風の声を聴きながら 歌詞

歌:三月のパンタシア

作詞:40mP

作曲:40mP

ちっぽけな隠しごとをひとつ
参考書と一緒にカバンに詰め込む

空には飛行機雲ひとつ
ゆっくりと歩き出す 私の歩幅で

とりとめのない会話で笑ったり
すれ違ったり 時間は流れてゆく

風の声を聴きながら 変わりゆく季節を想う
いつか小さな秘密 話せる日が来るよね
焦らず歩いてゆこう

放課後のチャイムが鳴り響く
せわしなく一日が終わりを迎える

手を振り「また明日ね」って言う
いつまでも続いてく時間に思えた

まだ少しだけ素直になれなくて
照れくさいから言えないこともあるけど

風の声を聴きながら 暮れてゆく空を見上げる
夕陽が頬を染める 明日もまたいい天気
立ち止まり瞼閉じる

やがて大切なものを忘れてしまわないように
ほんの小さな囁きに耳をすませる

風の声を聴きながら 変わらない毎日を願う
いつか小さな秘密 笑える日が来るよね
焦らず歩いてゆこう

ゆっくり歩いてゆこう
三月のパンタシアの人気歌詞
キミといた夏

待ち合わせは 駅の前 浴衣姿 僕を探し ...

ないた赤鬼、わらう青空

なんでそんなに澄み渡ってるの なんでそ ...