差点

君は まず 下地クリームをぬり 次に ...

真っすぐな瞳のかあちゃん

レントゲン写真に 右・左逆に すかさ ...

マリア

Oh マリア 深い眠りからさめた Oh ...

歩き疲れて 息をきらして 歩いても 歩 ...

耳かきの唄

徹底的に人間(ひと)にハメられた 昨日 ...

未来

1. 泣かないで 僕がいるから 泣か ...

身をすててこそ

貴方の優しさが身にしみて 言えない事も ...

女神のスウィング

誰かが言ってた 女神はいつも あなたを ...

もう一人の俺

同じ顔した奴らで 賑わうこの街のふきだま ...

勇気の花

嘘っ臭え理不尽ごたくたれっぱなしの人の世 ...

勇次

嫌になっちまった 腹が立っちまった ...

夕焼けの歌

雨が止み 風が泣き 海が揺れ 遠くで聞 ...

指切りげんまん

君も僕も淋しさに耐えきれなっかたから ...

夢破れて

真冬の窓をたたく小枝に 最後の一葉がしが ...

酔待草

緑の地図を 指でたどって 君の家まで  ...

レース

震えが止まらなぬ気の病いに犯された Ev ...

レオ

流れ星だよ 泣かないで なぜにお前はそ ...

ローディー

流れ出る汗を今ふき終えた 脈打つ心も静 ...

六月の鯉のぼり

肩を寄せ合い寒さをしのいだ 打ち震える ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

わがまま 気まま 流れるまま

春待ちきれない街で 恋人達は出逢った ...

わがまま・友情 Dream & Money

気に入らないから やめようと思います ...