バケモノ 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

彼は化け物 嘘を食らう獣 月曜の朝に捨て犬のように公園で出会う
濡れたアサガオ 真夏の太陽の 真下で倒れ 息も絶え絶え 怯えた目玉で

しなびた体毛を撫ぜれば ひきつる口元 痩せこけた体躯
それは憐みだったか、情けなのかどうか 僕の嘘を一つあげようか

例えば僕は今消えたいのに 嘘をついてる 嘘をついてる
家族の手前、学校には時間通り出掛けるんだよ
そして今日も楽しかったんだと 嘘をついてる 嘘をついてる
こいつを食らえ なあ化け物、ずいぶんうまそうに食うもんだな

彼は化け物 嘘を食らう獣 腹を満たして僕に懐いて 見る間に育って
僕は除け者 飛び降た歩道橋 病院の窓 すすり泣く母 木立ちに夕焼け

もの欲しそうな表情浮かべ 次第に肥大するその体躯
次の嘘をもっともっととせがむもんだから そうか
僕の嘘を一つあげようか

ほんとは僕、死に損なったのに 嘘をついてる 嘘をついてる
家族の手前 「運が良かったんだ」と 悪びれて笑ったよ
そして今日も息をするみたいに 嘘をついてる 嘘をついてる
こいつを食らえ なあ化け物、ずいぶんでかく育ったもんだな

僕の背丈を超えた化け物 嘘の塊みたいな僕を
綺麗さっぱり食べてくれないか
「生きるのが辛かった 苦しくてしょうがなかった
だけど辛いと思われるのが 一番辛いことだから」
ようやく本音叫んだら 化け物は見る間に萎んだ
でもね僕はまだ嘘を隠してる 自分さえ騙す僕の嘘を

ほんとは笑って生きたいくせに 嘘をついてる 嘘をついてる
理想、現実 そのずれを 埋めるための仮初の夢想なら
弱い僕らに嘘は必然か 今日も誰もが 嘘をついてる
そいつを食らえ なあ僕らは、表裏一体の実像と影

彼は化け物 嘘を食らう獣 一人に一人 誰も彼もが背後に匿う
その隠し事 蓋をしてる腫物 君の背後にそびえ立つ影 ずいぶん巨大だな

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

たられば

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ ...

虚無病

諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せ ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...