北島三郎の歌詞一覧

ああ・おふくろよ

おふくろの 夢を見た 菜の花畑で笑ってた ...

会津の女(おんな)

若さで出会えた 恋もあり 若さで別れた ...

愛の道

あなたの肩に 舞い落ちた 冷たい雪は ...

あじさい情話

心変わりは 憎くても 逢えばおまえが ...

あばよ東京

あばよ あばよ あばよ さよなら 東京 ...

あばれ松

どいつもこいつも だらしのない奴 弱虫 ...

亜矢子の唄

おもいでの街 さまよいながら 夜霧に叫 ...

幾多の恩

右も左も わからずに 夢を抱えた あの ...

石狩川よ

酒の代りに 川を呑み 飯の代りに 草を ...

一という字は 男の心 真一文字で 一直 ...

かるく見るなよ 命の重さ 誰も秤に か ...

今を行く

馬鹿な強がり 突っぱりだけじゃ 渡れな ...

伊予の女

君が泣くから 松山の 月も涙の 傘をさ ...

あかね雲 ちぎれ雲 あの山越えて 何を ...

詠人(うたびと)

季節めくれば 遠い道のりは 思い通りに ...

海鳥の島

潮が変われば にしんがもどる にしんが ...

海はいま

叫んでごらんよ 思いのたけを oh 海 ...

運のない奴ァ どこまでも 振った賽の目 ...

笑顔の花

花には水を あげるよに 人には愛を 届 ...

越後情話

角巻の 雪を払いながら 熱燗にしてと ...

演歌師

客を泣かせる 流しのコツは 喉じゃない ...

牙のない奴ぁ 男じゃないと 燃やすここ ...

沖縄の女

泣いたらだめよと言われたら こらえた涙 ...

おしどり峠…

胸突(むなつ)き八丁の 浮き世の坂を ...

新しいもの すぐ古くなる 義理も人情も ...

男一代

神が俺らに 与えてくれた 命と言う名の ...

男伊達

粋でいなせで 真っ直ぐで これが男の ...

男の灯り

紺の暖簾を 片手で分けて 声も明るく ...

男の明日に

咲くも散らすも 出たとこ勝負 遣る気あ ...

男の一念

我慢辛抱 束ねて背負い 意地をつかんで ...

男の季節

山背(やませ)が吼えれば いきなり風吹( ...

男の劇場

正しい者が 勝たいでなるか それがこの ...

男の精神

いつの時代も いつの世も 国は人だよ ...

おとこの潮路

北斗の向こうに きみがいる 生きる証を ...

男の勝負

先も見えない 今の世に 迷うばかりと  ...

男の人生

花の咲く道 茨の道も 人はそれぞれ 運 ...

男の涙

おまえを一人で 死なせるものか 死ぬと ...

男の虹

勝てばいいのか ただ勝だけで 終わりた ...

男の母港

男の腹には 海がある ぽつんと灯りが  ...

男の友情

昨夜(ゆうべ)も君の 夢見たよ なんの ...

男の夢

意地を通した 一念が 錆さびた魂(ここ ...

男橋

時代(とき)よこの道 架け橋は 人はき ...

男華

汗水ながして 頑張って それでも登れぬ ...

男幡随院

江戸の喧嘩は この俺が はばかりながら ...

男飛車

何かあったら すぐ飛んでくぜ それが自 ...

おとこ節

ぐいと大空 つかんで背負い この冬越せ ...

男道

どこから吹いてくる 葵の風が 弱音はい ...

大森林に 立ち向い 斧をふるたび おや ...

尾道の女

北国の 町からきたよ 潮風に ふかれて ...

おまえのことが…

ひとつ男は 生き抜くために 腰をかがめ ...

父親(おやじ)

おやじと云う山 でっかい山だ 恩の山々 ...

おやじの背中

親の意見と 冷や酒は 飲んだあとから ...

親のない子の子守唄

ねんねん ねんねこ ねんころり 親のな ...

俺の道

笑われて 教えられ たたかれて あぁ強 ...

俺らしく

世間の風の 冷たさに 悔し泣きした 夜 ...

大地に根をはる 草や木に 小さく咲いて ...

恩返し

苦労という名の 種まかなけりゃ 芽も出 ...

加賀の女

君と出逢った 香林坊の 酒場に赤い 灯 ...

輝(かがやき)

先を急いで歩いても 道は険しく果てしな ...

