布施明の歌詞一覧

100発100中

背広を肩にかけ 地球をひとまわり 人 ...

A Starry Night

Starry night 振り向く事は ...

A Starry Night - プロローグ

Starry night 振り向く事は  ...

Celebration

夕映えから君の影を探して待つ 駅前の広 ...

Dilemma

海辺の坂道を君が駆け出して行って振り向き ...

Everything

すれ違う時の中で あなたとめぐり逢えた ...

Good luck inspiration

空を見上げ 思いきり笑おうよ 暗い顔で ...

I LOVE YOU

I love you 今だけは悲しい歌聞 ...

i say,“yes”

i say,“yes”, for whe ...

Jupiter

Every day I listen t ...

LOVE LOVE LOVE

ねぇ どうして すっごくすごく好きなこと ...

PRIDE

私は今 南の一つ星を 見上げて誓った ...

SAY YES

余計な物など無いよね すべてが君と僕と ...

WALK

どこまで 歩けば 答えは あるのか ...

We will meet again

楽しい日 悲しい時 ほほえみも 切なさ ...

We will meet again - エピローグ

楽しい日 悲しい時 ほほえみも 切なさ ...

宙よ

行くあなた 見送ると 嗚呼! 悲しみが ...

縁儚く この手をすり抜け 川面に浮び ...

愛の詩を今あなたに

愛の唄を今あなたに 心をこめてささげた ...

愛の終りに

たとえ あなたの 愛はさめても 私がね ...

愛のゴール

小雨のアスファルトの道 僕はただ走る ...

愛の園

そこには 花が咲いている 愛の花が 咲 ...

愛のフィナーレ

Tell me why the sun ...

愛よその日まで

もしも今から百年が過ぎ ぼくらによく似 ...

愛は不死鳥

限りある 命の悲しさ 愛しても 愛して ...

ア・カペラ

黄昏に沈む街は いつか見た あなたの背 ...

開けてみれば愛

世界でたった一つのあなたの心が 今 僕 ...

あの日にかえりたい

泣きながら ちぎった写真を 手のひらに ...

甘い十字架

帰っちゃいけない 今ここで ふたりのみ ...

雨音はショパンの調べ

耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘 ...

いっそセレナーデ

※あまい口づけ 遠い想い出 夢のあい ...

いてもたっても居られなくなるよ

ああ 君はどうして あどけない微笑みを ...

いとしのエリー

泣かした事もある 冷たくしてもなお よ ...

うるおいの世界

やさしい昨日がありました やさしい明日 ...

見覚えのある レインコート 黄昏の駅で ...

落葉が雪に

人恋しさのあまり 書き始めた日記に ...

男騒ぎのララバイ

羽を休める 鳥のように 躰(からだ)休 ...

おもいで

貴女と歩いた あの道に 夜霧がつめたく ...

傾いた道しるべ

幸せの中で つきあたりを見ることはあり ...

カルチェラタンの雪

悪かった もう泣かせたりしない だから ...

貴様と俺

空に燃えてる でっかい太陽 腕にかかえ ...

君に会いに行くよ

君に会いに行くのさ 君に会いに行くんだ ...

君に涙とほほえみを

たとえ今は二人が 遠くはなれていても ...

君は薔薇より美しい

息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君 ...

霧の摩周湖

霧にだかれて しずかに眠る 星も見えな ...

恋というものは 不思議なものなんだ ...

恋のサバイバル

待ちつづけていることに 疲れ果てた訳じ ...

恋人よ

枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものが ...

心をあずけるまで

私は大丈夫だから 貴方なしでも生きてゆけ ...

こころ美人

見かけがいいのに 越したことはないが ...

この胸のときめきを

よごとふたりは ここにいるのに あなた ...

これが青春だ

大きな空に 梯子(はしご)をかけて ...

※名もない花には名前を付けましょう こ ...

桜坂

※君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ ...

さよなら

もう 終わりだね 君が小さく見える 僕 ...

305の招待席

淋しい夜にはおいで 悪い女だと言われても ...

シクラメンのかほり

真綿色した シクラメンほど 清しいもの ...

少年よ

まるで透明になったみたい ぜんぶ 自分 ...

自由

ぬかるみの中を 黙々と歩いてた 僕は ...

青春のマーチ

がっちり行こうぜ! 馬力で行こうぜ! ...

世界に一つだけの花

NO.1にならなくてもいい もともと特 ...

セレブレーション

夕映えから君の影を探して待つ 駅前の広 ...

そっとおやすみ

化粧の後の かがみの前で いつも貴方の ...

空も飛べるはず

幼い微熱を下げられないまま 神様の影を恐 ...

そろそろ帰ってきませんか

しばらくぶりだね 懐かしい、変わらない ...

たまらなくテイスティー

まるであなたは 二度目のヴィーナス 今 ...

追想の風音

マロニエの裏通り 夕闇に灯が点る あ ...

積木の部屋

いつの間にか君と暮しはじめていた 西日 ...

でっかい青春

きらめく生命を いつでも歌おう あの娘 ...

遠い昔しか 物語りか

別れの夜 花びら舞って 月も朧(おぼろ) ...

時の過ぎゆくままに

あなたはすっかり つかれてしまい 生き ...

泣かないでMY FRIEND (for KUMAMOTO)

君を残したまま 旅立つあの人には 君の ...

何故

なぜそんなに泣くの なぜそんなに飲むの ...

涙をおふき

涙をおふき このハンカチで 泣くのはお ...

のすたるぢや

列車の窓辺 眺めてるのさ 薄曇りの日本 ...

始まりの君へ

はるか遠くの地平線から 光 溢れてくる ...

バラ色の月

何かが呼んでる 君の何かが 何かが答え ...

陽ざしの中で

坂道を下って 走り寄る君がいた 明け ...

ひだまりの詩

逢えなくなって どれくらいたつのでしょう ...

瞳をとじて

朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ...

ひまわり

あなたの遠い影を どこかに探しながら ...

マイ・ウェイ

今 船出が近づく この時に ふとたたず ...

めぐり逢い紡いで

胸のボタン ひとつはずして あなた好み ...

モンパルナスのともしび

ごめんね 独りにして なにも食べてない ...

優しい歌

パークアベニューの 古いアパルトマン ...

夢でもいいから

1) 夢でもいいからあなたに会いたい ...

夢の途中

さよならは 別れの言葉じゃなくて 再び ...

ラ・ムール

1) ラムール 虚しく響くか ラムー ...

ワインレッドの心

もっと勝手に恋したり もっとKissを ...

若い明日

若い日の若い夢 青空に描いて こ ...

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたこ ...