WALK 歌詞

歌:布施明

作詞:松井五郎

作曲:ポール・バラード

どこまで
歩けば
答えは
あるのか

道とは
言えない
荒れ地ばかり
選んできた

ひたすら
夜明けを
信じて

どれだけ
泣いたら
涙は
尽きるか

時には
心が
先を阻む
壁にもなる

それでも
行くしか
ないのに

まだ歌は
終わらない
その先に
あなたが
待ってるから

この声
届くようにと
また前を向いて

孤独は
誰にも
逃げられ
ないもの

そこには
生まれて
きた理由が
かならずある

あなたに
出逢った
時から

まだ歌は
終わらない
その先に
明日が
待ってるなら

この愛
届くようにと
また前を向いて

ただ前を向いて
布施明の人気歌詞
君は薔薇より美しい

息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君 ...

マイ・ウェイ

今 船出が近づく この時に ふとたたず ...

積木の部屋

いつの間にか君と暮しはじめていた 西日 ...

恋というものは 不思議なものなんだ ...

これが青春だ

大きな空に 梯子(はしご)をかけて ...

落葉が雪に

人恋しさのあまり 書き始めた日記に ...

そっとおやすみ

化粧の後の かがみの前で いつも貴方の ...

シクラメンのかほり

真綿色した シクラメンほど 清しいもの ...

霧の摩周湖

霧にだかれて しずかに眠る 星も見えな ...

陽ざしの中で

坂道を下って 走り寄る君がいた 明け ...

カルチェラタンの雪

悪かった もう泣かせたりしない だから ...

たまらなくテイスティー

まるであなたは 二度目のヴィーナス 今 ...

貴様と俺

空に燃えてる でっかい太陽 腕にかかえ ...

いっそセレナーデ

※あまい口づけ 遠い想い出 夢のあい ...

少年よ

まるで透明になったみたい ぜんぶ 自分 ...

愛よその日まで

もしも今から百年が過ぎ ぼくらによく似 ...