無限回廊 歌詞

歌:八神庵(星野貴紀)

作詞:石川絵里

作曲:ORYO

闇 刹那に
月 永劫なぞる
銀(しろがね)の轍(わだち)を
焔 揺らめき
血が 騒ぎだす
宿怨繰り還す

強く もっと強く
憎しみより強く
願う 野望(のぞみ)を

無限の回廊
廻って彷徨う
乾き癒えることも無く
お前も鼓動の
絶叫聴いてみろ
真実(ほんとう)の願望(ねがい)
月が満ちる度に狂え
超えろ、然もなければ散れ

嘘 血塗られ
罪 賢者も愚者も
同じ穴のムジナ
夢 引き裂き
時 欺いて
この手で焼き尽くす

灰は きっと灰に
塵は塵に還す
奪え 希望を

無限の回廊
記憶の深淵
呪え 獣(けだもの)のように
悔いて贄(にえ)となれ
断末魔を残し
無上の悦び
最期告げる俺の声を
聴けよ、不様なまま散れ

無限の回廊
廻って彷徨う
乾き癒えることも無く
お前も鼓動の
絶叫聴いてみろ
真実(ほんとう)の願望(ねがい)

無限の回廊
記憶の深淵
呪え 獣(けだもの)のように
悔いて贄(にえ)となれ
断末魔を残し
無上の悦び
最期告げる俺の声を
聴けよ、すぐに楽にしてやる
月が満ちる度に狂え
超えろ、然もなければ散れ