まいった 歌詞

歌:sumika

作詞:片岡健太

作曲:片岡健太

「寒いね」と君が言うから
「そうだね」と僕も返した
赤い鼻の君の横で
右手だけが赤い
あの日の僕

現在でも繋がれるよ
きっと液晶なぞればすぐだよ
だけどもそういう事じゃないみたいで
空気掴んでは
息を吸い込めば
分かるんだ
判るんだ

まいったな 気付いたら
赤い鼻の事を思い出していて
厭らしい目で余所を見たって
心は腑に落ちてくれない

まいった「はあ…」気付いたら
君の写真ばかり掘り返しては
やたら可愛いアイドルと
見比べて下に見てみるものの

まいった
君だけが頭の中から消えないみたい

白い息を空に溜めて
赤と白の手を擦った
あの日との間違い探し
正解は左手がポケットに居る事

現在にも君を知れるよ
ネットの恩恵様様だよ
だけども特別な僕で居たくて
君の名前すら君の友達すら
打たない打たないよ

まいったな こうなれば
その他大勢より君を知らずに
見返した写真の未来を
現在の僕はまるでなにも知らない

よわったな ともすれば
飲み会の最後は君の話題で
結局「その娘にしとけよ」と
乱暴な提案で刺されても

まいった
それだけは僕一人じゃどうもできないみたい

ほろ酔いながら
あの日の道
あの日の残像が僕とすれ違う
すれ違い様 少し若い僕
嬉しそうな顔に
胸が痛いよ

酔ったフリでもしていたのなら
素直に打ち明けられるのかな
黒い液晶を今光らせ
赤い手になぞられていく

まいったな なぞられた
先に居た君はなにも変わらずに
あの日のように「寒いね」って
会話を始めるものだから

まいったな よわったな
変わらない赤鼻想像しては
久々の会話の冒頭
誤って僕は口滑らせて

まいった
「君だけが頭の中から消えないみたい」
「君じゃないと僕は」

僕は