下弦の月 歌詞

歌:sumika

作詞:黒田隼之介

作曲:片岡健太

「おはよう」
テレビの中のキャスターは言うんだよ
僕はまだ30時

君はどう?
髪を梳かして
朝の報せを
素直に聞いているの

繋がれて
溶け合って
蒸せるように
戯れていた

時計の針
6時を指し
明るみ出した空に
二人で愚痴
零していた

このまま夜のまま
朝が来ないように蓋をして
抱き合って
抱(いだ)き合って
時計を睨んでは
子供のようにまた
駄々をこねるよ

このまま夜のまま
朝が来ないように蓋をして
ああでもない
こうでもない
言い二人で買った
カーテンの隙間から
浮かぶ
下弦の月

「おはよう」
挨拶の手よりもしなやか
君のその寝癖に

穏やかな気持ちで
「やれやれ」
と水を手につけて
手櫛で梳かした

ああ
何度悔やんだって
何度惜しんだって
何度見返したって
変わらない今日を

眠らせられない
終わらせられない
僕だけが
僕だけがまだ

それでも朝は来て
跳ねた髪を一人梳かして
同じような寝癖をつけていた
人のこと
思い出して
また寝かしつけている

あの日みた月のような
跳ねた髪は今何処にいて
ああでもない
こうでもない
言い合い誰の中
腕の中
胸の中
抱き合い
下弦の月の下