北のひとり星 歌詞

歌:走裕介

作詞:喜多條忠

作曲:蔦将包

北の夜風は 粉雪まじり
お前と暮らした 二年の月日
時の流れに こころがきしむ
お前がいたから 俺がいた
空を見上げりゃ 北極星も
お前をさがして 光ってる
どこに どこに どこに居るのさ ひとり星

人の噂じゃ この町捨てて
行方も知れない お前の舟は
どこの港で 涙を捨てた
ひとりでどうしているだろか
雪のかなたに お前の星が
淋しい笑顔で 光ってる
ふるえ ふるえ ふるえ泣いてる ひとり星

夢を追いかけ はぐれたふたり
凍えるその手を この手で包み
頬のぬくもり 確かめたいよ
もいちど会えたら 離さない
今日もお前が みつめる星は
真北の夜空に 光ってる
きっと きっと きっと出会える ひとり星

走裕介について

北海道網走市出身の演歌歌手。 本名は眞野 裕之(まの ひろゆき)。
走裕介の人気歌詞
風来ながれ唄

夢を探す旅に出て ずいぶん遠く 来たも ...

流氷列車

雪が雪がななめに 降りしきる もいちど ...

知床挽歌

ことしの冬は 蝦夷(えぞ)ふくろうが ...

昭和縄のれん

ひなびた路地の 縄のれん 焼鳥は世間の ...

流氷の駅

はるかなる 知床の峯よ 果てもしらぬ  ...

春待ち草

あれからどうして いたのかと 聞けばお ...

その人は昔

その人は昔 海の底の 真珠だった そ ...

のぞみ(希望)

ここから出たら 母に会いたい おんなじ ...

なみだの宿

想い出の 想い出の 湯の街あかり 女 ...

母のいない故郷

母のいない故郷は風の村 無人駅に降りり ...

北国街道・日本海

人を愛した かなしみは 海にこぼせば  ...

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲 ...

唇は赤き砂漠

唇 窄(すぼ)めて あなたの 名を呼ぶ ...

星屑の恋

ネオン明かりが きらめく街は よけいひ ...

純愛

あの湖の… 風とさざ波 小鳥のこえを ...

恋路の果て

網走ゆきの 汽笛がむせぶ 釧網(せんも ...

男の駅

線路はなくても 心の中に 故郷(こきょ ...

私の夏は来ぬ

暮れそで暮れない 夕暮れに じらされな ...

宗谷岬

流氷とけて 春風吹いて ハマナス咲いて ...