ハルキオンザロード 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

僕らの別れは最初から決まっていた 墓石に刻みたいくらいさ
君と過ごした数年は
ピックアップトレーラーにそれぞれ雑魚寝して 寝汗に染み入る虫の声
真空パック夏の情景
ハルキはホントに人生が下手だから 子供のキャッチボールみたいに
全く不器用な放物線
ああ ああ 放り投げた身体が 落下したとある夏の一夜
そこが我が家だって顔で生きていた

道なき道、すらない道 辿ったのではなく描いたのだ
世界は白紙のノートで 留まるにはまだ広すぎる

生きるという名前の列車に乗って 時間の後ろ姿、追い越した
相席をした彼の名は悲しみ それを知ったのはもうずっと後
夜を散らかし 夏を散らかし それを露骨に照す夜明け

ライブの打ち上げで 酒癖悪い奴に絡まれて
さっさと逃げ出して、そいつのバンに立ち小便
美しい記憶はいつも夜だ ぼろい電飾看板と月と
二人だけが浮き彫りのエッチング画
想像力で飛べるなら宇宙の果てじゃなく僕の中 見たい景色を掘り返す
墓暴きみたいに掘り返す
でかい夢ほど僕らを汚す 例えば作業服のペンキ跡
ロマンチストはいつも泥まみれ

積み上げたら積み上げた分 その重さで身動きとれないな
世界中全部ガラクタ 眩いばかりのガラクタ

馬鹿でかい音楽、投げやりな酩酊 世界の真理が休符の隙間
愛した彼女は砂漠の一滴 時間の速度で飛び散って干上る
夜を散らかし 夏を散らかし それを露骨に照す夜明け

馬鹿笑いした夜が耳鳴りになって 眠れぬ夜に刃先を突き立て
僕らの間に川が横たわる 時間という名前の川が
青春と呼ばれた無残な抜け殻 君が変わったように僕も変わった
僕らの別れは最初から決まっていた 一番眩しい恒星ほど
燃え尽きるのも早いんだ

ハルキ、君は僕にとって腫瘍だ 手の施しようない未知への衝動
眩い光ほど誘われる虫 白日の下でどこへ行けばいい?
時の移ろい 人の移ろい 今でも露骨に照らす夜明け

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
ハルキオンザロード のCD・楽譜
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

そういう人になりたいぜ

僕はあんまり出来た人間ではないから 君 ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

夕立旅立ち

いい事なんかなかった街でも 別れる時に ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...