なごり雪 歌詞

歌:南こうせつ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
東京で見る雪はこれが最後ねと
さみしそうに君がつぶやく
なごり雪も降るときを知り
ふざけすぎた季節のあとで
今 春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

動き始めた汽車の窓に顔をつけて
君は何か言おうとしている
君のくちびるがさようならと動くことが
こわくて下をむいてた
時がゆけば幼ない君も
大人になると気づかないまま
今 春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

君が去ったホームにのこり
落ちてはとける雪を見ていた
今 春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

南こうせつについて

1970年~ 「かぐや姫」というバンドで活躍。その独特の音楽性とバイタリティで、創世期のフォークミュー ジックシーンに強烈 なインパクトを与えた。「神田川」「赤ちょうちん」「妹」等、ミリオンセラーを 数多く 発表し、アルバムは6枚、ナンバーワンを記録。1975年 かぐや姫解散後も「夏の少女」「夢一夜」等のヒット作品を発表する 一方、深夜放送などでもそのユニークなキャラクターと巧みな語り口で、人気パーソナリティーとなる。又、つま恋で開催されたオールナイトコンサートでは、吉田拓郎と共に6万人の 若者を集め、その後も日本人アーティストとして初の武道館公演を成功させるなど 当時からビッグイベントのパイオニア的存在であった。そして、これまでのビッグイベントの集大成ともいうべきコンサートとして、「南こうせつサマーピクニック」を1981年より1990年まで開催。
なごり雪 のCD・楽譜
フォークビレッジ Vol.2 日本クラウン編
【収録曲】・22才の別れ(風)・でい どりーむ(風)・お前だけが(風)・あの唄はもう唄わないのですか(風)・君と歩いた青春(風)・なごり雪(イルカ)・雨の物語(イルカ)・海岸通(イルカ)・サラダの国から来た娘(イルカ)・愛する人へ思い出にしてしまえるさ夢一夜・九州へ帰る友へ(南こうせつ)・遥かなる想い(かぐや姫)・湘南 夏(かぐや姫)
フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS-
【収録曲】・神田川・あの素晴しい愛をもう一度・22才の別れ・結婚しようよ・なごり雪・「いちご白書」をもう一度・マキシーのために・翼をください・春夏秋冬・夢一夜・岬めぐり・ささやかなこの人生・この広い野原いっぱい・うちのお父さん・精霊流し・白いブランコ・海岸通・落陽・出発の歌・
大集合! 青春のフォークソング [DVD]
【収録曲】・青春(1971 南こうせつ・イルカ)<br>・学生街の喫茶店(1972 大野真澄)<br>・オリビアを聴きながら(1978 尾崎亜美<br>・一億の夜を越えて(1980 Song for memories…鈴木康博・細坪基佳・山本潤子)<br>・白い冬(1974 Song for memories)<br>・中央フリーウェイ(1976 Song for memories)<br>・野に咲く花のように(1983 ダ・カーポ)<br>・気分を変えて(1975 山崎ハコ)<br>・わかって下さい(1976 因幡 晃)<br>・花はどこへ行った Where have all the flowers gone(1955 小室 等・イルカ・南こうせつ)<br>・夢のカリフォルニア(1965 Song for memories)<br>・戦争を知らない子供たち(1971 杉田二郎)<br>・雨が空から降れば(1971 小室 等)<br>・大阪で生まれた女(1979 BORO)<br>・悲しい色やね(1981 上田正樹)<br>・八月の濡れた砂(1971 石川セリ)<br>・チャンピオン(1978 谷村新司)<br>・冬の稲妻(1977 谷村新司)<br>・遠くで汽笛を聞きながら(1976 谷村新司)<br>・昴(1980 谷村新司)<br>・遠い世界に(1969 五つの赤い風船)<br>・翼をください(1971 Song for memories)<br>・山谷ブルース(1968 岡林信康)<br>・チューリップのアップリケ(1969 岡林信康)<br>・君に捧げるLOVE SONG(1979 岡林信康)<br>・虹の舟唄(1992 岡林信康)<br>・幼い日に(1975 南こうせつ)<br>・神田川(1973 南こうせつ)<br>・なごり雪(1974 イルカ)<br>・あの素晴らしい愛をもう一度(1971 all cast)

南こうせつの人気歌詞

妹よ ふすま一枚へだてて今 小さな寝息 ...

夢一夜

素肌に片袖 通しただけで 色とりどりに ...

北の旅人

若さにつまずいて ベソをかいた あの ...

今日は雨

国道沿いの 二階の部屋では 目覚めると ...

愛する人へ

きみのきれいな胸 とてもあったかい ...

幼い日に

石ころだらけの この道を まっすぐ歩い ...

満天の星

にぎやかに歌った コンサートは終わり ...

夏の少女

目を覚ましてみると 白い砂は焼けて ま ...

荻窪二丁目

この街を出てゆく今は 何を残してゆけば ...

旅するあなた

旅をするあなた あなたはどこへ行くので ...

男が独りで死ぬときは

男が独りで 死ぬときは 持ってゆくもの ...

酔いどれかぐや姫

青い青い 月の夜 とろり酔いどれかぐや ...

星屑のバラード

一番星が 灯る西の空 見上げて泣いた  ...

あの人の手紙

泳ぐ魚の群に 石を投げてみた 逃げる魚 ...

ひとときの別れ

もうじき君を乗せるバスが 坂の向うに姿 ...

ひとりきり

鳥が鳴いて 川が流れて 野山は今 花が ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...

マキシーのために

マキシー それがお前のあだ名さ マキシ ...

雪が降る日に

雪が降るよ やまずに昨日から 昨日から ...

恋 はるか

初めて君と 旅をした 列車の窓から 来 ...