北の酒 歌詞

歌:川崎修二

作詞:たきのえいじ

作曲:山本陣

船の汽笛が 沁みる夜は
故郷を忍ぶ 酒がある
望みは遠く 道なかば
まだまだ戻れない 帰れない
夢をおちょこに 浮かべては
ひとりつぎ足す 北の酒

風が背中に 沁みる夜は
おふくろ慕う 酒がある
ほこりまみれの ラジオから
聴こえる昭和の 流行歌(はやりうた)
いくつ重ねた 親不孝
ひとりわびてる 北の酒

人の情けが 沁みる夜は
親父を忍ぶ 酒がある
家族の為に 働いて
ひとりで呑んでた カンビール
思い出すんだ あの頃を
空を仰いで 北の酒
川崎修二の人気歌詞
風の挽歌

路地から聞こえる はやり歌 ひとりの酒 ...