フレア 歌詞

歌:Superfly

作詞:越智志帆

作曲:越智志帆

涙が降れば きっと消えてしまう
揺らぐ残り火 どうかここにいて

私を創る 出会いもサヨナラも

日々 恋をして 胸を焦がしたい
いたずらな空にも悔やんでいられない
ほら 笑うのよ 赤い太陽のように
いつの日も雨に負けるもんか
今日の日も
涙に負けるもんか

失う度に 嫉妬するものね
雨雲たちに 少し怯えてる

炎の声よ
聞かせてくれる?
私のままでいいと

日々 育てたい 信じるって気持ち
迷いも不安も 怯んで飛んでゆけ
日々 立ち上がれ 赤い太陽のように
やさしい風に吹かれて
炎は再び舞い上がる

日々 恋をして 胸を焦がしたい
いたずらな空にも悔やんでいられない
ほら 笑うのよ 赤い太陽のように
どこかでまた会えるまで
冷たい雨に負けるもんか
今日の日も
涙に負けるもんか

孤独の雨に負けるもんか
今日の日も
涙に負けるもんか

Superflyについて

越智志帆によるソロユニット。2007年4月4日にシングル『ハロー・ハロー』でメジャーデビュー。WARNER MUSIC JAPAN・TAISUKE所属。 2004年に越智志帆と多保孝一による2人組ユニットとして結成。2007年11月8日に多保がコンポーザー・アレンジャーとして専念することを発表し、越智によるソロユニットとなる。 バンド名は、カーティス・メイフィールドの代表曲「Superfly」が由来。バンドのシンボル・マークとなったフクロウは、越智による提案のものであり、昔から「幸運を呼ぶ鳥」と言い伝えられている(かつて1970年代にも様々なモチーフとして愛された)。デザインを手掛けたのはCentral67。 越智志帆(ochi shiho) 1984.2.25生まれ。愛媛県出身。 151cmという華奢な体からは想像ができないくらい、 パワフルでどこまでも突き抜けていく様な歌声が最大の魅力。 60'S-70'Sの音楽とファッションを敬愛し、 特にJanisJoplin,CaroleKing,MariaMuldaur,TheRollingStonesに 深く影響を受ける。 また志帆とオーディエンスの一体感を存分に感じる事ができる ライブパフォーマンスは圧巻である。
フレア のCD・楽譜

Superflyの人気歌詞
愛をこめて花束を

二人で写真を撮ろう 懐かしいこの景色と ...

Beautiful

遠くに伸びる影 夜の波が消した 涙を流 ...

覚醒

現る黒い空 鼓動は雷鳴を繰り返す 嵐 ...

輝く月のように

どれくらい感謝したって足りないから あ ...

氷に閉じこめて

君は氷のように 冷たいけど 炎のような ...

タマシイレボリューション

スタンドアップ!モンスター 頂上へ 道 ...

愛に抱かれて

泣いていいよ 辛いときは 心の中 洗い ...

やさしい気持ちで

顔も知らない、名前さえも 知らない人が ...

Wildflower

果てまで続く 坂道を登る途中で アスフ ...

My Best Of My Life

今ここで息をしてみる 私がここにあるよ ...

Bi-Li-Li Emotion

諸行無常ね、ジーザス! 全てはフェイドア ...

Bloom

胸の奥で そっと 育ててきた 愛の種は ...

愛をからだに吹き込んで

張りつめてた 胸のどこかに 傷がついて ...

Ambitious

すれ違う スーツの群れは夜よりダーク ...

Fall

今宵 お邪魔をいたします ひとつ秘密を ...

Last Love Song

手放したくなかったよ この恋は本物だった ...

ハッピーデイ

そうだ 好きな服と 好きな靴を買おう ...

See You

透明なブルー 空を仰ぎ 感傷に浸る 私 ...

On Your Side

となりにいるよ 離ればなれでも 探さな ...