リビングデッド 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世にはびこって
断罪をしあったって 白けてくるぜ
愛が去って空いた穴 塞ぐための巨大な偶像は ここにはない
少なくとも僕の部屋には

もっと生きてえ もう死にてえ そんなんを繰り返してきて
リビングデッド リビングデッド 人生を無為に徘徊して
もう無理って飛び降りて 我関せずって面でいいって
背負わずに生きれるならそうしなって

永遠なんてないくせに 永遠なんて言葉を作って
無常さにむせび泣く我ら
後悔も弱さも涙も 声高に叫べば歌になった
涙枯れぬ人らよ歌え

過ちで しくじりで 石を投げるのはやめときなって どうせいつか間違う
もうすでに間違えてるんだし
隣人を愛せずとも 不幸にはならない時代にあって
分かり合うのはそうそう簡単ではないから

どっちだっけ? もう知らねえ 行きたい方へ自分で行くぜ
リビングデッド リビングデッド 切り捨てた屍を越えて
振り向かぬ 振り向けぬ どっちにしろ道は選べぬ
顧みず仰ぎ見る 明日の空

正解なんてないくせに 正解なんて言葉を作って
己が明日さえ 縛りあう我ら
女々しさも罪も不名誉も 一人懺悔したら歌になった
許されざる人らよ歌え

正しさを求めているならば 少なくとも居場所はここじゃないぜ
ここじゃないぜ
間違った情動をくべる 負け犬の蒸気機関車の旅程
くそくらえ
清廉さ潔白さも 諦めざるを得ず手を汚した
取るに足らないたわごとだと 見くびる傲慢どもの寝首を掻く
報われない願いをくべろ 叶わなかった夢をくべろ
遂げられない恨みをくべろ 死にきれなかった夜をくべろ

絶対なんてないくせに 絶対なんて言葉を作って
何故成せぬと 見張りあう我ら
劣等感も自己嫌悪も 底まで沈めたら歌になった
死に切れぬ人らよ歌え

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
リビングデッド のCD・楽譜
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

そういう人になりたいぜ

僕はあんまり出来た人間ではないから 君 ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

夕立旅立ち

いい事なんかなかった街でも 別れる時に ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...