たったひとつの 歌詞

歌:井口裕香

作詞:Satomi

作曲:重永亮介

埃をかぶってる
表紙をめくったら
モノクロームな
世界広がってく

名もなき英雄は
風に吹かれながら
街を見下ろす
丘に独りたたずみ

軽蔑されようとも
嘲笑われようとも
笑顔だけは
忘れないで 行くよ

次へと続く未来物語
まだ見ぬ次の章(ページ)
めくるのはたったひとつの勇気

大切な笑顔を守りたい
だからいまはまだ
笑っていなきゃ

信念(こころ)を貫くと
壁はいつも高い
前例のないことは
決まってそう

とめどなく流れる
雲を見つめながら
悲しいときは
笑顔絶やしたくない

答えがないとして
道がないとしても
歩むことは
あきらめずに 進もう

終わることない未来物語
想像を超えた展開(シーン)
描くのはたったひとつの強さ

辛辣な世界と引き換えに
だからこそ今日も
笑っていなきゃ

時間(とき)のなかを今日も回遊
まっさらな気持ち掲げながら

君が微笑むなら
道化師になるから
浅いなんて
言われたって やるよ

次へと続く未来物語
まだ見ぬ次の章(ページ)
めくるのはたったひとつの勇気

目指すべき高みがここにある
だから迷わずに
笑っていなきゃ
井口裕香の人気歌詞
なんとなくの話

なんとなくの話をしてもいいですか? ほ ...

Grow Slowly

知らない空眺めながら いつもいつも君と ...

Lostorage

born→memory 全てが生まれ ...