雪列車 歌詞

歌:香西かおり

作詞:池田充男

作曲:森山慎也

わかれられない 男と女
そっと互いに 身を寄せる
忍ぶ仲でも ここまで来たら
生きてみましょう もう少し
日本海 小浜(おばま) 舞鶴(まいづる) 雪の中
夜行列車でゆれて行く

船がゆきかう この港町
ゆめを探して 降りてみる
そこに温(ぬく)とい 女将がいたら
すこしお酒を ねえあなた
御火(みほ)の浦 照らす灯台 また吹雪(ふぶ)く
夜行列車が仮のやど

わたし黒髪あげられるけど
あなたはなにをくれますか
旅の終わりはこの紅(べに)ひもで
指をむすんで眠りたい
明日(あす)はどこ 白兎(はくと) 山陰 さようなら
夜行列車は雪列車

香西かおりについて

昭和49年 11才の頃より民謡教室に通う。昭和50年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール入賞。昭和51年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール準優勝。 昭和56年 第四回NTV日本民謡大賞優秀賞受賞。 昭和56年12月~昭和59年12月CBSソニ-で専属歌手契約を結び民謡のシングルを3枚発売。昭和57年 高校卒業後、太陽神戸銀行入社。昭和61年 上京、作曲家 聖川 湧氏に師事、演歌の勉強に取り組みデビューに備える。 昭和63年 5月25日 『雨酒場』にてデビュー。 
雪列車 のCD・楽譜
酒暦
【収録曲】・雪列車酒暦

香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

思案橋ブルース

哭いているような長崎の街 雨に打たれて ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わ ...

夢吹雪

純(うぶ)な女は 可愛いけれど 純じゃ ...

恋紅葉

つのる想いが今日も 日暮れて消えて ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

口紅模様

捨てずじまいの 古い口紅 鏡をのぞいて ...

すき

見慣れた街角にも 季節はめぐるのに 心 ...

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数 ...

花挽歌

夜明けの枕に 聞こえます 三月桜の た ...

越前恋歌

哀しい恋の歳月を 知ってるように海風に ...

とまり木夢灯り

貴方の夢に 虹をかけたい 一緒に渡ると ...

津軽あいや節

アイヤーナー アイヤ 唄が聞こえる 津 ...

一夜宿

日本海から吹く風が 能登の湾にも 春運 ...

宇治川哀歌

遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走って ...

望郷十年

遠い夕陽に 哭く木枯らしが 胸であなた ...

恋草紙

帰そうか 帰すまい 今夜だけは 帰すま ...