その女 歌詞

歌:乃木坂46

作詞:秋元康

作曲:HRK

「その女(ひと)は、まるで夏の夕立のように、突然、喋り始めました」

久しぶりに会ったのにしばらく黙っていたから
何かあったのかななんて 僕は心配していたんだ

「飼ってるネコが二、三日 家からいなくなったとか
嫌いだったカリフラワーが 食べられるようになったとか
檸檬って漢字書ける人と 絶対仲良くなれないし…
そんなどうでもいい話を 僕は頷くだけでした」

私は水でいいわと コップの水お代わりしながら
なぜそんな面白そうに近況語れるのだろう?

ガラスの(ガラスの)向こうに(向こうに)
白い雪が降り始めた

僕の前のその女(ひと)は 何かつぶやき涙ぐんで
ぼんやりと窓の外 なぜ 眺める?
こんな風にそう時々 呼び出される理由なんか
考えてみたとこでしょうがないか
またね
またね

用がありそうでもなく時間つぶしに見えるけど
急に帰ろうとするから何か忙しいのだろうか?

「雨とか降りそうもないのに ビニール傘を持ってたから
『天気予報は雨だっけ?』と聞いたら『まさか』ってなぜ笑う?
帰り際、『また、電話してね』と少しは気を遣ったのに
『ごめん。あなたの相手とかしてられない』と言われました」

一度も(一度も)こっちを(こっちを)
振り向かずに去って行った

二時間半その女(ひと)は 僕の時間奪っただけで
一体何をしたかったのか わからないよ
それでもまた誘われれば 来ないわけにいかないだろう
この喫茶店で僕は何度も頷いてる

昔の(昔の)恋人(恋人)
話くらい聞いてあげなきゃ…

僕の前のその女(ひと)は 何かつぶやき涙ぐんで
ぼんやりと窓の外 なぜ 眺める?
こんな風にそう時々 呼び出される理由なんか
考えてみたとこでしょうがないか
またね
またね
乃木坂46の人気歌詞
僕がいる場所

君のことを考えた 僕が死んだ日のことを ...

インフルエンサー

ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブ ...

世界中の隣人よ

夜はいつだって明けると誰もみんな思ってい ...

あらかじめ語られるロマンス

Aries(アリエス) Taurus(ト ...

裸足でSummer

いつもの夏と違うんだ 誰も気づいていな ...

I see...

浮かれた気分のステップ 鼻歌まじりでご ...

しあわせの保護色

探し物はどこにあるのだろう? いつの日 ...

失いたくないから

水道の蛇口 顔を近づけ 冷たい水 ...

僕のこと、知ってる?

知らない街のどこかに 一人で立っていた ...

ガールズルール

海岸線を バスは進む 空は高気圧 ...

君の名は希望

僕が君を初めて意識したのは 去年の6月 ...

何度目の青空か?

校庭の端で反射してた 誰かが閉め忘れた ...

サヨナラの意味

電車が近づく 気配が好きなんだ 高架 ...

世界で一番 孤独なLover

そんなに優しい言葉を口にしないで いつ ...

ロマンティックいか焼き

ターコイズのリング(Ah! Ah!) ...

やさしさとは

君が腕に抱えてた 紙袋が破れて ラ・ ...

Sing Out!

LA LA LA LA LA LA... ...

今、話したい誰かがいる

一人でいるのが 一番楽だった 誰かと一 ...

きっかけ

交差点の途中で 不安になる あの信号 ...

日常

ラッシュアワーの満員電車は 死んだ夢の ...