MEMORIES 歌詞

歌:ACIDMAN

作詞:大木伸夫

作曲:大木伸夫

小さな光が大好きだった
小さな両手で抱きしめていたんだ

あの日の僕らは何も知らないまま
ただ笑っていた

いつからか僕らは複雑になった
あなたの声も信じられずに

今日も夜の街は 灯りが強くて
星すら見えない

遠くへ消えてゆく
僕らを超えてしまう
震えたままで 目を伏せてた
あの日の空が眩し過ぎて

どうして僕らは気付けなかったんだろう
求めたものは 初めからあったのに

あなたのその手の温かさを
まだ覚えているよ

通り過ぎてゆくだけの
小さな生命なのに
胸が痛いんだよ

失う事に慣れても
生きてゆくんだよ
生きてゆくんだよ

遠くへ消えてゆく
僕らを超えてしまう
震えたままで 目を伏せてた
あの日の空が眩し過ぎて

時は過ぎ去って行く
形を変えてしまう
震えたままで 目を瞑った
あの日の光が見えるまで

ACIDMANについて

浦山一悟1978.3.27 B(Dr) 大木伸夫1977.8.3 B(VO.G) 佐藤雅俊1977.4.7 A(B) 2002年、メジャー・デビュー。「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」のシングル3枚連続リリース。
MEMORIES のCD・楽譜
ACIDMANの人気歌詞
赤橙

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト ...

新世界

世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だ ...

ALMA

銀河の先に生まれた メロディーを信じて ...

式日

消えてゆく 太陽も 肺も 歌も 生まれ ...

造花が笑う

味気ない花の色に染められた あの人の眼 ...

愛を両手に

嗚呼 人が皆 「神様がいなければ良かっ ...

世界が終わる夜

星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 ...

ある証明

鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過 ...

アルケミスト

奇跡の声がして 見上げた世界樹 最後の ...

イコール

今、目覚めの中で 募る ただ一つの橋を ...

ミレニアム

太陽が紡いだ 何億もの物語 君の声が聴 ...

シンプルストーリー

共鳴の中で笑う二人 バターの香る部屋で ...

傘がない

都会では自殺する若者が増えている 今朝 ...

白光

最後の夜が もうすぐ訪れるよ ここから ...

季節の灯

水色の風が 通り雨に濡れて ふとあの日 ...

FREE STAR

月光のない きれいな夜 小さな光を売る ...

プリズムの夜

銀色の森を探しに 静かな線路を歩いて ...

Your Song

When I look up at th ...

リピート

独りで崩した 祈りに少し似ているような ...

飛光

浮かぶ形の中 月の合図を待つ 底に触れ ...