ニュアンス 歌詞

歌:南佳孝

作詞:来生えつこ

作曲:南佳孝

深夜の 珈琲 角砂糖 沈めて
想い出の 香りごと 一緒に飲み干す

甘さと 苦さ 溶けあった 歳月
物言わぬ 微笑みに 浮かべる君さ

愛してる なんてこと ほんのりの ニュアンス
ぼんやりと 夢もよう 漂わせては ケムに巻くだけ

記憶って ふしぎ たたずまい それだけ
さまざまな できごとが あるはず なのに

時計の 針は 忘れても いいだろう
言葉なら いらなくて 過ぎていく ままで

愛してる なんてこと ほんのりの ニュアンス
成り行きに ゆだねたら いつか熟して 花開くよう
そっと そっと そっと
南佳孝の人気歌詞
モンロー・ウォーク

つま先立てて海へ モンロー・ウォークして ...

プールサイド

きれいだよその水着 濡れると色が変わる ...

ビート

やけに哀しい瞳で 俺を見るのはよしなよ ...

PEACE

やわらかなシャドウ 瞳閉じれば あ ...

柔らかな午後

ライムとシャンプー忘れたから 国道 ...

夜の翼

空港ビルの金網から 翼の灯そっと追 ...

曠野へ

悪いけれど 君の手紙は読んで暖炉に ...