細川たかしの歌詞一覧

ああ、いい女

傘の要らない 恋雨が 胸をつきさす 朝 ...

旭川恋の町

旭川に 来た頃は 俺は一人で 淋しかっ ...

旭川ブルース

あなたを信じて傷ついた 女心は淋しく悲 ...

あやいろの恋

あやいろ なないろ 恋のいろ 雨はしん ...

粋(いき)な酒

酒が面影 ながすなら とうに消えた 泣 ...

いつかどこかで

いつかどこかで おまえと もういちどだ ...

一緒に暮らそう

とまどう時に 上目づかいで 爪をかむ ...

いのち舟

乗せて下さい この世の川を 渡り切るに ...

うかれ節

人の心は紙風船 破れやすくて カラッポで ...

江差追分(前唄)

松前江差の 津花の浜で ヤンサノエー ...

艶歌船

腰に結んだ 一本綱に 命あずけた 荒く ...

縁結び祝い唄

今日は愛(め)でたい 門出の日 泣き虫 ...

応援歌、いきます

あーああんあ あー ツイているとか ...

置き手紙

許してください ごめんなさい 鍵はかえ ...

オジロ鷲

定置 刺し網 漁場の空で 今日も輪を描 ...

おそ松くん音頭

おそ松のズボンを カラ松がはいて ...

男の火祭り

燃える松明 裸でかつぎ 闇の石段 かけ ...

想いで迷子

愛に溺れて あなたに疲れ 生きることに ...

女ごころ

あの人を 悪く言わないで 愛し足りない ...

女のしぐれ

雨が降るから 泣けるのか 恋の重さに ...

女の十字路

だめよそこまで 近づいちゃ あなただけ ...

おんなの春

あなた教えて 私の行く道を いまのま ...

開運!招き猫音頭

ニャニャンがニャン アソレ ニャニャン ...

柿の木坂の家

春には柿の 花が咲き 秋には柿の 実が ...

カスマプゲ

海が二人を 引き離す とても愛しい 人 ...

北国へ

夜を走る列車は 窓の外も見えずに 長い ...

北酒場

北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ...

北岳

南アルプス 青いやまなみ 天と大地を  ...

北の男歌

サーエー 海峡渡れば 竜飛崎 漁火仰い ...

北の五番町

チラチラ雪が 降る夜は あいたいあいた ...

北の尋ね人

逢いたい ひとめ逢いたくて はるばると ...

北の螢

山が泣く 風が泣く 少し遅れて 雪が泣 ...

北の旅愁

手紙一つ残し 都会に別れを告げ 痛めた ...

北岬

ふところふかく おまえを抱いて なんに ...

城崎恋歌

からくりかるたは もう終わり 手のひら ...

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲 ...

愛することに疲れたみたい 嫌いになった ...

恋の酒

あんなにいい女 ふたりといない なんで ...

恋宿り~銀山夜景~

ひさかたぶりの 恋宿り 北の湯どころ  ...

心のこり

私バカよね おバカさんよね うしろ指 ...

この蒼い空には

この蒼い空には希望があるから ゆっくり ...

酒場であばよ

俺と別れた その足で ほかの男に 逢い ...

櫻の花の散るごとく

生者必滅 この世は夢かまぼろしか 櫻の ...

さだめ川

明日のゆくえ さがしても この眼に見え ...

佐渡の恋唄

佐渡へ佐渡へと 流れる雲に のせてゆき ...

さよならイエスタディ

別れ間際には 無傷じゃいられない やる ...

しぐれの港

胸の漁火 哀しく灯る 北の港は 今日も ...

下北漁歌

窓の氷柱(つらら)を 二つに折って 酒 ...

新宿情話

新宿は 西口の 間口五尺の ぽん太の店 ...

人生希望と辛抱だ

泣きたい時もあったよな 楽しい時もあっ ...

人生航路

風が舞う 雲が飛ぶ 荒波を 波止場にの ...

人生夢将棋

浮くも沈むも 小さな駒に 賭けてひとす ...

正調おそ松節(おそ松くんより正調おそ松節)

うちの父ちゃんは サラリーマン 満員電 ...

大鴉~故郷偲んで~

秋の夜々 月は一夜でまるくなる はらは ...

津軽じょんがら節

ハアー お国自慢の じょんがら節よー ...

津軽へ

都会暮らしに ほとほと疲れ 故郷(くに ...

合掌風の宿

ゆうべあなたの 夢みて泣いた 小雨そぼ ...

遠い灯り

夜汽車にゆられ 深酒してる 何処行くあ ...

浪花節だよ人生は

飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱か ...

日本列島 旅鴉

俺の人生 旅から旅へ 苦労 山坂 幾つ ...

博多情話

博多女が 花ならば 落ちる手前の 紅椿 ...

母恋鴉

年に一度は 必ず通る 誰がつけたか 母 ...

ひとり旅

あなたを訪ねて 急ぐ旅の汽車の窓から ...

平泉讃歌

雨に煌めく 金色堂(ひかりどう) 雫を流 ...

双葉山

吠えてぶつかる 暴れ波 弾き飛ばして ...

ふたり道

運命という名の人の世の 涙がふたりをお ...

冬の宿

わたしひとりの あなたにしたい それは ...

北緯五十度

涙 黒髪 えりあし おくれ毛 小指 く ...

北斗の星

風が 風が走る 雪が 雪が舞う 白い ...

星影のワルツ

別れることは つらいけど 仕方がないん ...

ほたる草

この手に抱けば 折れそうな 細い体のや ...

北海無法松

生まれ北海 荒波育ち 酒と喧嘩は 他人 ...

望郷じょんから

津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達 ...

満天の船歌

ドンと舳先(へさき)で 砕ける波を 被 ...

港夜景

淋しがりやの お前を 一人にさせて 来 ...

みれん心

純な女の ながした泪の数は 夜空の 星 ...

六つの星セントラルリーグ連盟歌

汗と涙を流した数で 明日の勝負に賭けて ...

夫婦ごころ

涙いっぱい 目にためて 心細げに 手を ...

夫婦舟

この川がどこへ 流れてゆこうとも 岸を ...

矢切の渡し

つれて逃げてよ・・・ ついておいでよ・ ...

屋久島

ハァ〜 島の男はヨ〜 ホ〜 強く 気高 ...

ゆきずり

指輪のひとつも やれない俺に 二年もつ ...

雪密室

足跡残して 儚く消えた 瞳の裏には あ ...

雪港

なぐる風 ゆする風 怒涛さかまく 日本 ...

湯けむり情話

別れられない あなたが好きよ 身体が火 ...

夢暦

冬の夜道を 吹雪の駅を 帰るあてない ...

夢のゆめ ~近松恋物語り~

夫がいます 子がいます それでもわたし ...

夢酔い人

人は誰でも 倖せが似合う 苦労枕に 夢 ...

夜明けの出船

振りむくな 振りむくな みれんになるか ...