朝日楼(朝日のあたる家) 歌詞

歌:おかゆ

作詞:作者不詳

作曲:作者不詳

あたしが着いたのは ニューオリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった

愛した男が 帰らなかった
あんとき私は 故郷(くに)を出たのさ

汽車に乗って また汽車に乗って
まずしいあたしに 変わりはないが

ときどき思うのは ふるさとの
あのプラットホームの 薄暗さ

誰か言っとくれ 妹に
こんなになったら おしまいだってね

あたしが着いたのは ニューオリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった
おかゆの人気歌詞
愛してよ

街外れ 喫茶店 窓の外 片時雨(かたし ...

独り言

地下へ入った Barがある いつも帰り ...

すすきのルルル

南4条 西3丁目 古ぼけたビルに 寂れ ...

ヨコハマ・ヘンリー

人の心を酔わせる不思議なこの街で 私は ...

82回目の春

お前 旅立って もう5年 何もしなかっ ...

青春の忘れもの

ひとりグラスを 傾けて しみじみ酔いた ...

ピエロ

街角に 今日もひとり 立ち続けてる ...

オトナのワカレ

元気で暮らしてるかと 懐かしい声 受話 ...

愛をはじめないで

出会いには必ず 別れがくるけど あまり ...

青い鳥、放つ

アンタの代わりに 飼い始めた 幸せ運ぶ ...

雨ニ濡レテ(雨の交差点)

雨の交差点 行き交う人たち 見覚えのあ ...

ガタゴト揺れて

ひとり残る部屋に サヨナラの手紙 少し ...

七転び八起き幸せに

母と私の七転び八起き 春の風も 夏 ...

おんな流しのブルース

西へ東へ とまり木求めて ギター片手に ...