春という暴力 歌詞

歌:brainchild's

作詞:Watarai Masashi

作曲:Kikuchi Hideaki

春が襲ってきて 俺の胸を殴った
肺に残っていた 冬吐き出した
むせ返る この香りはなんだ 生なのか

捨てろ 捨てれない 果ての無い氷の河
笑って 切り裂き 春というただの暴力が
今 時を めくった

ゾンビが湧いてきて 俺の肉をかじった
心に残っていた 何か忘れた
バカになる

stay low stay high 果ては脳内、緑の園
笑って 蝕み 春というただの暴力が
今 俺を 溶かした

意味がなくたってさ
いいじゃないかってさ
春に押し出されてゆく 生なのだ

告げろ 命じろ お前は幸せになれと
笑って 生きたい 春というただの合図で
悲しみ全てが消え去ったみたいな
顏して電車に乗り込んで
君に会いにゆくよ 春というただの暴力が
今 時を めくった