ARCADIA 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:青木香苗

作曲:阿知波大輔

ひとり潮騒の中で佇んでいた
海を渡る風はただ冷たく
かたく閉ざされて朽ちた扉のように
目指す場所は下に儚げに霞んで

広く果てしない揺らぎの只中へ
波を切り裂いて船が行く
過去に下された裁きを破り捨てて
遠く明日を導く

そして怖れずに次の途をひらく
黒い瞳 変わらぬ願いを映して

脆くひび割れて鍵を閉ざした世界
乾く大地 枯れ落ちた木々たち
砂に描かれた古い神話のように
辿る影はおぼろげに揺らいで

永く絶え間ない惑いの中で
人はささやかな灯を燈す
ともに歩みゆく光と重なるたび
それは強く輝く

いつか悲しみは次の軛を解く
碧い涙 はるかな想いを湛えて

弱く不確かな兆しのさす空を
翼翻し鳥が行く
時に刻まれた軌跡を塗り替えては
なおも強く羽ばたく

やがて朝焼けは遠く空を染める
紅い光 新たな門出を照らして

霜月はるかについて

女性シンガーソングライター。
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

透明シェルター

止まってゆく心が なつかしい思い出を奪 ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

蜘蛛の居る沼

今は昔 古き里の仇を 追い掛けて幾千里 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

カザハネ

夕暮れ染まる丘に佇み ひとり 伸びる影 ...

Liela Xea

Rah Diare So Ar Rehe ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

君との旅路

広い世界の果てに 置き去りの宝物 ずっ ...

愛しさを抱いた花

君に初めて会った 熱い夏の日に 少し離 ...

un secret

異国の風に流される侭(まま) 眩(まば ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...

いつかのひかり

満ちる黄昏 溶ける面影 琥珀の世界 閉 ...