神楽祭り唄

五穀豊穣 千代八千代 しあわせ祈って ...

奥歯かみしめ 男が耐える 苦労吹雪の荒 ...

人はいつも 何かを見つめ 何かを求めて ...

風の小僧

北の大地を 我がもの顔で 風の小僧が  ...

風の坂道

ころげておちて 逃げるやつ はいつくば ...

風のロマン

寿の… 都に咲いた 花はハマナス 紅く ...

風よ

若いうちなら 傷だらけ 逆らう風も い ...

肩に二月の雪が舞う

肩に二月の 雪が舞う 音もたてずに 降 ...

かつお船

薩摩生れの 黒潮育ち かけて磨いた 根 ...

門出酒

意地と度胸と 愛嬌があれば 超えて行き ...

神奈川水滸伝

光り輝く 表の顔を 裏で支える バカが ...

川の流れと人の世は 澱みもあれば渓流も ...

感謝

目をとじて ふり返る はるか来た道 遠 ...

勘太郎笠

伊那を背にして 天竜下りゃ やくざ渡世 ...

関東流れ唄

義理に生きても いのちはひとつ 恋に死 ...

還暦

若き時代を 今ふりかえり 歩き続けた ...

がまん坂

俺がやらなきゃ 誰がやる 廻り道だぜ ...

木曽恋しぐれ

みぞれまじりの 木の葉の露か 結ぶ草鞋 ...

北の男船

疾風(かぜ)に煽(あお)られ みぞれが吹 ...

北の大地

はるかなる 北の空 木霊も叫ぶ エゾ松 ...

北のふるさと

ああ 駒ヶ岳 雪化粧 我慢こらえて 春 ...

北の漁場

いのち温めて 酔いながら 酒をまわし飲 ...

北のわかれ雪

寒いな 雪の夜は こころも凍れる ま ...

希望坂

男だったら 性根をすえろ 意地をなくし ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

兄弟達よ

何が不満で いじけているのか 望みはい ...

今日より明日へ… おれの道

笑われて 教えられ たたかれて あぁ強 ...

清き流れ

はるかより はるかへつづく 歳月を重ね ...

ギター仁義

雨の裏町 とぼとぼと 俺は流しの ギタ ...

銀座の庄助さん

銀座柳が なびこが散ろが それはうき世 ...

国東半島

霧笛とびかう 瀬戸内航路 ここは国東 ...

黒潮漁歌かつお船

薩摩生れの 黒潮育ち かけて磨いた 根 ...

喧嘩辰

恋とゆう奴あどえらい奴だ 俺を手玉に ...

激唱 ~青函トンネル~

生まれたからには 死ぬまで生きて 誰に ...

激唱~青函トンネル~

生まれたからには 死ぬまで生きて 誰に ...

魂―こころ―

春には花が咲き 夏には鳥が囀く 秋には ...

こころの母は北斗星

夢路たどれば 母港 そこは故郷 宝島 ...

コスモス日和

倖せは 平凡がいい 子供は 多い方がい ...

小春日和

おまえの分だけ しあわせが あったらそ ...

裸一貫 やるぞと決めて ぐっと握った ...

こぼれ紅

親と名乗れず 娘と呼べず いつか流れた ...

金色夜叉

熱海の海岸 散歩する 貫一お宮の 二人 ...

剛気

のぼる朝日を 夷隅にうけて はるか輝く ...

御陣乗太鼓

叩く太鼓が 大地を揺すり バチが激しく ...

(セリフ)なあおまえたとえ生まれはちがっ ...

桜月夜

さくらの花びら 目を細め 見上げるおま ...

さすらいのジャンゴ

ジャンゴ 乾いた風に ジャンゴ 命の鼓 ...

さだめ道

同じ幹から 分れた枝も 表と裏では 実 ...

薩摩の女

義理あるひとに 背を向けて 別れてきた ...

里恋がらす

帰る故郷は 伊那の里 しかと刻んだ 胸 ...

さぶ

(セリフ)本当の職人仕事は 血を絞り ...

さよなら船

波の瀬を 北へ北へ 走る船の 窓にふ ...

残雪

俺がやらなきゃ 誰がやる どうせ一度は ...

時雨月

惚れて枕も 渇かぬうちに 恋も半端な ...

しぐれ道

いつか来る春 来ない春 待ってさがして ...

しのび笠

風に吹かれて こぼれる落葉 払いのけて ...

終着駅は始発駅

背なかを合わせて あばよと言えば おま ...

