北の酒 歌詞

歌:川崎修二

作詞:たきのえいじ

作曲:山本陣

船の汽笛が 沁みる夜は
故郷を忍ぶ 酒がある
望みは遠く 道なかば
まだまだ戻れない 帰れない
夢をおちょこに 浮かべては
ひとりつぎ足す 北の酒

風が背中に 沁みる夜は
おふくろ慕う 酒がある
ほこりまみれの ラジオから
聴こえる昭和の 流行歌(はやりうた)
いくつ重ねた 親不孝
ひとりわびてる 北の酒

人の情けが 沁みる夜は
親父を忍ぶ 酒がある
家族の為に 働いて
ひとりで呑んでた カンビール
思い出すんだ あの頃を
空を仰いで 北の酒
川崎修二の人気歌詞
おまえに逢えて

泣いたなみだの数だけは いいことがある ...

男のにわか雨

夢にはぐれて 傷ついて 人の優しさ ふ ...

おまえが命

あの日のままだよ 綺麗だよ 瞳(め)を ...

初雪草の花

夏の季節に 咲く花なのに 誰が名付けた ...

中之島純情

ビルの谷間の 吹きおろし おもかげ忍ぶ ...

雪国列車

風の噂が… 今もこの身を責めるよ 痛い ...

神戸の夜

今も変わらぬ街 異国の匂い そのままに ...

じゃんけん酒場

老いも若きも 男も女も 誰でも立寄(よ ...

風の挽歌

路地から聞こえる はやり歌 ひとりの酒 ...

そして…旅詩

おまえの純な やさしさに つらくなるん ...

風の川

男がひとり 飲む酒は 酒つぐ相手は な ...

大阪雨やどり

すねて流れて また傷ついて ずぶ濡れの ...

人生に乾杯

人生を 振り向けば なつかしき 人がい ...