人生ど真ん中 歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:朝比奈京仔

作曲:木村竜蔵

辛(から)い時代の ど真ん中
逆風(かぜ)にもまれて 思い出すのさ
南十字のふるさとを
赤銅色のあの背中
しぶい親父の しゃがれ声
俺にうたった おとこ唄
命はれ きばらんかい
意地が鋼(はがね)になった

男人生 ど真ん中
故郷(くに)の地酒を つがれつがれて
夢を呑みほす 男意気
五臓六腑にしみわたる
酒は この世の宝じゃないか
ひとつ聞かそか おとこ唄
命はれ きばらんかい
酒は血潮になった

ここは東京 ど真ん中
都会荒波 夜叉の街にも
泣いているよな 陽が沈む
故郷を離れて 若造が
胸に刻んだ あの唄は
海が根城の おとこ唄
命はれ きばらんかい
唄で男になった

鳥羽一郎について

S57年 8月25日 日本クラウンより「兄弟船」で歌手デビュー。S58年12月 第16回全日本有線大賞“新人賞”受賞。 S60年 NHK紅白歌合戦に初出場。「
鳥羽一郎の人気歌詞
カサブランカ・グッバイ

私はいつも あなたに言った 別れ話は ...

兄弟船

波の谷間に命の花が ふたつ並んで咲いて ...

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が ...

男の庵

春まだ遠い 如月は 北風 襟立て 裏通 ...

海の匂いのお母さん

海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チ ...

駿河男節

駿河の海と 喧嘩をしても 牙がなければ ...

男酒

夢ものぞみも 故郷(ふるさと)も 今じ ...

花板の道

からだひとつで 故郷(ふるさと)捨てて ...

山陽道

それじゃ行くぜと 背を向けりゃ 露地を ...

別れの宿

しら しら しらと 雨がふる そぼ そ ...

男は浪漫

男が唄う 男の詩が 今日も巷に 明かり ...

海の祈り

果てしなき 海の彼方に 水色の やすら ...

負けてたまるか

苦い涙を しこたま呑んで 酔っても眠れ ...

裏町

誰にでもあるだろう 小さな過ちは 儘( ...

おれの人生始発駅

前に広がる この英虞湾(あごわん)の ...

北の鴎唄

山背が吠えれば こころも時化る 今夜は ...

スケソウ大漁節

一キロ四円の スケソウが 今年は百円 ...

盆の酒

初めて迎える 親父の盆は 蝉が騒いだ  ...

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もれ ...

海賊の舟唄

今ゆけ 海賊(さむらい) 英虞湾(あごわ ...