いいんだよ、きっと 歌詞

歌:菅田将暉

作詞:菅田将暉

作曲:石崎ひゅーい

夏の暑さを誤魔化しにビルの中に逃げ込んで
日陰で涼む君の目はとても暗い
その一瞬の安らぎを俺の目線一つでさ
邪魔をしたのだとしたなら申し訳ない

君の事は何も知らないけど
どこか他人とは思えない
都会に似つかわしくない表情に
勝手ながら僕はこの言葉を贈る

クーラーって最高だよな
ソファベッドは気持ちいいよな
ゲームの中は自由だよな
外を歩くと疲れるよな
いいんだよ、それできっと
そのままでいいんだよ

萌えない上目遣いだね
そのメガネで何を見てるんだい
毎日勉強ばかりかい?
好きな子はいるかい?

親が子を怒らない時代なんだ
怒られるまで無茶しよう
腰が痛くなってきたら寝ちまおうぜ
ありがとうな そんじゃ今度またどこかで

アイスクリームを食べようぜ
火照る体を冷やすんだ
辛いカレーを食べようぜ
汗をかいたら袖でふけ
いいんだよ、それできっと
そのままでいいんだよ

君の事は何も知らないけど
どこか他人とは思えない
都会に似つかわしくない表情に
勝手ながら僕はこの言葉を贈るよ

主人公は不幸なのさ
お姫様はさらわれる
同じヘマを繰り返して
笑われてばかりだけど
いいんだよ、それできっと
そのままでいいんだよ

拝啓、親愛なる
猫背のメガネくん
菅田将暉の人気歌詞
見たこともない景色

どうしてそんなに走れるの どうしてまた ...