ここから見える景色 歌詞

歌:sumika

作詞:片岡健太

作曲:片岡健太

1人1人が2人に変わり
歩いてた道交わり始めた
どちらがどちらとも言う事なく
バランスを取って進み始めた

「醤油がほしい」
「くしゃみが出そう」
何気ない言葉がなんだか温(ぬく)い
惚れた腫れたのはとうに過ぎたが
"離れたくないや"がきっと近かった

僕の中の誰かが
たまに不安を吐き出して逃げるの
でもね卵焼き突っ込んで
黙らせるから
明日も明後日も
甘いだの苦いだのだって言わせてくれる?

君が居て
僕が居て
さらにまだ増えていくんだな
一人二人浮かぶ
想像している未来の中

君が居て
僕が居て
さらに求めていくんだな
僕じゃないものの幸せも
もう犬だって猫だって
植物だってもういいよ
愛していく

君が泣き出し家を飛び出した
明るさ暗さは変わっていないのに
いつも食卓に"もや"がかかった
コップも茶碗もすぐに泣き出した

幸せとは? 考えた時
分母が増えていた事に気付く
1/1から2/2 つまり今の僕は1/2

どうしようもないもんで僕は
スペース見つけてそこに何かが
「ああ、あったな」って
気付くような大バカ者なんでございますが
気付いたらすぐ駆け出して
抱きしめるから
お願い
頼むよ

君が居て
僕が居て
そこでやっと見つかるんだよ
これで1つになる
想像している未来の中

君が居て
僕が居て
そこでやっと見つかるんだな
父さん母さんが持っていたもの
君が居て僕が居て
増えていく大事なもの
愛していく

手探りやっと掴んだ手のひらの
シワもいつか増え
骨ばってきて
歩む早さが遅くなって
いつか立ち止まって
やがて眠る時まで
よろしくね

君が居て
僕が居て
さらにまだ増えていくんだな
一人二人浮かぶ
想像している未来の中

君が居て
僕が居て
さらに求めていくんだな
僕じゃないものの幸せも
もう犬だって猫だって
植物だってもういいよ
愛していく

君と愛していく