暁 歌詞

歌:伍代夏子

作詞:松井五郎

作曲:杉本眞人

紅 燃ゆる
遠(とお)の空
語れるものは
ほどなく尽きる

流れる時に
身を投げて
逆らうように
夢 追うばかり

心よ 何処(いずこ)へ
連れてゆく

ただこの先へ
ただこの道を
そこに暁
待つのなら

祈りもさらう
深い雲
逃れる術が
ないこともある

彷徨いながら
見上げれば
一歩の跡に
星 瞬いて

心よ 何処(いずこ)へ
行けと言う

ただこの先へ
ただこの道を
そこに暁
待つのなら

ただこの先へ
ただこの道を
そこに暁
ある限り

伍代夏子について

昭和62年にシングル「戻り川」でデビューし、35万枚を売り上げるロング・セラーを記録した。「忍ぶ雨」(平成2年)、女の淋しさを描く「恋挽歌」(平成3年)、故郷の母を想う「雪中花」(平成4年)などを立て続けにヒットさせ、紅白歌合戦出場や全日本有線大賞受賞などを果たした。平成11年12月には俳優の杉良太郎と入籍し、女性として、歌手としての魅力に一層の磨きをかけている。
伍代夏子の人気歌詞
肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ ...

ひとり酒

あなたと肩を並べて飲んだ お酒が恋しい ...

金木犀

路地にこぼれる 金木犀の 香りに揺れる ...

雪中相合傘

あゝ あなた ここから先は 人生乱吹( ...

海峡の宿

人をだました こともない ふたりが世間 ...

忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄り添う ...

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いい ...

北の舟唄

山背が吠えて 海鳴りなけば 船は港で ...

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前 ...

ふたり坂

ひとりは冷たい この世でも 寄り添うふ ...

恋挽歌

日暮れまぢかの 駅裏通り 指でふきとる ...

恋ざんげ

あれは七月 蝉しぐれ 瀬音したたる い ...

はまなす酒場

指をまるめて 覗いてみても 愛想なしで ...

大阪らぶそんぐ

人がら実ちょく 初婚というし ミナミに ...

待つ女

別ればなしが いつ出ても 不思議じゃな ...

水なし川

指を咬んで 声しのばせて 泣いてみたっ ...

女のまこと

さむい夜更けの 盃に 男は夢を うかべ ...

信濃路暮色(ぼしょく)

黄昏(きん)に染まった 信濃の川は ま ...

霞草

小雨に打たれて 咲く時を知る 咲いては ...