憂一乗 歌詞

歌:ヨルシカ

作詞:n-buna

作曲:n-buna

湖の底にいるみたいだ
呼吸の一つが喉に絡んだ
気泡を吐き出して数秒、やっと足が着いた
柔らかな泥の感触がした

ずっとずっとずっとずっとずっと
君を追っているだけで

どうしようもないことばかり言いたかった
睡蓮が浮いていた 水圧で透明だ
もう蜃気楼よりも確かならそれでいいよ
適当でもいいから 目的とかいいから
このまま何処でもいいからさ、逃げよう

湖の底にいるみたいだ
濡れる鼓膜がくすぐったいんだ
期待も将来も明日も何も聞きたくなかった
口から溢れる泡ぶくが綺麗で

ずっとずっとずっとずっとずっと
見惚れてしまっただけで

心より大事なものを見つけたかった
言葉って薄情だ 水圧で透明だ
なぁ、建前より綺麗なものを探してるんだ
そんなの忘れていいからもう、逃げよう

こんな自分ならいらない
僕には何にもいらない
お金も名声も愛も称賛も何にもいらない
このまま遠くに行きたい
思い出の外に触りたい
また君の歌が聴きたい

ずっとずっとずっとずっとずっと
君を追っているだけで

どうしようもないことだけ歌いたかった
睡蓮が浮いていた 水圧で透明だ
もう蜃気楼よりも確かならそれでいいよ
このまま何処でもいいからさ、

本当は全部置いてただ逃げ出したいだけだった
人生は透明だ 水圧で透明だ
もう蜃気楼よりも確かならそれでいいよ
適当でもいいから 目的とかいいから
このまま何処でもいいからさ、逃げよう
ヨルシカの人気歌詞
花に亡霊

もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座っ ...

思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか ...

爆弾魔

死んだ眼で爆弾片手に口を開く さよなら ...

昼鳶

器量、才覚、価値観 骨の髄まで全部妬ま ...

だから僕は音楽を辞めた

考えたってわからないし 青空の下、君を ...

春ひさぎ

大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何とかなるし ...

花人局

さよならを置いて僕に花もたせ 覚束ぬま ...

ただ君に晴れ

夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜ ...

盗作

「音楽の切っ掛けは何だっけ。 父の持つ ...

言って。

言って あのね、私実は気付いてるの ...

レプリカント

君は映画をずっと観ている 誰一人もいな ...

藍二乗

変わらない風景 浅い正午 高架下、藍二 ...

心に穴が空いた

小さな穴が空いた この胸の中心に一つ ...

逃亡

夏の匂いがしてた あぜ道、ひとつ入道雲 ...

雲と幽霊

幽霊になった僕は、明日遠くの君を 見に ...

ヒッチコック

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでし ...

負け犬にアンコールはいらない

大人になりたくないのに何だか どんどん ...

夜行

ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるん ...

夕凪、某、花惑い

夏になる前にこの胸に散る花火を書いた ...

雨とカプチーノ

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色し ...