勝負師

好きな奴にも 情はかけぬ それが勝負 ...

職人

真を込めて 尽くしたあとの あとの一手 ...

白壁の町

流れる 流れる 青い水面に 白壁の ...

損か得かを はかるより 嘘か真(まこと ...

知床漁港

海が嫌いで 故郷捨てた なんで今さら ...

石垣の 石の声 松竹梅の 風の声 耳 ...

十九のまつり -まつりパートII-

祭りの夜に あの娘が泣いたよ 別れが辛 ...

次郎長笠

富士を背にした 東海渡世 清水港は 男 ...

次郎長富士

旅行けば 駿河の国に茶の香り 名代な ...

仁義

(セリフ)お控えなすって!手前 生国と ...

人生道

気高き山に 父を見て やさしき海に 母 ...

人生に乾杯

どしゃ降りの 雨ん中 ずぶぬれに 濡れ ...

人道(じんどう)

義理だ恩だは 古いと笑う そういうおま ...

そうだろ節

月を見てたら 逢いたくなった あ そう ...

ソーラン仁義

手前生まれは ソーラン節の 歌でなじ ...

大河

己をすてて 私欲もすてて 大河は流れる ...

大器堂々

早く咲いたら 散るのも早い 花と人生  ...

大漁船

風がもつれりゃ 吹雪に変わる 時化(し ...

高尾山

天下取るのは 昔から 人の助けと 時の ...

雪の降る日も 雨の日も 竹は節目で 伸 ...

辰五郎しぐれ

時代(とき)は何代 変われども 華のお ...

岩を噛む 川の流れを錦に染めて 山と山 ...

旅なかば

春まだ遠い 北国は 野に咲く花の 色も ...

醍醐桜

花を観るより 根っこが見たい よくぞ耐 ...

父は待つ

(セリフ)おまえが小学校にあがる頃 ち ...

忠治流れ旅

赤城の山に 別離(わかれ)のなみだ か ...

月夜酒

酒は辛口 冷酒で 肴は窓辺の おぼろ月 ...

妻恋船

ゆうべも夢みた おまえの顔は やけにし ...

妻よ

男は時に耐えがたき 胸の痛みをこらえ ...

辛ろうござんすひとり旅

義理と人情の しがらみに 生きてる身に ...

天命

芸の奥には 亦、芸がある 俺はとことん ...

東京は船着場

どこか東京の 片隅に 夢があろうと き ...

東京湾

浦賀かなたの 地平線 遠くかすんだ 大 ...

ここでいいなら 頂上だけど 先を見上げ ...

灯台あかり

故郷へ 帰りたい 海の向こうの ふるさ ...

友情よ

灯りも遠い 貧しい暮らしでも 羨(うら ...

十和田湖

やけ山の 夕やけよ 逢いに来たんだ 峰 ...

なくな夜がらす

啼くな夜がらす悲しい声で 俺はいやだよ ...

なごやの女

寒かないかとだきよせて ぬいだ上衣を着 ...

受けたからには 返すが人の まこと情や ...

泪の坂道

曲がりくねって どこまで続く 浮き世七 ...

涙の花舞台

辛い 悲しい 別れが来たね 初めて出逢 ...

なみだ船

涙の終わりの ひと滴 ゴムのかっぱに ...

なんだんべ

なんだんベ アラ なんだんベ おらのも ...

2000年音頭

花は桜か 山なら富士よ 時は何代 変わ ...

日本海

夢に破れて 恋にも破れ 傷つきながら ...

二人三脚、ふたり道

親と暮らした 月日より 長い付き合い ...

女房

一緒に歩いた 苦労で決まる 夫婦の値打 ...

仁侠

義理に泣かされ 情に追われ 何処に立場 ...

甘えてごめんね おまえしか 宿れる枝は ...

根っこ

咲いた花だけ 人は観て きれいな花だと ...

年輪

雪の重さを はねのけながら 背のびした ...

のぞみ酒

生きる運命の 風向きが 浴びた産湯で ...

のぼり坂

いつかおふくろ 言っていた 笑う門には ...

博多の女

ひとの妻とも 知らないで おれはきたん ...

はぐれ笠

風にもつれて 時雨に濡れて 伊那の街道 ...

函館の女

はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を ...

箱根のおんな

あなたを捨てた 報いでしょうか 男にゃ ...

この世には 眼には見えない橋がある 親 ...

