加山雄三の歌詞一覧

Daydreamers

渚を見降ろす丘に寝転んで 風を見ている ...

IMAGINE(イマジン)

Imagine there's no h ...

My Shoes Keep Walking Back To You

I may say that I don ...

MY WAY(マイ・ウェイ)

And now the end is n ...

OVER THE RAINBOW(虹の彼方に)

When all the world i ...

SMILE(スマイル)

Smile, though your h ...

That's All Right, Elvis

Baby Don't mind Bab ...

The lady in my heart

Sun goes down on the ...

おやじとして君に

僕の腕に抱かれて 君は眠っている 歩き ...

はるかな未来へ

明けゆく 地の果て 翼を ならべて ...

みんな聞いてる青春

青い夜空が見ている所で 歌を唄おう 夢 ...

ニュージーランドの若大将

空へ波を蹴りながら 走れば沸き立つ虹 ...

ハワイの若大将

白いセールを傾けて 波に乗れ乗れ どん ...

バラの歌はうたわない

愛しい君は 今も美しい 僕と燃えた 若 ...

フレッシュマン若大将

フレッシュマン フレッシュマン フレッ ...

加山雄三通り

カヌーにトロッコ 野球場 鉛筆サックの ...

君かも知れない僕かも知れない

君かも知れない 僕かも知れない 寄り添 ...

島の朝

ひるがえる波に 陽は昇り 海に朝がきて ...

愛の日々

人はいつの日か 別れる 君といつまでも ...

愛はいつまでも

渚は 月にぬれて あなたは ぼくの胸に ...

星に降る雪

教会の鐘に立ち止まる影が 枯葉の舗道で ...

星空

星空を見ていると なんとなく あいつの ...

母よ

幸せは ここにあるが あなたは ここに ...

氷河の上を

二人の夢を待つ 真白き山よ 僕の後を歌 ...

海の若大将

おーい雲よ どこへゆく 若大将はここに ...

淋しい二人

今夜ゆくから開けてよ おもては寒いぜ ...

煌星

胸深く抱きし夢は 黄塵の遥か彼方 振り ...

せわしい都会にも 渡り鳥が来る頃は 誰 ...

雨のシャッフル

旅ゆけば 雨のしずくも かなしみを お ...

風の兄弟

少年の汗光らせたまま 儚(はかな)き恋を ...

愛燦燦

雨 潸々(さんさん)と この身に落ちて ...

愛する時は今

生きているこの手で しあわせつかもうよ ...

愛と未来のために

人から人へ 命 途切れはしない 今日か ...

愛の星くず

この街に棲み 幾つもの季節が 知らずに ...

蒼い星くず

たった一人の日暮れに 見上げる空の星く ...

青葉城恋唄

広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬 ...

新しい君

景色のように時は流れる 窓に書きたい ...

熱き心に

北国の旅の空 流れる雲はるか 時に  ...

ある日渚に

渚によせる 光る波は やさし君とぼくの ...

アロハ・レイ

瞳ぬらして 「好き」とひと言 泳いで ...

いい娘だから

いい娘だから ふたりで 今夜は ダンス ...

生きるものの歌

あなたがこの世に生まれ あなたがこの世を ...

いつまでもいつまでも

そよ風が僕にくれた 可愛いこの恋を い ...

今ならきっと

振り返れば いつでも 照れ隠しで 気 ...

嘘よ

泣いたって 泣いたって 何もない世界さ ...

美しいヴィーナス

あゝ美しいヴィーナス 鳶いろの恋人 若 ...

海がそこにあったから

海がそこにあったから 僕は出て行ったん ...

海・その愛

海に抱かれて 男ならば たとえ破れても ...

海鳴りがよんでいる

海鳴りがよんでる 心を残したまゝ別れ告 ...

海の上の少年

俺の海が荒れている 風のなかで波をうね ...

麗しき乙女たち

ここへ来て 恋の楽しさを 教えておくれ ...

永遠の夏

風は南風 光る海原 夏が僕を 今年もま ...

大空の彼方

大空の彼方へ 光りを浴びながら 鳥はゆ ...

奥飛騨慕情

風の噂に 一人来て 湯の香恋しい 奥飛 ...

想い出の渚

波に向って 叫んでみても もう帰らない ...

オヤジの背中

オヤジの背中を 見つめて生きて来た 時 ...

お嫁においで

もしも この舟で 君の幸せ 見つけたら ...

俺たち

若者よ もうすぐ 荒野はくれる 俺達 ...

俺は海の子

海鳴りきこえる かすかにきこえる 昨 ...

北風に

教会の屋根で 鳩が 羽根を ふるわせな ...

君といつまでも

ふたりを夕やみが つつむ この窓辺に ...

君にありがとう

ぼくたちが結婚した日 空はグレイ 木々 ...

君のスープを

キスも君にしないで 僕が行ける筈がない ...

君のために

蒼き海に向い 君のために誓う とおいと ...

君は今でも

君は今でも 覚えているか? 2人が出会 ...

霧雨の舗道

銀いろの雨ふる 静かな夜 君と二人で黙 ...

暗い波

Soft and blue Deep ...

クール クール ナイト

Oh Baby, I want to s ...

恋のコンパス

おいで さあ太陽消えぬ間に 俺と 恋の ...

