神様のダンス 歌詞

歌:ヨルシカ

作詞:n-buna

作曲:n-buna

忘れるなんて酷いだろ
幸せになんてなるものか
色のない何かが咲いた
君のいない夏に咲いた

人に笑われたくないから
怯えるように下を向く
心より大事な何かが
あってたまるものか

暮れない夕に茜追い付いて
君を染め抜いた
見えないように僕を追い越して
行かないで

僕たち神様なんて知らん顔
何処までだって行ける
なぁ、心まで醜い僕らだ
世界は僕らのものだ

音楽だけでいいんだろ
他人に合わせて歩くなよ
教えてくれたのはあんたじゃないか

どうだっていいよ、このまま遠くへ
誰も知らない場所で月明かりを探すのだ

名もない花が綺麗とか
どうでもいいことばっかだ
君の口癖が感染ってる
喉の真下には君がいる

言葉も生活も愛想も
全て捨ててこそ音楽だ
その価値も知らないあんたに
わかって堪るものか

暮れない夕に茜追いついて
僕を染め抜いた
いつか時間が全て追い抜いて
消えないで

僕たち神様なんて知らん顔
世界の全部が欲しい
なぁ心まで醜いあんたの、想い出全部をくれよ
価値観だって自由なら
人を傷付けていいだろ
教えなかったのはあんたじゃないか

どうだっていいよ、このまま遠くへ
誰も見てない場所で生きる真似をしてるのさ
酷い顔で踊るのさ
胸も痛いままで

神様僕たちなんて知らん顔
何処までだって行ける
なぁ、言葉が世界だと云うなら、世界は僕らのものだ
忘れるなんて酷いだろ
幸せになんてなれるかよ
僕を歪めたのはあんたじゃないか

そうだった、僕はこのまま遠くへ
誰も知らない場所で月明かりを探すのだ
ヨルシカの人気歌詞
花に亡霊

もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座っ ...

思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか ...

爆弾魔

死んだ眼で爆弾片手に口を開く さよなら ...

昼鳶

器量、才覚、価値観 骨の髄まで全部妬ま ...

だから僕は音楽を辞めた

考えたってわからないし 青空の下、君を ...

春ひさぎ

大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何とかなるし ...

花人局

さよならを置いて僕に花もたせ 覚束ぬま ...

ただ君に晴れ

夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜ ...

盗作

「音楽の切っ掛けは何だっけ。 父の持つ ...

言って。

言って あのね、私実は気付いてるの ...

レプリカント

君は映画をずっと観ている 誰一人もいな ...

藍二乗

変わらない風景 浅い正午 高架下、藍二 ...

心に穴が空いた

小さな穴が空いた この胸の中心に一つ ...

逃亡

夏の匂いがしてた あぜ道、ひとつ入道雲 ...

雲と幽霊

幽霊になった僕は、明日遠くの君を 見に ...

ヒッチコック

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでし ...

負け犬にアンコールはいらない

大人になりたくないのに何だか どんどん ...

夜行

ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるん ...

夕凪、某、花惑い

夏になる前にこの胸に散る花火を書いた ...

雨とカプチーノ

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色し ...