旅の月 歌詞

歌:大川栄策

作詞:幸田りえ

作曲:桧原さとし

酒場の小窓に 浮かんだ月が
故郷(こきょう)の空に 遠ざかる
途中下車した この町の
どこかでおまえが 待ってるようで
未練の酒に また酔って
風と添い寝の 旅の空

漁り火ちらちら 揺れてるように
笑顔が灯る この胸に
ふたり歩いた 海沿いに
おまえのような 野菊が咲いた
泣かせる酒に また酔って
涙おさえる ひとりうた

背中で海鳴り 呼んでるようで
夜更けにふらり 外へ出る
空を見上げりゃ あの月も
やさしいおまえが 微笑むようだ
コップの酒に また酔って
風と添い寝の 旅の空
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

絆川

あなたとこの世で 逢うために 生まれて ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

女のグラス

お酒はあんまり 飲めないけれど あなた ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

はぐれ舟

今日も誰かが 泣いている 泣けば涙の  ...

刑事

人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日 ...

かえり花

季節はずれの たんぽぽと そっと指さす ...

灯火

なにを夢見て この腕まくら 濡らす涙の ...

みれん雨

悪い男でも 別れて見れば みれんこぼれ ...

未練なんだぜ

ひたひたと降る雨の 雨のごとくに 狂 ...

浪花ことぶき

所帯を持ったその年に 連れ合い亡くし  ...

舞酔い雪

忘れていたのに 諦めたのに 今頃なぜに ...

東京流転笠

まっぴら御免なすって 手前 生まれつい ...

わたしのソウル

アンニョン ハセヨ わたしのソウル ...

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

裏町しぐれ

世間の噂を 気にして生きて 幸せやれな ...

酔いぐれすずめ

暖簾を潜れば 頑固なオヤジがまたひとり ...