帰省 歌詞

歌:由紀さおり

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

遠い国の客には笑われるけれど
押し合わなけりゃ街は 電車にも乗れない
まるで人のすべてが敵というように
肩を張り肘を張り 押しのけ合ってゆく

けれど年に2回 8月と1月
人ははにかんで道を譲る 故郷(ふるさと)からの帰り
束の間 人を信じたら
もう半年がんばれる

機械たちを相手に言葉は要らない
決まりきった身ぶりで街は流れてゆく
人は多くなるほど 物に見えてくる
ころんだ人をよけて 交差点(スクランブル)を渡る

けれど年に2回 8月と1月
人は振り向いて足をとめる 故郷からの帰り
束の間 人を信じたら
もう半年がんばれる

けれど年に2回 8月と1月
人は振り向いて足をとめる 故郷からの帰り
束の間 人を信じたら
もう半年がんばれる
由紀さおりの人気歌詞
手紙

死んでもあなたと 暮らしていたいと 今 ...

夜明けのスキャット

ルルル・・・ ラララ・・・ パパパ・ ...

ルーム・ライト

あなたが運転手に 道を教えはじめたから ...

恋文

アズナヴール 流しながら この手紙を ...

愛だとか

ひとつのパンを分けあえれば それだけで幸 ...

りんどうの花

むらさき淡い りんどうは あなたと摘ん ...

さよならの走り書き

一枚の便箋に さよならの走り書き 悲 ...

心の家路

沈む夕陽を追いかける子供たち 夏の終り ...

初恋の丘

まぶしく輝く 青い大きな空も ときどき ...

生きがい

今あなたは目ざめ 煙草をくわえてる 早 ...

つかの間の雨

あなたがそっと 右手を出して 雨に濡れ ...

しあわせ

ある日 ふたり 出会い ふいに 恋に  ...

TOKYOワルツ

脱いだヒールを両手にさげて 裸足で街を ...

季節の足音

柔らかな陽が差して コートを脱ぐように ...

しあわせのカノン~第2章~

ルルルル… ルルルル… よろこび悲し ...

挽歌

やはり あの人は 私を送りに来なかった ...

スイートワルツの流れる川に

時は過ぎて はるかに 夢は 消えて 遠 ...

トーキョー・バビロン

星までとどく ガラスのエレベーター 今 ...

ストレート

出会った人の数 別れた人の数引いて 後 ...

あなたと共に生きてゆく duet with テレサ・テン

陽だまりの中で 手をつないで歩いた い ...