恋は紅いバラ

アイ・ラブ・ユー イエス・アイ・ドウ ...

光進丸

桟橋に立つ 君の肩から 海鳥たちが 飛 ...

心の海

鴎のつばさ 濡らしながら 歌え僕の 心 ...

この愛いつまでも

君と見つめあう やさしい夜明けよ しあ ...

さすらいの旅路

夕やけの旅路をひとり さまよう人よ ...

さらばオーシャン

飛び立つ鳥は 心を残さない 波をかすめ ...

倖せはここに

秋の夜は更けて すだく虫の音に 疲れた ...

しのび逢い

淡い灯かげに 横顔みせて あのひとは  ...

湘南ひき潮

湘南ひき潮 砂の中のサンダル 賑わった ...

少年時代

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよ ...

逍遙歌~そぞろ歩けば~

桜咲けば 花冷えに 蛍が舞えば 梅雨寒 ...

知床旅情

知床の岬に はまなすの咲く頃 思い出し ...

白い砂の少女

君はいつから淋しい 僕の白い砂浜に来て ...

白い浜

黒い瞳 輝く瞳 遠い空の下に 君と二 ...

スーダラ節

チョイト一杯のつもりで飲んで いつの間 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

そして神戸

神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた ...

そっとおやすみ

化粧のあとの鏡の前で いつもあなたの手を ...

その日海からラプソディ

きみは奇跡の娘 灼けた肌に風が吹いて行 ...

ソラノトビラ

遙か遠き地で眺めみる 宙(そら)に輝く ...

たった一つの恋

甘い言葉も言えない僕に 君よ好きと今日 ...

旅の手紙

あなたは見たでしょうか さい果ての海 ...

旅人よ

風にふるえる 緑の草原 たどる瞳かがや ...

大学の若大将

夏の海が来いってさ モーターボートで来 ...

小さな旅

トランクさげて 旅に出よう 心に風が吹 ...

地球をセーリング

セーリング 地球をセーリング 七つの海越 ...

ちょっとだけストレンジャー

何んにももたず ちょっとだけ ストレン ...

時を超えて

振り向けば今 胸によみがえる 母のほほ ...

夏のめぐり逢い

抱いた肩が ふるえているよ も一度約束 ...

日本一の若大将

ホホホ 俺は ホホホ 若大将 坊や育 ...

残り酒

ほの暗いカウンター 頬杖ついて飲んでたの ...

ハーモニー

君のためにだけ 歌い続けよう 僕の生命 ...

ハーモニー~セリフ入りver.~

君のためにだけ 歌い続けよう 僕の生命 ...

ひとり渚で

君は忘れたろうか 今は 燃える夕映え  ...

フィジーにおいで

フィジーにおいで 空色の海 透き通る雲 ...

フェアウェル(今は別れの時)

別れのときが来たようだ 思い出をくれて ...

二人だけの海

君のために渚で ひとりかなでる 心の歌 ...

ブライト・ホーン

風におどる 粉雪をけって 君ときざむ  ...

ブーメラン・ベイビー

Hey, my little boome ...

星の旅人

あの日見上げた 空に抱かれ今日まで 嵐 ...

冒険者たち

朝の渚は憂いに満ちた乙女 波が天鵞絨( ...

ぼくの妹に

ぼくの妹なら 愛ひとすじに 生きぬいて ...

ぼくのお嫁さん

どこにでもいそうで どうしてもいなくて ...

僕は生きている

大空の下に 生れて 僕は 生きている ...

マイ・ソング

人は 一人で この世に生まれ 一人で  ...

また会いたいあの人

忘られぬ あなたとの恋 ああ 今も夢見 ...

また逢う日まで

ふたりでドアをしめて ふたりで名前消して ...

まだ見ぬ恋人

夕暮れの浜辺を 貝殻踏みながら 淋し ...

幻のアマリリア

雪のふる湖に ひとりでぼくを待つ 幻の ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の小さ ...

麦わらの指輪

いつかぼくに 麦わらの ちいさな指輪  ...

もえる草原

緑の大地を 君は行く 髪を なびかせて ...

もしもピアノが弾けたなら

もしもピアノが弾けたなら 思いのすべてを ...

夕映えの恋人

風が吹く 波が立つ しぶきがあがる 港 ...

夕陽は赤く

夕陽あかく 地平の果て 今日も沈み 時 ...

雪國

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少 ...

湯沢旅情

雪どけの流れ 小鳥のさえずりをさそう ...

夜霧よ今夜も有難う

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知ってい ...

夜空を仰いで

夜空を仰いで 数える星も 君のいない砂 ...

夜空の星

僕の行く所へ ついておいでよ 夜空には ...

夜の太陽

今日も夜が来て 俺に火をつけた 胸にや ...

落日の彼方

恋人の白い胸を バラいろに染める夕陽 ...

ランナ・ウェイ

ランナウェイ とても好きさ 連れて 行 ...

ランニング・ドンキー

山と谷を越えて行こう 走れよドンキー  ...

りんどう小唄

心は泣いていたけれど 笑ってそっと言っ ...

ロンリー・ナイト・カミング

When I feel these lo ...

別れたあの人

手紙を焼いた たそがれの 真っ赤な夕陽 ...