まがった僕のしっぽ 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

大陸のすみっこにある街は 全て初めてなのに
子供の頃に嗅いだ 甘い匂いがくすぐる

巣穴失った僕は 風の歌聴きながら
星空に抱かれ寝るのも 慣れちまったが
少し苦いブドウ酒と 久々白いベッドが
君の夢見せてくれたよ

しかめ面の男が ここに留まれと諭す
だけどまがった僕の しっぽが本音語るんだ
旅することでやっとこさ 自分になれる
うち捨てられた船に つぎはぎした帆を立てて
今岸を離れていくよ

波は荒くても この先を知りたいのさ
たわけもんと呼ばれた 魂で漕いでいくのさ
例えどんな形でも 想像しなかった色でも
この胸で受け止めたいし 歓喜で咆えてみたい
誤解で飛びかう石に 砕かれるかもしんないけど
夜明けに撫でられる時の ぬくもりに浸りたい

勝ち上がるためだけに マシュマロ我慢するような
せまい籠の中から お花畑嗤うような
そんなヤツにはなりたくない 優秀で清潔な地図に
禁じ手の絵を描ききって 楽しげに果てたい

ほらね曲がった僕の しっぽが本音語るんだ
旅することでやっとこさ 自分になれる
うち捨てられた船に つぎはぎした帆を立てて
今岸を離れていくよ

スピッツについて

1987年 夏それぞれの進学の為に上京してきた4人が集まり、スピッツが結成される。 1991年 デビューシングル『ヒバリのこころ』、ファーストアルバム『スピッツ』同時発売でポリドールよりメジャーデビュー。
まがった僕のしっぽ のCD・楽譜
スピッツの人気歌詞
チェリー

君を忘れない 曲がりくねった道を行く ...

ロビンソン

新しい季節は なぜかせつない日々で 河 ...

忘れはしないよ 時が流れても いたずら ...

春の歌

重い足でぬかるむ道を来た トゲのある藪を ...

空も飛べるはず

幼い微熱を下げられないまま 神様の影を恐 ...

魔法のコトバ

あふれそうな気持ち 無理やりかくして ...

優しいあの子

重い扉を押し開けたら 暗い道が続いてて ...

スターゲイザー

遠く遠くあの光まで 届いてほしい ...

正夢

ハネた髪のままとび出した 今朝の夢の残 ...

運命の人

バスの揺れ方で人生の意味が 解かった日曜 ...

夜を駆ける

研がない強がり 嘘で塗りかためた部屋 ...

恋する凡人

恋する凡人 試されてる 狂った星の上 ...

スピカ

この坂道もそろそろピークで バカらしい ...

若葉

優しい光に 照らされながら あたり前のよ ...

青い車

冷えた僕の手が君の首すじに 咬みついて ...

ささやく冗談でいつも つながりを信じてい ...

ホタル

時を止めて 君の笑顔が 胸の砂地に 浸 ...

愛のことば

限りある未来を搾り取る日々から 脱け出 ...

君は太陽

「あきらめた」 つぶやいてみるけど あ ...

Y

小さな声で僕を呼ぶ闇へと手を伸ばす 静 ...