波止場

泣きたいときにも 笑わにゃならぬ 男と ...

花と狼

義理と 人情のだんだら格子 惚れてまた ...

花虎

親に貰った 五尺の樹には 辛抱次第で ...

花の生涯

人は何かに 打ち込むときの 姿がいちば ...

母さん おふくろ 母ちゃんと 呼び名は ...

母のふるさと

国後へ 国後へ 帰りたいよと いいなが ...

波瀾万丈

人に無情の なげき節 背中あわせの 裏 ...

バイバイ波止場

出船知らせる 航海灯に さらば名残りの ...

幡随院

義理と人情の 男伊達 伊達にゃ流さぬ  ...

比叡の風

荒行千日 比叡の風を 受けて歩いた 山 ...

火消し一代

生れながらの 性根とやらで 筋が 通ら ...

陽だまり人情

天はいつでも 誠を照らす 泣いちゃいけ ...

人在りて

運を天から 貰うには 努力印しの 手形 ...

ひとすじ

花ならば春の 初桜 月なら秋の 十三夜 ...

百年の蝉

季節はずれの 一本杉で 命を終える 蝉 ...

肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい ...

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけば よされよされ ...

夫婦一生

初めて出逢って 結ばれて 気がつきゃ苦 ...

ふたり咲き

三々九度の 盃は 俺とおまえの 門出酒 ...

ふたり道

泣いて笑って また泣いて おまえと歩い ...

冬の宿

(セリフ)ア… 遠い人になってしまった ...

ふるさと北国

三年たてば 三つだけ あの娘も大人に ...

ふるさとへ帰りたいな

故郷(くに)を出てから 早三十年(みとせ ...

無事でよかった

忘れはしない 季節は移り変わり 戻れな ...

ブンガチャ節

あの娘いい娘だ こっち向いておくれ キ ...

平成音頭

のぼる朝日も つやつやと 意気に輝く ...

北都

形見にくれた黒百合の 香りは君の すす ...

ほつれ髪

抱いた横顔 ほつれ髪 涙のしずくが 濡 ...

炎の男

男の俺が 選んだ道だ たとえ茨の 道だ ...

まつり

男は祭りを そうさ かついで 生きてき ...

やると決めたら 俺はやる 誠ひとすじ ...

この道の 遠い何処かに 俺たちの 過去 ...

緑は地球を 守ってくれる 心のゆりかご ...

港春秋

海は荒海 日本海 風は北風 シベリヤ生 ...

港雪

流れ星 北へ流れて またひとり おんな ...

未来

憧れ頼りに 長い闇を潜れば 華と信じた ...

息子

出てゆくおまえの その背に 遠い昔の ...

夫婦傘

先に行くから 付いてきな そっと後から ...

夫婦絶唱

俺がお前に 会った時 ころし文句を 云 ...

約束の夏

深い青空 真っ白な雲 無邪気に遊ぶ 裸 ...

夜半の風

おまえと最後に 別れたあの日 涙まじり ...

流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の ...

山・美しき

ふるさとの山は 忘れない いまも心に ...

やん衆酒場

酒がにがいと 泣く女 酔っているのか ...

やん衆挽歌

海の碧さに 惚れ込みながら さびれ番屋 ...

雄松伝

怨みつらみは 仕事で返す それが誇りだ ...

汗が涙に 変わるたび 奥歯かみしめ 生 ...

夢恋あかり

お前が支えて くれるから 迷わずにこの ...

夢千里

泥によごれた 雑草も 雪に踏まれりゃ ...

夢人

(Na Na Na…) 花は咲き誇り ...

湯本ブルース

生まれる前の ふたりはひとり そんな気 ...

夜汽車

すがるお前を 叱りつけ 無理やり乗せた ...

横浜恋あかり

青いガス灯 夜霧にうるむ こころも霧に ...

横浜の女

惚れていながら 惚れていながら十三年も ...

与作

与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイ ...

夜半(よわ)の風

おまえと最後に 別れたあの日 涙まじり ...

漁歌

俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供に ...

流転笠

故郷を追われた 赤城を追われた 上州 ...

浪曲太鼓

なにがなにして なんとやら 唄の文句じ ...

路地の雨

傘を差し出す おまえの涙が 俺の肩先 ...

辛い時にも 逃げてはならぬ どんとぶつ ...

若かりし母の歌

旅から帰る 父を待ち 夜なべに励む 女 ...

轍(わだち)

あの頃は その日その日を 生きることに ...