男騒ぎのララバイ 歌詞

歌:布施明

作詞:門谷憲二

作曲:ミッキー吉野

羽を休める 鳥のように
躰(からだ)休める 獣のように
ほんの束の間 夢に抱かれ
夜明けまで眠ろう

日々の終わりに 男たちは
息を吐き出し 傷を癒やす
笑みを浮かべて 交わす酒で
敵さえも讃えて

戦いの苦しみは すべて忘れて
男騒ぎで唄うララバイ
高らかに 不器用に 騒ぎ疲れたら
女の胸に帰ろう

家を出たなら すでにそこは
息も抜けない 戦場だから
傷を負っても 前を向いて
ひたすらに生き抜く

1日の悲しみを 飲み込むように
男騒ぎで唄うララバイ
誇らしく 照れながら 騒ぎ疲れたら
女の胸で眠ろう

戦いの苦しみは すべて忘れて
男騒ぎで唄うララバイ
高らかに 不器用に 騒ぎ疲れたら
女の胸に帰ろう

1日の悲しみを 飲み込むように
男騒ぎで唄うララバイ
誇らしく 照れながら 騒ぎ疲れたら
女の胸で眠ろう
布施明の人気歌詞
君は薔薇より美しい

息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君 ...

マイ・ウェイ

今 船出が近づく この時に ふとたたず ...

積木の部屋

いつの間にか君と暮しはじめていた 西日 ...

恋というものは 不思議なものなんだ ...

これが青春だ

大きな空に 梯子(はしご)をかけて ...

落葉が雪に

人恋しさのあまり 書き始めた日記に ...

そっとおやすみ

化粧の後の かがみの前で いつも貴方の ...

シクラメンのかほり

真綿色した シクラメンほど 清しいもの ...

霧の摩周湖

霧にだかれて しずかに眠る 星も見えな ...

陽ざしの中で

坂道を下って 走り寄る君がいた 明け ...

カルチェラタンの雪

悪かった もう泣かせたりしない だから ...

たまらなくテイスティー

まるであなたは 二度目のヴィーナス 今 ...

貴様と俺

空に燃えてる でっかい太陽 腕にかかえ ...

いっそセレナーデ

※あまい口づけ 遠い想い出 夢のあい ...

少年よ

まるで透明になったみたい ぜんぶ 自分 ...

愛よその日まで

もしも今から百年が過ぎ ぼくらによく似 ...