歩く 歌詞

歌:ヨルシカ

作詞:n-buna

作曲:n-buna

今日、死んでいくような
そんな感覚があった
ただ明日を待って
流る季節を見下ろした

どうせならって思うよ
もう随分遠くに来た
何も知らない振りは終わりにしよう

確かめるように石畳を歩いた
俯きながら行く 何も見えないように

君の旅した街を歩く
訳もないのに口を出てく
昨日まで僕は眠ってた
何も知らずにただ生きていたんだ
それだけなんだ

今日、生きてるような
そんな錯覚があった
妄想でもいいんだ
君が居てくれたらいいや

悲しいような歌ばかり書く
頬を伝え花緑青
本当は全部を知っているんだ

夏の終わりだった 流れる雲を読んで
顔上げながら行く街は想い出の中

君の言葉を食べて動く
僕の口には何が見える
今でもこの眼は眠ってる
何も見えずにただ君を見てる
彷徨うように

あの丘の前に君がいる
その向こうには何が見える
言葉ばかりが口を伝う
何も知らないまま生きていたんだ
それだけなんだ

今でも、エイミー
ヨルシカの人気歌詞
花に亡霊

もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座っ ...

思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか ...

爆弾魔

死んだ眼で爆弾片手に口を開く さよなら ...

昼鳶

器量、才覚、価値観 骨の髄まで全部妬ま ...

だから僕は音楽を辞めた

考えたってわからないし 青空の下、君を ...

春ひさぎ

大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何とかなるし ...

花人局

さよならを置いて僕に花もたせ 覚束ぬま ...

ただ君に晴れ

夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜ ...

盗作

「音楽の切っ掛けは何だっけ。 父の持つ ...

言って。

言って あのね、私実は気付いてるの ...

レプリカント

君は映画をずっと観ている 誰一人もいな ...

藍二乗

変わらない風景 浅い正午 高架下、藍二 ...

心に穴が空いた

小さな穴が空いた この胸の中心に一つ ...

逃亡

夏の匂いがしてた あぜ道、ひとつ入道雲 ...

雲と幽霊

幽霊になった僕は、明日遠くの君を 見に ...

ヒッチコック

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでし ...

負け犬にアンコールはいらない

大人になりたくないのに何だか どんどん ...

夜行

ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるん ...

夕凪、某、花惑い

夏になる前にこの胸に散る花火を書いた ...

雨とカプチーノ

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色し ...